REVIEW

クリード 過去の逆襲【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『クリード 過去の逆襲』マイケル・B・ジョーダン/ジョナサン・メジャース

“クリード”シリーズ3作目となる本作では、アドニス(マイケル・B・ジョーダン)の過去が明かされます。輝かしい実績を残して引退したアドニスは、長年疎遠になっていた幼馴染のデイム(ジョナサン・メジャース)の突然の訪問を受けます。そして、昔アマチュアボクシングで好成績を残し、長年の刑期を終え刑務所から出所したばかりのデイムは、ボクサーとして再起を図ると、アドニスに宣言します。引退したアドニスはデイムを支えることにしますが、事態は思わぬ方向に進んでいきます。
アドニスとデイムは親友でありながら、心に傷を残すほどの過去を引きずっています。その過去に向き合うことなく過ごしてきたアドニスは、遂にその過去と対峙せざるを得なくなります。最終的にアドニスは誰かしらと闘うはずとわかっていながら、前半はデイムが何を考えているのか読めずにどこで何が起こるのかハラハラします。そして後半には、トレーニングシーン、ファイトシーンをたっぷり堪能できます。マイケル・B・ジョーダンの俳優の域を超えたボクサーとしての身体作りには、今回も驚かされます。また、スピード感と迫力満点のリアルなファイトシーンは見応え充分です。
本シリーズはボクシングシーンが見どころであるのはもちろんのこと、本作ではアドニスの心理的な葛藤も見どころです。今回、主演だけでなく監督と製作も務めたマイケル・B・ジョーダンは、トキシック・マスキュリニティ(有害な男性性、男らしさの呪縛と訳される)もテーマの一つとしていると来日時に話していました。トキシック・マスキュリニティはここ数年で議論が活発になってきた概念です。ざっくりいうと、社会全体で醸成されてきた「男はこうあるべき」という見方が男性として生まれた人にはもちろん、社会全体に悪影響を及ぼしていることを表す言葉です。昨今、人種問題、ジェンダーの問題などを解決し、多様性を受け容れようとする風潮が強まる一方で、それに反発する暴力的な集団が起こすニュースも見られます。そんななか本作では、ボクシングは暴力でもないし、復讐の手段でもない、スポーツであると主張する場面が出てきます。そういった点からも、本作でトキシックマスキュリニティをテーマに取り上げた背景には納得がいきます。そこにもマイケル・B・ジョーダンの本作への思い入れを感じます。さまざまな視点でお楽しみください。

デート向き映画判定
映画『クリード 過去の逆襲』マイケル・B・ジョーダン/テッサ・トンプソン

カップルで観ると、アドニスとアドニスを心配する妻のビアンカのやり取りにいろいろ思うところが出てくると思います。夫婦だからこそ言えない、夫婦だからこそ支えたい、両方の思いが拮抗する場面はとてもリアルです。1人で抱え込む性格の方と付き合っている方は一緒に観てみると、少し刺激をもらえるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『クリード 過去の逆襲』マイケル・B・ジョーダン

本作では、アドニスの娘が登場し、子どもながらに大人の世界をどう見ているかという描写も出てきます。大人の視点とは異なるかもしれませんが、キッズやティーンの皆さんは今観るからこそ感じられること、気付けることがあるのではないでしょうか。また、アドニスとデイムの友情物語が軸なので、年齢を問わず感情移入できると思います。

映画『クリード 過去の逆襲』マイケル・B・ジョーダン

『クリード 過去の逆襲』
2023年5月26日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

© 2023 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.
CREED is a trademark of Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.


関連作:“クリード”シリーズ

『クリード チャンプを継ぐ男』シリーズ1作目

ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
Amazon Prime Videoで観る REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

『クリード 炎の宿敵』シリーズ2作目

ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
Amazon Prime Videoで観る REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

映画『ライド・オン』来日舞台挨拶:ジャッキー・チェン、ラリー・ヤン監督/ジャッキーちゃん ジャッキー・チェン、突如〇〇を披露!会場から歓喜の声『ライド・オン』来日舞台挨拶

『ライド・オン』が絶賛公開中の2024年6月11日、ジャッキー・チェンと、ラリー・ヤン監督が来日…

映画『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』ポール・ジアマッティ/ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ/ドミニク・セッサ ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ【レビュー】

アレクサンダー・ペイン監督とポール・ジアマッティが、『サイドウェイ』以来、2度目のタッグを…

映画『ディア・ファミリー』大泉洋/菅野美穂/福本莉子/新井美羽/川栄李奈 ディア・ファミリー【レビュー】

本作は、生まれつきの心臓疾患で余命10年と宣告された幼い娘のために、人工心臓を作ろうと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  2. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  3. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス
  4. 映画『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』ポール・ジアマッティ/ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ/ドミニク・セッサ
  5. 映画『ディア・ファミリー』大泉洋/菅野美穂/福本莉子/新井美羽/川栄李奈

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP