イイ俳優セレクション

ホアキン・フェニックス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス

1974年10月28日プエルトリコ生まれ。兄は故リバー・フェニックス。8歳の頃から子役として活躍し、1986年に『スペースキャンプ』で映画デビュー。その後ロン・ハワード監督の『バックマン家の人々』やガス・ヴァン・サント監督作『誘う女』の出演で批評家から高評価を得た。1990年代初頭に一度映画界から離れ、2年間休業する。その間に自堕落な生活に陥ったホアキンが、歌手に転向して再起を図ろうとする姿を映したモキュメンタリー『容疑者、ホアキン・フェニックス』では世間を騒がせた。同作の共同製作で監督を務めたのは、ケイシー・アフレック(ベン・アフレックの実弟)で、彼はホアキンの実妹で女優のサマー・フェニックスと結婚したため、ケイシーとは義理の兄弟にあたる。1995年にガス・ヴァン・サント監督作『誘う女』でスクリーンに復帰。2000年には『グラディエーター』で、アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の助演男優賞にノミネート。2005年『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』では、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞(コメディ/ミュージカル部門)を受賞し、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。2012年『ザ・マスター』では、ヴェネチア国際映画祭男優賞に輝くとともに、再びアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。また、社会的活動家という一面も持ち、多くの慈善、人道支援団体に支援を行っている。
第76回ヴェネツィア国際映画祭(2019年)では、主演作『ジョーカー』が金獅子賞を受賞。さらに同作は第44回トロント国際映画祭のガラ・プレミア部門に選出され、主演を務めた彼は、この回(2019年)より制定させた、傑出した演技を行った俳優に対する功労賞“TIFFトリビュート・アクター・アワード(TIFF Tribute Actor Award)”を受賞した。その際、亡き兄リバーとのエピソードとして、「私が15歳、16歳だったある日、兄のリバーが、『レイジング・ブル』(80)のVHSテープを持って、仕事から帰宅した。彼は私にその映画を観せてくれて、翌朝も、私を起こすと、もう一度観せてたんです。それで、“お前は演技をやるんだ。これがお前のやることなんだよ”と、私の意志を確認することなく俳優として生きていけと言われれたんだ。演技が私に素晴らしい人生を与えてくれたから、兄には感謝してるんだ」と目に涙を浮かべて語った。

イイ男セレクション/出演作

『スペースキャンプ』『ラスキーズ』『バックマン家の人々』『誘う女』『Uターン』『秘密の絆』『8mm』『ムーンライト・ドライブ』『リターン・トゥ・パラダイス』『裏切り者』『クイルズ』『グラディエーター』『バッファロー・ソルジャーズ 戦争のはじめかた』『サイン』『アンビリーバブル』『炎のメモリアル』『ヴィレッジ』『ホテル・ルワンダ』『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』『アンダーカヴァー』『帰らない日々』『トゥー・ラバーズ』『容疑者、ホアキン・フェニックス』『ザ・マスター』『エヴァの告白』『her/世界でひとつの彼女』『インヒアレント・ヴァイス』『教授のおかしな妄想殺人』『ビューティフル・デイ』『ドント・ウォーリー』『ゴールデン・リバー』『ジョーカー』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

『グラディエーター』を観たときから、ずっと注目しています。イケメンとは思わないんですが、独特のオーラがあって、演技に心がこもっているというか、とても人間臭さが滲み出ている演技にいつも引き込まれます。『容疑者、ホアキン・フェニックス』は“人間崩壊感”満載で、ちょっと心配になりましたが、また俳優業に復活したので安心しました。ずっと俳優を続けて欲しい人です。

Recommended by Myson

© 2013 Wild Bunch S.A. and Worldview Entertainment Holdings LLC
Photo courtesy of Warner Bros. Pictures
Photo by Sabrina Lantos © 2015 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
©Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. ©Alison Cohen Rosa / Why Not Productions
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
© 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. All Rights Reserved.
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”

from 2014/2/8

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ 呪呪呪/死者をあやつるもの

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』『新感染半島 ファイナル・ステージ』や、Netflixオリジナルドラマ『地獄が呼んでいる』のヨン・サンホ監督が、原作、脚本を務める本作…

映画『イニシェリン島の精霊』ブレンダン・グリーソン ブレンダン・グリーソン

1955年3月29日アイルランド、ダブリン生まれ。1995年『ブレイブハート』の出演をきっかけに…

映画『コンパートメントNo.6』セイディ・ハーラ 映画に隠された恋愛哲学とヒント集71:住む世界が違う相手との恋愛

憧れの相手と相思相愛になりつつも、実際に交際してみると、相手と“住む世界”が違うと感じることだってあり得ます。今回は、そんな恋愛に心の折り合いをつけていく主人公の物語『コンパートメントNo.6』を例に考えてみました。

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ
  2. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  3. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  4. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  5. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  6. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  7. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  8. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  9. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  10. 映画『金の国 水の国』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP