REVIEW

カモン カモン【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『カモン カモン』ホアキン・フェニックス/ウディ・ノーマン

9歳の甥っ子と叔父の数日間を描いた、マイク・ミルズ監督作。まず、モノクロがとてもしっくりきて、不思議な心地良さを感じます。鑑賞後に公式サイトで調べたところ、マイク・ミルズ監督が本作をモノクロにした意図が書かれていました。気になる方は本編を観終わってから読んでみてください。
本作はホアキン・フェニックスが演じる主人公のジョニーが、ある事がきっかけで心の距離ができていた妹の息子ジェシーを数日間預かることになり、ジェシーの目を通して、兄妹の関係や妹の苦労、自分について振り返るきっかけを得る様を描いています。素朴な日常が淡々と描かれていくなかに、それぞれのキャラクターの心の揺らぎが丁寧に映し出されていて、時にこわばることがありながらも、ゆっくり解きほぐされていく様子にホッコリします。また、9歳のジェシーはジョニーに容赦なく鋭い質問を投げかけることがあり、大人としてはハッとさせられます。さらにジェシーがいつも母の何気ない行動や仕草をよく見ていることが伝わってくるセリフも印象的で、子ども達は普段こんな風に大人達を観ていて、大人自身よりもよく理解していることに気付かされます。
そして、本作でもホアキン・フェニックスの演技力が光っていて、本当に何をやらせてもスゴいなと感動。ジェシー役のウディ・ノーマンはとても可愛くて、大人達の事情に翻弄される子どものリアルな心情を見事に表現しています。。叔父と甥っ子の物語ですが、子育てを違う角度から客観的に観られる部分も大いにあります。世のお母さん達に観て欲しいのはもちろん、子育てに参加しきれていないお父さんにこそ観て欲しい1作です。

デート向き映画判定
映画『カモン カモン』ウディ・ノーマン/ギャビー・ホフマン

きょうだいの物語であり、親子の物語であり、親戚の物語であり、広い意味での家族の物語というところで、近視眼的に見ていた事柄について俯瞰するきっかけをもらえるストーリーです。結婚生活や子どものいる生活をシミュレーションできる要素が多いので、将来を長く見据えた関係を築きたいカップルは一緒に観ると良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『カモン カモン』ホアキン・フェニックス/ウディ・ノーマン

キッズの皆さんも9歳のジェシーの目線で共感できるポイントがあると思いますが、大人になってから観るほうがいろいろ味わい深く感じながら観られるように思います。ティーンの皆さんは、ジェシーが親に何かが起こっているということを何となくわかっていながらも大人達が何も教えてくれないもどかしさや、大人の事情で振り回されて戸惑う気持ちに共感できると思います。大人達の不器用さも垣間見えるのでそこにちょっと親近感を感じて、寛容になれるかもしれません。

映画『カモン カモン』ホアキン・フェニックス/ウディ・ノーマン

『カモン カモン』
2022年4月22日より全国公開
ハピネットファントム・スタジオ
公式サイト

© 2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP