REVIEW

かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 ファイナル

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 ファイナル』ロゴ

1作目であんなに盛り上がったのにまだ決着がつかずで、だったらどんな結末を迎えるんだろうと楽しみに待っていた方も多いのではないでしょうか。今作も相変わらず激しい攻防戦が続きますが、前作とはちょっとトーンが変わって、生徒会の他のメンバーにもさらにスポットが当てられ、人間ドラマとしても見どころが増しています。特に佐野勇斗が演じる石上優のストーリーには、青春時代の辛さも描かれていて、胸が締め付けられます。そして、彼のストーリーを通して、白銀御行(平野紫耀)や四宮かぐや(橋本環奈)のキャラクターも掘り下げられ、共感を煽ります。
さらにラブストーリーは前作から一層キュンキュン度が増しているので、映画館で観ると良い意味でざわつきそう(笑)。また、謎解きまで出てきて、一粒で2度美味しい構成となっています。画的にもゴージャスになっていて、映画的、エンタテインメント性が増しています。最後の最後まで攻防戦も続きますので、最後のひと絞りまで楽しんでください。

デート向き映画判定

デートで観るのにもピッタリな作品です。お互いにプライドが高いカップルからウブ過ぎてなかなか距離を詰められないカップルまで、いろいろなポイントで共感できると思います。中高生向けの作品という雰囲気ではありますが、大人のベテランカップルが観ると、初心に返れたり、新鮮味を取り戻せるかもしれません(笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定

皆さんに人気のキャストが登場しているだけでテンションが上がると思いますが、学園ものというところでも皆さんが共感できそうなポイントが満載です。10代は悩みがいっぱいで、学校の人間関係でもいろいろあります。狭い世界で何年も過ごさなければいけないので、1度失敗したことでずっと苦しめられることもありますよね。今作では辛い出来事を乗り越えていくキャラクターの姿も描かれているので、ラブストーリーとしてだけでなく、青春ドラマとしても楽しめます。

映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 ファイナル』平野紫耀(King & Prince)/橋本環奈 他

『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 ファイナル』
2021年8月20日より全国公開
東宝
公式サイト

© 2021映画『かぐや様は告らせたい ファイナル』製作委員会 © 赤坂アカ/集英社

TEXT by Myson


かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜(1作目)

進学校の生徒会のメンバー達がいろいろなドラマを繰り広げていく青春ラブコメディ。平野紫耀(King & Prince)と橋本環奈という最強タッグで、とにかく観ている間ずっと、2人ともほんと綺麗なお顔だなと見とれてしまいます。2人とも普通にはそうそういない、別世界のオーラを放っているので、マンガを原作とした異世界のキャラクターとしてもすんなり観られます。物語の舞台が裕福な家庭の子どもが多く通う進学校とあって、ストーリー的にも幅が出て、普通ならあり得ないことだらけの遊び心に溢れています。
ラブストーリーとしては、ここまでのせめぎ合いはなくても、10代の頃って、こういう駆け引きみたいなのを楽しむ感覚ってあったかもしれないなと、懐かしく思いながら観ました。でもどちらが告白させるかを競う一方で、高校生らしいウブな一面も垣間見えてクスッと笑えます。明らかに両思いなのに当人だけがモジモジしている風景も、10代あるあるで微笑ましいです。クライマックスは、観ていてニヤニヤしてしまうアツアツの展開があり、「何やってんだか(笑)」とホッコリします。

かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~

『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』
ブルーレイ&DVDレンタル、発売中/デジタル配信中
TBS
公式サイト

© 2019 映画「かぐや様は告らせたい」製作委員会 © 赤坂アカ/集英社

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP