イイ男セレクション

ホアキン・フェニックス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス

1974年10月28日プエルトリコ生まれ。兄は故リバー・フェニックス。8歳の頃から子役として活躍し、1986年に『スペースキャンプ』で映画デビュー。その後ロン・ハワード監督の『バックマン家の人々』やガス・ヴァン・サント監督作『誘う女』の出演で批評家から高評価を得た。1990年代初頭に一度映画界から離れ、2年間休業する。その間に自堕落な生活に陥ったホアキンが、歌手に転向して再起を図ろうとする姿を映したモキュメンタリー『容疑者、ホアキン・フェニックス』では世間を騒がせた。同作の共同製作で監督を務めたのは、ケイシー・アフレック(ベン・アフレックの実弟)で、彼はホアキンの実妹で女優のサマー・フェニックスと結婚したため、ケイシーとは義理の兄弟にあたる。1995年にガス・ヴァン・サント監督作『誘う女』でスクリーンに復帰。2000年には『グラディエーター』で、アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の助演男優賞にノミネート。2005年『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』では、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞(コメディ/ミュージカル部門)を受賞し、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。2012年『ザ・マスター』では、ヴェネチア国際映画祭男優賞に輝くとともに、再びアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。また、社会的活動家という一面も持ち、多くの慈善、人道支援団体に支援を行っている。
第76回ヴェネツィア国際映画祭(2019年)では、主演作『ジョーカー』が金獅子賞を受賞。さらに同作は第44回トロント国際映画祭のガラ・プレミア部門に選出され、主演を務めた彼は、この回(2019年)より制定させた、傑出した演技を行った俳優に対する功労賞“TIFFトリビュート・アクター・アワード(TIFF Tribute Actor Award)”を受賞した。その際、亡き兄リバーとのエピソードとして、「私が15歳、16歳だったある日、兄のリバーが、『レイジング・ブル』(80)のVHSテープを持って、仕事から帰宅した。彼は私にその映画を観せてくれて、翌朝も、私を起こすと、もう一度観せてたんです。それで、“お前は演技をやるんだ。これがお前のやることなんだよ”と、私の意志を確認することなく俳優として生きていけと言われれたんだ。演技が私に素晴らしい人生を与えてくれたから、兄には感謝してるんだ」と目に涙を浮かべて語った。

イイ男セレクション/出演作

『スペースキャンプ』『ラスキーズ』『バックマン家の人々』『誘う女』『Uターン』『秘密の絆』『8mm』『ムーンライト・ドライブ』『リターン・トゥ・パラダイス』『裏切り者』『クイルズ』『グラディエーター』『バッファロー・ソルジャーズ 戦争のはじめかた』『サイン』『アンビリーバブル』『炎のメモリアル』『ヴィレッジ』『ホテル・ルワンダ』『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』『アンダーカヴァー』『帰らない日々』『トゥー・ラバーズ』『容疑者、ホアキン・フェニックス』『ザ・マスター』『エヴァの告白』『her/世界でひとつの彼女』『インヒアレント・ヴァイス』『教授のおかしな妄想殺人』『ビューティフル・デイ』『ドント・ウォーリー』『ゴールデン・リバー』『ジョーカー』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

『グラディエーター』を観たときから、ずっと注目しています。イケメンとは思わないんですが、独特のオーラがあって、演技に心がこもっているというか、とても人間臭さが滲み出ている演技にいつも引き込まれます。『容疑者、ホアキン・フェニックス』は“人間崩壊感”満載で、ちょっと心配になりましたが、また俳優業に復活したので安心しました。ずっと俳優を続けて欲しい人です。

Recommended by Myson

© 2013 Wild Bunch S.A. and Worldview Entertainment Holdings LLC
Photo courtesy of Warner Bros. Pictures
Photo by Sabrina Lantos © 2015 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
©Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. ©Alison Cohen Rosa / Why Not Productions
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
© 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. All Rights Reserved.
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”

from 2014/2/8

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ 天空の結婚式

2016年にイタリアの下院議会で同性カップルの結婚に準ずる権利を認めるシビル・ユニオン法が…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  2. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  3. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  4. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  5. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  6. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  7. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  8. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  9. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  10. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

PAGE TOP