REVIEW

午前4時にパリの夜は明ける

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『午前4時にパリの夜は明ける』シャルロット・ゲンズブール

夫と別れたエリザベート(シャルロット・ゲンズブール)と、10代の娘ジュディット(メーガン・ノータム)と息子マチアス(キト・レイヨン=リシュテル)、ひょんなことから彼等の家で間借りすることになったタルラ(ノエ・アビタ)の物語。エリザベートは長らく専業主婦だったにもかかわらず、いきなり2人の子どもを養うため働くことになります。自分に自信をなくし絶望感に苛まれているエリザベートが、しばしば涙を見せるシーンがまず印象的で、彼女のか弱さが滲み出ています。ただ、そんな姿を見せながらも、新しい職を見つけようと行動を起こす姿から、彼女は芯が強いことがわかります。また、ただでさえ経済的余裕がないにもかかわらず、路頭に迷うタルラを家に招き、時には厳しい態度を見せるシーンは、彼女の母性の強さと優しさ、器の大きさを感じさせ、共感を呼びます。もう1人のキーマン、タルラもパリという街の多面性を映す鏡のような存在として描かれています。そして、エリザベートの子ども、ジュデイット、マチアスが母を心配しながら少しずつ大人になっていく姿も優しく映ります。
シャルロット・ゲンズブールをはじめとしてキャストが皆好演していて、哀愁漂うストーリーながら、同時に優しさも醸し出され心地よい空気に癒されます。脇役で登場するエマニュエル・べアールの存在感と貫禄にも要注目。絶望感や孤独感、無力感に押し潰されそうな時に観て欲しい1作です。

デート向き映画判定
映画『午前4時にパリの夜は明ける』シャルロット・ゲンズブール/メーガン・ノータム

人生の辛い時期にあるキャラクター達が再生していく物語なので、デートで観るのもアリですが、何となく付き合っているような状態でまだ正式に交際するかわからない間柄の2人にとっては、気まずくなる展開があるかもしれません。安定した関係ならデートで観る、まだ落ち着かない方は1人でじっくり観るのがオススメです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『午前4時にパリの夜は明ける』キト・レイヨン=リシュテル/ノエ・アビタ

10代のキャラクターも複数出てくるので、ティーンの皆さんは等身大で感情移入できると思います。友達のこと、気になる子のこと、家族のこと…、いろいろな切口で観られるので、自分の気持ちに向き合うきっかけとなる部分もあるでしょう。セクシャルなシーンも出てくるので、一緒に観る相手は選んだほうが良いと思います。

映画『午前4時にパリの夜は明ける』シャルロット・ゲンズブール/キト・レイヨン=リシュテル/ノエ・アビタ/メーガン・ノータム

『午前4時にパリの夜は明ける』
2023年4月21日より全国順次公開
R-15+
ビターズ・エンド
公式サイト

© 2021 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司 あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。

本作のヒロイン百合(福原遥)は、1945年の日本にタイムスリップしてしまい…

映画『正欲』稲垣吾郎 イイ俳優セレクション・アクセスランキング【2023年11月】

“イイ俳優セレクション”【2023年11月】のアクセスランキングを発表!

映画『Winter boy』ポール・キルシェ Winter boy

同性愛者の17歳の青年リュカは、父を事故で亡くしたことをきっかけに、心の中で何かがプツッと切れてしまったような状況に陥ります。そんななか…

ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』中島セナ/奥平大兼 『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』配信記念ワールドプレミア 10組20名様ご招待

ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』配信記念ワールドプレミア 10組20名様ご招待

映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール ティル

1955年、アメリカ、ミシシッピ州のマネーで、アフリカ系アメリカ人の14歳の少年エメット・ティルが殺害された事件を映画化…

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』片岡愛之助 片岡愛之助【プロフィールと出演作一覧】

1972年3月4日大阪府生まれ。1977年、松竹芸能子役オーディションに合格し…

映画『窓ぎわのトットちゃん』 窓ぎわのトットちゃん

原作者である黒柳徹子自身の幼少期を綴った自伝的小説…

映画『イコライザー THE FINAL』ダコタ・ファニング ダコタ・ファニング【プロフィールと出演作一覧】

1994年2月23日生まれ。アメリカ、ジョージア州コンヤーズ出身。幼少期からテレビドラマやCMに出演。2001年、映画『I am Sam アイ・アム・サム』に出演し…

映画『ウィッシュ』 ウィッシュ

ディズニー100周年を飾る本作には、まさにディズニーが100年間掲げてきた…

映画『ポッド・ジェネレーション』エミリア・クラーク エミリア・クラーク【プロフィールと出演作一覧】

1986年10月23日生まれ。イギリス、ロンドン出身。HBOのドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のデナーリス・ターガリエン役で…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』 トーキョー女子映画部正式部員が推す!今観ているアニメシリーズ特集

今回はトーキョー女子映画部正式部員の方々に、「今観ているオススメのアニメシリーズ」について、聞いてみました。

映画『インファナル・アフェア 4K』アンディ・ラウ/トニー・レオン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インファナル・アフェア』

今回は『インファナル・アフェア』のラウ役のアンディ・ラウとヤン役のトニー・レオンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。今回はどんなキャスティング案が挙がったのでしょうか?

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

TSUTAYA TV

REVIEW

  1. 映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司
  2. 映画『Winter boy』ポール・キルシェ
    Winter boy

  3. 映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール
    ティル

  4. 映画『窓ぎわのトットちゃん』
  5. 映画『ウィッシュ』
    ウィッシュ

PRESENT

  1. ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』中島セナ/奥平大兼
  2. 映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ
  3. 映画『バービー』マーゴット・ロビー/ライアン・ゴズリング
PAGE TOP