取材&インタビュー

日本のボクシング歴代チャンピオンがプロ転向を提案『クリード 過去の逆襲』マイケル・B・ジョーダン初来日

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『クリード 過去の逆襲』ジャパンプレミア:マイケル・B・ジョーダン(主演・監督・製作)

映画『クリード 過去の逆襲』ジャパンプレミア:マイケル・B・ジョーダン(主演・監督・製作)/薬師寺保栄氏、飯田覚士氏、西岡利晃氏、山中慎介氏(ゲスト)

伝説のボクシング映画“ロッキー”を継ぐ、“クリード”シリーズ3部作の最終章『クリード 過去の逆襲』の日本公開を目前にし、主演、監督、製作を務めたマイケル・B・ジョーダンが初来日を果たしました。 レッドカーペットでは笑顔いっぱいでファンにたっぷりとサービス。優しい人柄が伝わってきました。

映画『クリード 過去の逆襲』ジャパンプレミア:マイケル・B・ジョーダン(主演・監督・製作)

マイケルは「本当に皆さん、来てくださってありがとうございます。皆さんの応援が熱くて感動しました。この10年ずっと日本に来たいと思っていて、やっとこの地を踏みましたが、これは現実のことなのだろうかという感じです。滞在中は毎日日本の文化を経験し吸収したいと思います。日本文化は、ストーリーテラーとしても若き監督としても役者としても自分に影響を与えたものなので、日本の皆さんとシェアするのを楽しみにしています」と挨拶しました。

映画『クリード 過去の逆襲』ジャパンプレミア:マイケル・B・ジョーダン(主演・監督・製作)

日本のボクシングの聖地である後楽園ホールのリングに立った印象を聞かれると、「特別な聖地にアクセスすることを許可していただいて嬉しく思っています。日本の歴史にとってもとても意味のある場所で、本当に心からリスペクトの気持ちでいます。自分の作品がこういう形で世界中、特に日本にインパクトを与えられているんだなと実感しています。実はさっき「はじめの一歩」(森川ジョージによるボクシングを題材にした漫画)の舞台の1つだということを思い出させていただいて、ヤバいなって思いました」と笑顔を見せました。

映画『クリード 過去の逆襲』ジャパンプレミア:マイケル・B・ジョーダン(主演・監督・製作)

日本のアニメも好きということで、最近観たアニメを聞かれると、『ブラッククローバー』『ブルーロック』『アオアシ』『ハイキュー!!』などを観ているとのこと。「自分にとっては、アニメはアクションだけではないんです。そこに描かれているハートだったりっていうものが好きです」と、アニメ関係の体験もいろいろしたいと語りました。

映画『クリード 過去の逆襲』ジャパンプレミア:マイケル・B・ジョーダン(主演・監督・製作)

本作は主演だけでなく監督、製作も務めたマイケルは、本作に込めたテーマについて「自分にとっては今回の作品がオリジナルな物語であること、そして3部作の3番目の作品であること、その両方を果たして欲しかったんです。そのためにはアドニスの過去に戻らなければいけなかった。それはアドニスがどういう人間なのかを描くためです。テーマとしては赦しということがもたらすインパクトがあります。そして、トキシック・マスキュリニティ(男らしさの呪縛)と呼ばれる問題、男性が自分の感情にうまく対処できないとどういうことが起こるのかということも描いています。また、血で繋がっていても、繋がっていなくても、家族というものは私達にとってすべてであって、大事にすべきものなのだということ。さらに、英語ではアンダードッグといって、負け犬、勝ちそうもないキャラクターが勝利する物語を描きたかったんです。人生というものは誰にとっても大変なもので、僕は敢えてヒーローが長く抱えていた葛藤を自分も経験し、最後には勝利する姿を見せたかったんです。それを通して、今どんな葛藤があって、難しいことと対峙していても、本気の思いがあれば乗り越えられるんだということが皆さんに伝われば嬉しいです」と、思いを述べました。

映画『クリード 過去の逆襲』ジャパンプレミア:マイケル・B・ジョーダン(主演・監督・製作)

最後には、日本の歴代ボクシングチャンピオンを代表して、薬師寺保栄氏、飯田覚士氏、西岡利晃氏、山中慎介氏が登場。4人からマイケルにクリード特製チャンピオンベルトが贈呈されました。マイケルはリスペクトと感謝の気持ちとともに「ボクサーの方が観て、この作品はちゃんと描いているなと思ってもらえるような作品を作ったつもりなので、そういう風に観ていただけたらなと思っています」とコメントしました。

映画『クリード 過去の逆襲』ジャパンプレミア:マイケル・B・ジョーダン(主演・監督・製作)/薬師寺保栄氏、飯田覚士氏、西岡利晃氏、山中慎介氏(ゲスト)

本作を観たチャンピオン達も一言ずつ感想を述べました。まず、薬師寺保栄氏は、プロに転向したらどうかと称賛。飯田覚士氏は、試合のシーンがすごく本格的で、“ロッキー”“クリード”シリーズの中でも一番リアルで心に残るボクシングシーンだったと語りました。西岡利晃氏は、マイケルのボクシングのレベルの高さに驚いたとコメント。家族愛も見どころだと語りました。山中慎介氏も、マイケルの動きに見とれ、しっかり練習して仕上げたんだろうなと感じたと絶賛。さらに迫力のスゴさも見どころとして挙げました。

映画『クリード 過去の逆襲』ジャパンプレミア:マイケル・B・ジョーダン(主演・監督・製作)

4人のレジェンドが語るように、本作では俳優の域を超える鍛え上げられた身体と、どうやって撮ってるんだろうと思わせるくらいリアルなボクシングシーンが観られます。アドニス・クリードの最後の勇姿をぜひご覧ください。

映画『クリード 過去の逆襲』ジャパンプレミア:
2023年5月17日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『クリード 過去の逆襲』マイケル・B・ジョーダン

『クリード 過去の逆襲』
2023年5月26日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2023 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved. CREED is a trademark of Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン スーザン・サランドン【プロフィールと出演作一覧】

1946年10月9日アメリカ、ニューヨーク生まれ。1970年、『ジョー』でデビュー。以降、『ロッキ…

映画『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー 『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー

今回は映画『ハピネス』に出演している山崎まさよしさんと篠原哲雄監督にお話を伺いました。『月とキャベツ』や『影踏み』などでもお仕事をされているお二人に改めてご一緒された感想など直撃。

映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか 湖の女たち【レビュー】

物語の主な登場人物は、100歳の寝たきり老人が不可解な死を遂げたことで疑惑を向けられる人達と…

映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ ありふれた教室【レビュー】

校内で多発する盗難を解決しようとする行動が負の連鎖…

映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ ジョン・マガロ【プロフィールと出演作一覧】

1983年2月16日アメリカ、オハイオ州生まれ。演劇作品への出演からキャリアをスタートし…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉
  2. Netflixドラマ『マスクガール』
  3. 映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか
  4. 映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ
  5. 映画『碁盤斬り』草彅剛/清原果耶

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP