REVIEW

マティアス&マキシム

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『マティアス&マキシム』ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス/グザヴィエ・ドラン

30歳の2人の男性、マティアスとマキシムは幼馴染み。2人はあるパーティに参加した際、共通の友人の妹から映画に出てくれないかと頼まれます。そして彼らは男性同士のキスシーンに応じますが、そのキスがきっかけでお互い特別な思いに気付きます。でも、これまでずっと仲の良かった友達に恋心を抱いたら、どうしたら良いかわからないのは当然のこと。さらにマティアスには異性の婚約者がいて、マキシムはオーストラリアへ旅立つことが決まっています。そんな考えるべきことが多すぎるこの状況で、マティアスとマキシムはどんな選択をするのでしょうかというのが本作の物語です。
このご時世、異性愛か同性愛かの違いなんて考えるのはもう古くて、本作を観ていると、誰でも一度は経験したことのある初恋の感覚が呼び覚まされます。監督兼マキシム役を務めたグザヴィエ・ドランも「これはゲイ映画ではない。『マティアス&マキシム』は、ずっと挑戦したかったラブストーリーであり、普遍的なロマンスなんだ」としていて(公式資料インタビューより)、まさにその通りだなと思います。例えば中高生の頃、急に身近にいた子が気になり出して、でも友情が壊れるかも知れないことが怖くて告白できないと震えた、あの感覚。まさにあのピュアな感じがこの映画にはあります。でもややこしいのは、それぞれ大人であって、これからの自分の人生を考え、周囲の人のことも気にかけなければいけないということ。だから2人の恋愛へのハードルは高くなりますが、同時に気持ちが抑えられれば抑えられるほど燃え上がっていくのがわかります。特にマティアスのほうが大きな葛藤を見せますが、明らかに挙動不審になる姿が愛おしいんです(笑)。一方、マキシムはマティアスに対して優しい気持ちと寂しい気持ちの狭間で揺れ動いていて、彼の静かな葛藤にも共感できます。あと付け加えておきたいのが、物語の空気を変えるケヴィン(ハリス・ディキンソン)の登場。ハリス・ディキンソンといえば、最近では『マレフィセント2』で優しい王子を演じていましたが、今作では生意気なやり手のビジネスマンを演じていて、ハリスは何やってもキマってるなあと釘付けになりました(笑)。
グザヴィエ・ドランはこれまで母子の物語をずっと描いてきており、今作はラブストーリーに挑戦しているわけですが、やはり母子関係もキーポイントになっていて、これまでの作風からもぶれていません。ラブストーリーとしても人間ドラマとしても見応えがある作品になっています。

デート向き映画判定
映画『マティアス&マキシム』グザヴィエ・ドラン

お互いに一途な想いで交際しているカップルならデートで観ても大丈夫だと思いますが、どこかに別の誰かの存在を抱えたまま違う相手と恋愛をしている人は、抑えている気持ちが目覚めてしまうきっかけになるかも知れないので、1人で観るか、本音を話せる友達と観ることをオススメします。逆にお互いに何となく惹かれながら気持ちを伝えられないでいる人は、意中の人を誘い、本作にあやかって告白してみてはどうでしょうか!

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『マティアス&マキシム』

私達は少なからず何らかの部分において、「普通はこう」という社会的な枠にハメられて育ちます。なので無意識に自我のある部分が抑えられたままということもあるでしょう。でも、何歳になっても自分自身がまだ知らない一面に気付くことがあるかも知れません。そこでどっちの道を取るかは皆さん自身ですが、自分の本心に気付いたら、それと一度は真剣に向き合うことが大切だということを本作は教えてくれます。PG-12で大人同伴なら観られますが、内容的に1人でじっくり観て欲しい作品なので、中学生以上になってから観ることをオススメします。

映画『マティアス&マキシム』ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス/グザヴィエ・ドラン

『マティアス&マキシム』
2020年9月25日より全国公開
PG-12
ファントム・フィルム
公式サイト

© 2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP