REVIEW

風をつかまえた少年

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『風をつかまえた少年』マックスウェル・シンバ

「必要は発明の母」ということわざがありますが、まさにそういった状況で、困窮した家族と村の人々を救おうと風力発電を自ら作り出した少年の実話です。原作者のウィリアム・カムクワンバが風力発電を作ったのはなんと14歳の時。映画の中では、学費が払えなくなり、学校に行けなくなってしまったウィリアムの苦悩が描かれています。日本では中学校までは義務教育なので学校に行くのは当たり前。でも、行きたくても行けない国の少年少女がいることや、学校で学ぶこと、自分で興味を持って積極的に学ぶことがいかに大事かということを本作から実感させられます。14歳の少年が村を救うために風力発電を作ると言っても、日本でも本気にしない大人が多いと思いますが、意地でも自分で何とかしようと奮闘し息子の言葉に最初は耳を傾ける余裕がない父親と、頭脳を活かして村を救いたいと本気で行動する息子とのやりとりにも、誰もが胸を打たれるはず。マックスウェル・シンバが演じるウィリアムがとても愛らしくてピュアで、応援したくなる魅力的なキャラクターになっているのはもちろん、これが実話だと思うとすごく勇気をもらえるし、絶対に負けないと決め、生きようとするウィリアム一家の姿を観ると、人間の根本的な強さに希望が持てます。この作品は、ウィリアムの父親役を務める名優キウェテル・イジョフォーの初監督作品というのも注目ポイントで、(資料のインタビューより)このストーリーに出会って監督をやろうと決めたのも納得です。素晴らしい作品なのでお見逃しなく!

デート向き映画判定
映画『風をつかまえた少年』マックスウェル・シンバ/キウェテル・イジョフォー

勇気と希望をくれる実話を映画化した作品で、とても見応えがあり、どんな人が観ても共感できると思います。ロマンチックなムードを盛り上げてくれるようなストーリーではなく、特別デート向きというわけではありませんが、逆にそれが観やすい点でもあるので、年代を問わずデートで観るのも良いと思います。初デートで観てもオーケーですよ。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『風をつかまえた少年』マックスウェル・シンバ/キウェテル・イジョフォー

大人が思っている以上に子どもには可能性や力があって、それを結果を出して証明した主人公は本当に素晴らしいです。皆さんも一生懸命やっているのに、家族や周囲の大人に認めてもらえなかったり、話を聞いてすらもらえないこともあるかも知れませんが、本作を観たら「負けないぞ!」と勇気と元気をもらえると思います。学校に行けることの有り難さや、勉強の大切さもすごく理解できる内容なので、ぜひキッズ、ティーンの皆さんに観て欲しいです。

映画『風をつかまえた少年』マックスウェル・シンバ

『風をつかまえた少年』
2019年8月2日より全国順次公開
ロングライド
公式サイト

© 2018 BOY WHO LTD / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE / PARTICIPANT MEDIA, LLC

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

映画『サマー・オブ・84』グラハム・バーチャー グラハム・バーチャー

2002年2月4日、カナダのバンクーバー生まれ。双子の兄弟とともに演技のクラスを受講したことから役者としての活動を始める。最初の仕事は…

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督 全曲生歌で見事に演じたタロンをデクスター・フレッチャー監督が大絶賛!『ロケットマン』ジャパンプレミア

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』PRのため、主演のタロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督が来日…

映画『よこがお』須藤蓮 須藤蓮(すどう れん)

1996年7月22日生まれ、東京都出身。特技は英語、ダンス、そして虫に詳しいこと。 2018年、NHKBSプレミアムのドラマ『ワンダーウォール』、短編映画『ブレイカーズ』…

海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ 女医フォスター 夫の情事、私の決断

「夫が浮気してるかも?」と疑い始めてから、それを突き止めようとしたり、突き止めたと思ったらそこから夫との駆け引きが始まったり…

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 5組10名様 来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 5組10名様 来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

おすすめ記事

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

REVIEW

  1. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  2. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  3. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  4. 映画『天気の子』
    天気の子

  5. 映画『二ノ国』
    二ノ国

  6. 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』田中圭/林遣都/沢村一樹/志尊淳/吉田鋼太郎
  7. 海外ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2』マット・ズークリー
  8. 映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール
  9. 映画『永遠に僕のもの』ロレンソ・フェロ
  10. 映画『トールキン 旅のはじまり』ニコラス・ホルト

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP