REVIEW

風の電話

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『風の電話』モトーラ世理奈/西島秀俊

“風の電話”は、2011年に岩手県大槌町在住の庭師である佐々木格さんが、自宅の庭に設置した電話ボックスで、東日本大震災で多くの方がお亡くなりになり、故人ともう一度話したいと願う人々が訪れる場所だそうです。本作は、東日本大震災で家族を亡くし、広島県に住む伯母のもとで暮らす高校生のハルが、ある日思い立って1人で故郷の大槌町に帰ろうとするロードムービーで、怖い目に遭ったり、親切な人に助けられたり、道中でのさまざまな出会いでハルが成長していく様を描いています。ハル以外にも、震災の被害に遭った人達が登場し、家族や大切な人が亡くなったことにどう向き合っているのかを映し出していますが、震災の爪痕はまだ深く残っていて、前に進めずにいる人達が多くいることが伝わってきます。この世に大切な人がもういないという現実を頭では理解しつつ、心はまだその現実に追いついていないハルにとって、気持ちを解放していくまでの道のりがいかに長いかは、広島から岩手までの旅路に投影されていて、「本当にゴールはあるのか?」と思わせる展開は、ハルの心許ない気持ちを表しているかのようです。最初表情に乏しいハルが徐々に変化していく様子は表現がとても難しいように思いますが、ハルの繊細な心の微妙な変化をモトーラ世理奈が見事に演じています。本作は、震災について改めて忘れてはいけないという思いを喚起させると同時に、大切な人を亡くした経験のある人なら誰にでも心の支えを与えてくれる作品です。

デート向き映画判定
映画『風の電話』モトーラ世理奈/三浦友和

ロマンチックになれるようなストーリーではないので、デート向きとは言えませんが、悲しい出来事が起こってから時が止まってしまい、ぽつんと残されてしまっている主人公ハルの気持ちは誰にでも共感できると思います。また、家族の話や大事な人の話をしたくなるストーリーなので、お互いにもっと知りたいと思っているなら、きっかけに観るのも良いかも知れません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『風の電話』モトーラ世理奈

高校生の主人公が1人で長旅に出るというお話なので、皆さんも疑似体験する感覚で観られます。表向きには普通に見えても、心に深い穴が空いて苦しんでいる人がいることを客観視できるので、観終わった後は少しだけでも人に優しくなれるのではと期待します。ある情報について間違った解釈をして、震災で苦しむ人をさらに苦しめている現状なども語られているので、当事者の気持ちになるきっかけとして、キッズやティーンの皆さんにもぜひ観て欲しいです。

映画『風の電話』モトーラ世理奈/西島秀俊/西田敏行(特別出演)/三浦友和

『風の電話』
2020年1月24日より全国公開
ブロードメディア・スタジオ
公式サイト

TEXT by Myson

© 2020映画「風の電話」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー お隣さんはヒトラー?【レビュー】

タイトルは『お隣さんはヒトラー?』で、物語の舞台は1960年のコロンビア…。「むむむ?アドルフ・ヒトラーって…

映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック ロイヤルホテル【レビュー】

『アシスタント』のキティ・グリーン監督と、主演を務めたジュリア・ガーナーが再びタッグを組んだ本作は…

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー
  2. 映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック
  3. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  4. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  5. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP