REVIEW

怪物【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『怪物』安藤サクラ/黒川想矢

たった1本の映画を観ている間にこんなに視点を動かされるとは思いませんでした。本作を観ていると、いかに自分が思い込みを持って物事を見ているかを実感させられます。また、物語が進むにつれて複数のテーマが取り上げられていくなかで、真相が見えてくる度に自分の思い込みによって見え方が全く異なることにも気付かされます。きっと本作は1度目、2度目、3度目と観る度に、同じシーンでも違った見え方が出てくると思います。
序盤では、学校と家庭の問題がテーマとなるかのような緊張感が漂います。教師と保護者のやりとりを観ていると、教師達に激しい苛立ちを感じるものの、背景がわかってくると、私達は普段あまりに断片的な情報だけで物事を判断していることを実感します。また、人間は問題に発展する事態を避けるために事実を包み隠したり、嘘を言うけれど、結果的には逆に問題を生んでいるとわかります。
前半は日々の出来事の概観を見せながら、後半は子どもの目線で真相が明かされていきます。子どもなりに世の中を理解しようとしていると同時に、子どもだからこそ見えている世界があり、親でもわかっていないことがたくさん出てきます。また、他人に対しても大人は相手の本質を見ようとせず、わずかな情報と自分の経験によって、短絡的に相手を型に当てはめて見ていることを客観視できます。さまざまな歪みのある社会で翻弄される子ども達の姿を観ていると苦しくなるところがありつつ、子ども達の素直さと心のしなやかさに癒されます。
安藤サクラ、永山瑛太、田中裕子といった演技派が揃うなか、2人の少年を演じた黒川想矢、柊木陽太の名演も見もの。ストーリー、演出、演技、三拍子揃った秀作です。観ている間は苦しくなりつつも、最後は清々しい気持ちにさせてくれます。ぜひ大人も子どもも観てください。

デート向き映画判定
映画『怪物』永山瑛太/黒川想矢/柊木陽太

人間の悪い面も良い面もあぶり出したストーリーなので、ゾッとしたりホッとしたりで観ている側の心も揺さぶられます。本作を観ていて、自分が知っている人は自分が思っているような人ではないのかもしれないと思った時に、パートナーについて疑念が湧くのか、安堵を得るのかは未知数です。本作をカップルで一緒に観て共有してほしい反面、どこかパートナーに対して引っかかるところがありながら交際をしている方は1人でじっくり観るほうが落ちついて観られるかもしれないですね。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『怪物』黒川想矢/柊木陽太

皆さんは、湊(黒川想矢)や依里(柊木陽太)に感情移入して観られるのではないでしょうか。大人は何でもわかったような態度で接してくるけれど、何もわかっていない時もあって、子どもだって大人に気を使っているんですよね。子ども達が普段もどかしく感じていることが本作には描かれていて、皆さんは大人とは違った観方をするかもしれません。親子で観たり、友達と観たりして、感想をぜひシェアしてください。

映画『怪物』安藤サクラ/永山瑛太/黒川想矢/柊木陽太/田中裕子

『怪物』
2023年6月2日より全国公開
東宝、ギャガ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2023「怪物」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  2. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  3. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  4. 映画『ザ・タワー』
  5. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP