特集

女性にとっての妊娠と子育ての現実、そして本音

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『ロスト・ドーター』ジェシー・バックリー

多くの女性は自分の心の中で「子どもが欲しいのか、欲しくないのか」と考えたり、ある年頃になると人から聞かれることも出てきます。でも、これって簡単に答えられる問いなのでしょうか?きっと違いますよね。
今回は、子を持つということについていろいろと考えるきっかけをくれる作品の公開にちなんで、妊娠や子育てにまつわる映画を一挙ご紹介。

まずは最新作をチェック!

映画『マイライフ、ママライフ』鉢嶺杏奈
映画『マイライフ、ママライフ』鉢嶺杏奈/尾花貴絵

『マイライフ、ママライフ』
2022年4月1日より全国公開

公式サイト

同じ30歳の2人の女性キャラクターを中心に、女性のキャリアと子育ての現実を描いた作品。結婚3年で子どもがいない大内綾と、既に2人の子どもがいて仕事と子育ての両立に悩む三島沙織が、“家族留学”という家族体験プログラムを介して出会い、それぞれの生き方を見つめ直します。また、“働き方改革”“女性活躍推進”という今流行の言葉も登場し、実際に働く女性達にどんな影響が出ているのかを知ることができます。女性キャラクターのセリフからは、実際の現場では理想と現実がかなりかけ離れていて、働く女性達のためというよりも周囲が都合良く女性をこき使うワードになってしまっている現状がうかがえます。
妻と夫の考え方や物事の捉え方の違い、妊娠中の働き方、子育て中の働き方など、さまざまな視点で描かれていて、本人だけの問題ではないこと、周囲が協力することで改善の余地があることも伝わってきます。答えを出すのは自分自身ですが、周囲に助けを求める必要性などに気付ける部分も多くあるので、結婚、子どもなど将来について悩んでいる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

映画『カモン カモン』ホアキン・フェニックス/ウディ・ノーマン

『カモン カモン』
2022年4月22日より全国公開

公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

きょうだい関係が悪化したままだった妹の一人息子を預かった主人公が慣れない子守に奮闘する姿が綴られています。甥と叔父の会話ややり取りの中に、息子がママをどんな風に見ているか、大人をどう見ているかという視点が描かれていてユニークです。息子の視点を通してママの実態を知ることができ、主人公きょうだいの会話の中でママの本音も吐露されています。

Netflix映画『ロスト・ドーター』オリヴィア・コールマン

『ロスト・ドーター』
Netflixにて配信中

公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

どんな選択をしても母である以上、ある種の罪悪感からは逃げられないのだなということがヒシヒシと伝わってきます。誰にも言えない母親の悲痛な叫びがドッと詰まっています。

映画『アネット』アダム・ドライバー/マリオン・コティヤール

『アネット』
2022年4月1日より全国公開
PG-12

公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

知らず知らずのうちに、自分の人生を子どもに背負わせていたということにラストでハッと気付かされるストーリー。一見ラブストーリーですが、実は子どもから親への強い訴えが秘められています。

「妊娠=おめでたい」と一括りにはできない本音がある

映画『恋愛だけじゃダメかしら?』キャメロン・ディアス/マシュー・モリソン

『恋愛だけじゃダメかしら?』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 部活リポート

恋愛関係が発展してくると、考えなければいけないことがたくさん出てきます。さまざまな背景をもった女性キャラクターが登場するので、いろいろな立場でシミュレーションができると思います。

Amazonプライムビデオで観る

映画『Daughters』三吉彩花/阿部純子

『Daughters』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

妊娠した親友をそばで支える女性の視点も描いていて、妊娠は女性同士の関係性にも大きな影響を与えるのだなと実感させられます。

Amazonプライムビデオで観る

映画『グッド・ストライプス』菊池亜希子

『グッド・ストライプス』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

別れそうなカップルに妊娠が発覚したことで、もう自分達だけの問題ではなくなります。子どもにとっての幸せと自分達の幸せをどう考えるのか、良い意味で強制的に向き合う機会を得たカップルの姿を観てみてください。

Amazonプライムビデオで観る

映画『理想の出産』ルイーズ・ブルゴワン/ビオ・マルマイ

『理想の出産』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

子どもを持つプレッシャーとホルモンの変化など、生々しい面をしっかり描いている点で参考になります。

Amazonプライムビデオで観る

母親にのあり方に正解はない、だからこそ難しい

映画『愛する人』ナオミ・ワッツ

『愛する人』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

「世界中であなただけが母をやってるの?そうじゃないでしょ」というある人物のセリフの裏にいろいろなメッセージを感じます。

Amazonプライムビデオで観る

映画『タリーと私の秘密の時間』シャーリーズ・セロン/マッケンジー・デイヴィス

『タリーと私の秘密の時間』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

頑張り過ぎる人は自分の中にため込んで無理してしまいます。これはぜひパートナーに見せて、協力を仰ぐきっかけにしたい作品。

Amazonプライムビデオで観る

映画『ママをやめてもいいですか!?』
映画『ママをやめてもいいですか!?』

『ママをやめてもいいですか!?』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

子育ての綺麗事ではない実態を捉え、妻の声、夫の声の両方を発信しているドキュメンタリー。産後うつを経験したお母さん達の日常も捉えています。

映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子

『ミセス・ノイズィ』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

仕事、子育て、ご近所付き合い…。ママの課題は多すぎる。主人公はやっちゃいけないことをやりますが、壊れてしまうのもわかる気がします。

Amazonプライムビデオで観る

映画『20センチュリー・ウーマン』アネット・ベニング

『20センチュリー・ウーマン』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

マイク・ミルズ監督が自身の母をモデルに描いた作品。母親崇拝映画になっておらず、等身大のお母さんを描いています。

Amazonプライムビデオで観る

映画『今日も嫌がらせ弁当』篠原涼子

『今日も嫌がらせ弁当』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

お互いに愛情はあってもうまくいかない時もあるのだなと気付かされます。だからうまくいっていないからといって全面的に悲観することはないのかもと希望をもらえます。

Amazonプライムビデオで観る

映画『望み』堤真一/石田ゆり子/清原果耶

『望み』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

息子が犯罪に関わっているかもしれないけれど、加害者か被害者かわからない状況で、母親はどんなことを思うのか。これは心配というレベルをはるかに超える複雑で重い心情で、子どもがいない立場で観ると、自分には無理だなと思ってしまいます(汗)。

Amazonプライムビデオで観る

映画『哀愁しんでれら』土屋太鳳/田中圭/COCO

『哀愁しんでれら』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

どんなに頑張っても子どもが手強い態度を取る時はどうしたら良いのでしょう。でも母親は逃げられないんですよね。

Amazonプライムビデオで観る

映画『明日の食卓』尾野真千子

『明日の食卓』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

母親の気持ちも子どもの気持ちもわかるだけに、胸が痛くなる展開。子育ての難しさを痛感させられます。

Amazonプライムビデオで観る

母になっても、夢や仕事を諦めない

映画『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ

『ビリーブ 未来への大逆転』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

アメリカの最高裁判事として活躍し、絶大な人気を博した故ルース・ベイダー・ギンズバーグさん(愛称:RGB)の若かりし頃の実話を映画化。子育てをしながら名門ハーバード法科大学院に通い、同時に夫の看病までするという彼女の超人的な日々がしれっと描かれています。今よりももっと女性が冷遇されていた時代に負けじと戦った彼女の姿を観ると、すごく励まされます。

Amazonプライムビデオで観る

映画『約束の宇宙』エヴァ・グリーン

『約束の宇宙』

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

仕事のために娘との約束を守れなかったり、お母さんはいろんな意味で本当に苦しみながら日々を過ごしているのだなと実感します。エンドロールではママ宇宙飛行士がたくさん映り、皆さんいろいろなことを乗り越えてらっしゃるのだなと知ると、最初から諦めてはいけないなとパワーをもらえます。

Amazonプライムビデオで観る

TEXT by Myson

©2009, Mother and Child Productions, LLC
© 2021 Be Funny When You Can LLC.  All Rights Reserved.
© 2011 GAUMONT-MANDARIN CINÉMA
©2012 Lions Gate Films Inc. and Alcon Entertainment, LLC. All rights reserved.
©2015「グッド・ストライプス」製作委員会
© 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2017 TULLY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
© 2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
©「ミセス・ノイズィ」製作委員会
© 2020「望み」製作委員会 
©「Daughters」製作委員会
©2021「哀愁しんでれら」製作委員会
©Carole BETHUEL ©DHARAMSALA & DARIUS FILMS
© 2021「明日の食卓」製作委員会
©2021「マイライフ、ママライフ」製作委員会
© 2020 CG Cinéma International / Théo Films / Tribus P Films International / ARTE France Cinéma / UGC Images / DETAiLFILM / Eurospace / Scope Pictures / Wrong men / Rtbf (Télévisions belge) / Piano

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

映画『スクロール』北村匠海/中川大志 スクロール

1991年生まれ、高校から執筆活動を始めた橋爪駿輝が、2017年に作家デビューを果たした小説「スクロール」(講談社)を映画化…

映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉 木村拓哉(きむら たくや)

1972年11月13日生まれ。東京都出身。主な映画出演作に…

映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚 エゴイスト

『エゴイスト』というタイトルから、人間の影の部分が描かれているのかと思いきや…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  2. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  3. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  4. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  5. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  6. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  7. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  8. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  9. 映画『金の国 水の国』
  10. 映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉/綾瀬はるか

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP