取材&インタビュー

『希望の灯り』フランツ・ロゴフスキさんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『希望の灯り』フランツ・ロゴフスキさんインタビュー

今注目のドイツ人俳優フランツ・ロゴフスキさんが来日。とても穏やかなお話ぶりで、優しいお人柄がうかがえましたが、本作で演じられていたキャラクターとどこか被って見えるところがあり、勝手に親近感を持ちました。ダンサー、振付師としてのキャリアもあるフランツさんですが、俳優という職業にどう向き合っていらっしゃるのかなど聞いてみました。

<PROFILE>
フランツ・ロゴフスキ:クリスティアン役
1986年2月2日ドイツ、フライブルク生まれ。2007年からクロアチア国立劇場、ベルリンHAU劇場などの作品で俳優、ダンサー、振付師として活躍。2011年には、“FRONTALWATTE”の主役で映画デビューを飾り、2013年『愛のステーキ』でミュンヘン映画祭男優賞を受賞。演劇でも、2015年にミュンヘン小劇場のメンバーとなり、2018年には、国立劇場ミュンヘン・カンマーシュピーレのレパートリー作品第3弾として“NO SEX”(岡田利規 作・演出)に出演した。その他の映画出演作に、『ヴィクトリア』『ハッピーエンド』などがあり、2018年は『希望の灯り』と『未来を乗り換えた男』の2作品で主演、ベルリン国際映画祭のシューティング・スター賞、ドイツアカデミー賞主演男優賞に輝いた。

俳優としてこの時代に感じる恐れとは

マイソン:
とても口数が少ない役だからこそ、演じていて難しいのではないかと思いました。台本を読んで読み取れること、演じていくうちに理解できたことは、どんなことですか?

フランツ・ロゴフスキさん:
行間を読むことは大事です。前半は本当にセリフが少なく、こんなに話さない役はこれまでにありませんでした。コーヒーを入れたり、タバコを吸ったりする仕草とか、細かい身体の動きで表現するということが必要だったけれど、だからこそ伝わることが多かった。相手を見つめるだけで、話しかけないとか、そういう静寂が、必要な役で、それが逆に表すことが多かったと思います。

マイソン:
フォークリフトの運転シーンが多かったですが、実際に動かしてみていかがでしたか?研修のシーンで観ていたフォークリフトの危険性をアピールするビデオが過激でホラー映画のようでしたが、実在のものを参考にされているのか、もしくは監督のユーモアでしょうか?

フランツ・ロゴフスキさん:
フォークリフトの運転はとても難しくて、撮影の合間にも練習しました。フォークリフトの危険を説明する動画はもともとあったもので、フォークリフトを使う人には有名らしく、youtubeにも上がっています。僕は知らなかったですけど。YouTubeでこれを検索したら出てきますよ(とおっしゃってメモを書いてくださいました)。

映画『希望の灯り』フランツ・ロゴフスキ/ザンドラ・ヒュラー

※劇中で登場するフォークリフト研修動画はこちら

マイソン:
ありがとうございます!かなり独特な動画でしたが、実際の研修動画だとは驚きです。探してみます。で、本作がドイツで公開された時の反応はどうでしたか?

フランツ・ロゴフスキさん:
ドイツではすごく高評価で、いろいろな賞をもらえました。かつ世界中で反響があり、大成功と言えると思います。ただ、この作品はアートハウス、インディペンデント系の映画で、大衆向けの映画とは、興収とかでは比較できません。映画が好きな人が探さないとたどり着かない映画だと思うんですね。これが上映されたのもアートハウス系の劇場で、日本映画とか海外の作品が上映されるような劇場で上映されました。

映画『希望の灯り』フランツ・ロゴフスキ/ペーター・クルト

マイソン:
国外で公開される上で、こういうことを知って欲しいという部分はありますか?

フランツ・ロゴフスキさん:
特に伝えたいメッセージというものがあるわけではなく、心を開いて真っさらな状態で観て感じ取って欲しいです。その一方で作品の中では発見できるメッセージがいっぱいあると思います。

マイソン:
フランツさんはダンサーで、振付師もされていますが、踊りで表現するという経験が、俳優として活かされる部分と、逆に俳優としてやっていることがダンスに影響する部分はありますか?

フランツ・ロゴフスキさん:
今は“話すダンサー”という風に自分を認識しているんですけど、踊っている時は、動きを大きくしていたので、ただダンスをしているというよりは、自分の能力を見せているという感覚だったんです。むしろ今のほうが、小さな動作ですとか、日常のなかに潜んでいるリズムですとか、そういうものを役者として見せるので、ダンスをしているという感覚、ダンサーという認識があります。

マイソン:
なるほど。やはり相互作用があるんですね。今はインターネットが普及していて、国が離れていても繋がりやすい世界になりましたが、俳優さんという立場では、この時代のメリットみたいなものを感じることはありますか?

映画『希望の灯り』フランツ・ロゴフスキさんインタビュー

フランツ・ロゴフスキさん:
移動しやすくなりましたし、お互いの文化を学ぶことができますし、他の国の監督と一緒に仕事をするという意味では、世界が繋がっていることが、役者という仕事にも影響していると思います。ただ、演じるということでいうと、そのレシピは常に同じで、自分の人生を基にしたり、その感情を表したり、とてもシンプルなことなんですね。相手の話を聞いたり、そういう動作がすべて役者、演技に繋がっているんですけど、そのレシピは、3Dが発展しても、グリーンスクリーンが発展しても変わらないものだと思っています。浮世絵が好きで、今回の来日で2枚購入し、そのうちの1枚が役者の絵だと思うんですが、その顔は今の役者とやっぱり変わらない。200年前も今の役者もやっぱりベースになっているものは同じなんだなと感じました。その浮世絵の人物がスマホを持っていても、たぶんそれは変わらないだろうと思います。ただ、こういう時代に生きていると、やっぱり物の見方が変わってくる。それによって行動の仕方も変わってくるのはやむを得ないことです。僕自身子どもの頃、テレビでヨーロッパの有名映画がいくつもやっていて、それを観て育ったという話を監督としてたんです。監督の幼い頃は、いわゆるテレビ映画、低予算の映画ばかりが流れていたそうで、どういう作品を観るかによって、映画の言語自体の伝わり方が変わってくるんじゃないかと思っています。今NetflixとかAmazonでもいくつもの作品が配信されていますけど、そこで流している映画は、いわゆる映画館で観るミヒャエル・ハネケとかフェデリコ・フェリーニの作品とは違うという風に感じるんです。そういうところに常に意識を向けなくてはダメで、疑問を抱かなければダメで、この傾向が続くと映画的言語というのが失われるんじゃないかと恐れています。

2019年3月12日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『希望の灯り』フランツ・ロゴフスキ/ザンドラ・ヒュラー

『希望の灯り』
2019年4月5日よりBunkamuraル・シネマ他全国順次公開
監督:トーマス・ステューバー
出演:フランツ・ロゴフスキ/ザンドラ・ヒュラー/ペーター・クルト
配給:彩プロ
内気で無口な27歳のクリスティアンは、在庫管理担当としてスーパーマーケットで働くことになり、慣れない仕事に最初は戸惑うものの、周囲に温かく見守られ徐々に現場に馴染んでいく。そして、ふと見かけた同僚のマリオンに惹かれていったクリスティアンは、徐々に彼女との距離を縮めていくが…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定


関連記事

© 2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マイ・ダディ』ムロツヨシ マイ・ダディ

最初は2つのストーリーが同時進行していき、それがどう繋がっていくのかというところから…

映画『コンティニュー』ナオミ・ワッツ ナオミ・ワッツ

1968年9月28日イングランド、ショアハム生まれ。14歳の時にオーストラリアのシドニーに移り…

映画『総理の夫』田中圭/中谷美紀 総理の夫

政治家とその家族からは、政界がどう映っているのかを知ることができ…

映画『Mr.ノーバディ』ボブ・オデンカーク ボブ・オデンカーク

1962年10月22日、アメリカ生まれ。俳優、コメディアン、放送作家、映画監督、脚本家として幅広く活躍中。2009年からスタートした…

映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』​ファン・スクリーニング・イベント、トム・ハーディ、アンディ・サーキス監督 ​トム・ハーディ&アンディ・サーキス監督が登場!『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』世界最初の​ファン・スクリーニング・イベント開催

トム・ハーディ主演の映画『ヴェノム』の続編『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が、2021年に劇場公開!このたび、ロンドンにて世界最初の​ファン・スクリーニング・イベントが行われ、会場に​トム・ハーディとアンディ・サーキス監督、さらにトムの愛犬ブルーも登場しました。

映画『空白』古田新太/松坂桃李 空白

初期の宣伝では、古田新太が演じる主人公の狂気が前面に出されていたこともあり、観る前のイメージとは…

映画『グリーンランドー地球最後の2日間ー』スコット・グレン スコット・グレン

1941年1月26日アメリカ生まれ。1980年に『アーバン・カウボーイ』で注目され…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”メイキング、山下敦弘監督 『MIRRORLIAR FILMS Season1』山下敦弘監督インタビュー

今回は『MIRRORLIAR FILMS Season1』で、“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”のメガホンをとった山下敦弘監督にリモートでお話を伺いました。長編映画も手掛ける監督に短編の好きな点やフィルム撮影の良さ、この10年間での映画業界の変化について聞いてみました。

映画『クーリエ:最高機密の運び屋』ベネディクト・カンバーバッチ/メラーブ・ニニッゼ クーリエ:最高機密の運び屋

本作は、キューバ危機の舞台裏で繰り広げられた知られざる実話を基に、核戦争回避のために命を懸けた男達の葛藤と決断をスリリングに描いた…

映画『テーラー 人生の仕立て屋』ディミトリス・イメロス ディミトリス・イメロス

1967年6月12日ギリシャ、アテネ生まれ。ギリシャの演劇学校とロシア舞台芸術アカデミーで演劇を学ぶ。2001年から…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  2. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  3. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  4. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  5. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣

おすすめ記事

Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ 好きな★☆を語ろう!トーキョー女子映画部“交流会”参加者募集

この度、皆さんからのご要望が多かった“交流会”を開催することにしました。この“交流会”は作品鑑賞はせずに自由に会話していただく機会として実施します。

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・ダディ』ムロツヨシ
    マイ・ダディ

  2. 映画『総理の夫』田中圭/中谷美紀
    総理の夫

  3. 映画『空白』古田新太/松坂桃李
    空白

  4. 映画『クーリエ:最高機密の運び屋』ベネディクト・カンバーバッチ/メラーブ・ニニッゼ
  5. 映画『MINAMATA―ミナマター』ジョニー・デップ
  6. 映画『スイング・ステート』スティーヴ・カレル
  7. 映画『アイダよ、何処へ?』ヤスナ・ジュリチッチ
  8. 映画『レミニセンス』ヒュー・ジャックマン
  9. 映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー/ジュディ・デンチ
  10. 映画『スパイラル:ソウ オールリセット』クリス・ロック
PAGE TOP