イイ男セレクション

グザヴィエ・ドラン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『マティアス&マキシム』グザヴィエ・ドラン

1989年3月20日カナダ、モントリオール生まれ。6歳で俳優としてのキャリアをスタートし、数多くのテレビドラマや映画に出演。また声優として吹き替えの仕事も行ってきた。19歳で撮った初監督作『マイ・マザー』(兼主演)では、2009年の第62回カンヌ国際映画祭監督週間部門で3つの賞を受賞するなど、数々の映画祭で賞に輝き、世界的に注目を集めた。監督第2作目の『胸騒ぎの恋人』は、2010年の第63回カンヌ国際映画祭ある視点部門でプレミア上映され、シドニー映画祭の公式コンペティション部門で大賞を受賞。さらに2016年、“It’s Only The End Of The World(原題)”で、カンヌ国際映画祭コンペティション部門グランプリを受賞した。

イイ男セレクション/出演作

『マーターズ』『マイ・マザー』(兼監督)『胸騒ぎの恋人』(兼監督)『トム・アット・ザ・ファーム』(兼監督)『エレファント・ソング』“Miraculum(原題)”『神のゆらぎ』『ホテル・エルロワイヤル』『ある少年の告白』『マティアス&マキシム』(兼監督、脚本)など

監督作:『わたしはロランス』『Mommy/マミー』『たかが世界の終わり』『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

若くして監督としての才能もあり、容姿端麗で俳優としても才能に恵まれた、まさに映画界の星!19歳でカンヌ映画祭に進出してから、ずっと注目と期待を浴びている彼ですが、『神のゆらぎ』の資料によると、彼のなかでは俳優業が一義的で、待っているだけではオファーがこないので自分で自分に役を与えるために監督をしていると語っています(『神のゆらぎ』は俳優のみです)。でも監督なんて簡単にできないことですから、監督と俳優両方で活躍できるということは、本当に映画を作るために生まれてきた人だと思えてなりません。今は若さゆえに注目されている部分も多少あるとは思いますが、彼が作る作品、出演する作品は、どれも何か心に残るものがあるので、これからの作品もとても楽しみです。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『マティアス&マキシム』
2020年9月25日より全国公開

映画『マティアス&マキシム』ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス/グザヴィエ・ドラン

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『マイ・マザー』(兼監督)

『胸騒ぎの恋人』(兼監督)

『わたしはロランス』

『トム・アット・ザ・ファーム』(兼監督)

『Mommy/マミー』(監督作)

『エレファント・ソング』

『神のゆらぎ』

『たかが世界の終わり』(監督作)

『ホテル・エルロワイヤル』

『ある少年の告白』

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』(監督作)

© 2013 – 8290849 Canada INC. (une filiale de MIFILIFIMS Inc.) MK2 FILMS / ARTE France Cinéma
©2012 Productions Miraculum Inc.
© Shayne Laverdière, Sons of Manual
©THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
© 2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

from 2014/10/3

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』ジミー・フェイルズ/ジョナサン・メジャース ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ

映画制作スタジオA24とプランBが、アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』以来タッグを組んで製作された本作。舞台はサンフランシスコで…

映画『オン・ザ・ロック』ビル・マーレイ/ラシダ・ジョーンズ オン・ザ・ロック

今回のソフィア・コッポラ監督作も、期待通りに…

映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ ルカ・マリネッリ

1984年10月22日イタリア、ローマ生まれ。若い頃から映画の吹替でキャリアを積み、2006年に俳優として本格的に活動を始め…

映画『エマ、愛の罠』パブロ・ラライン監督インタビュー 『エマ、愛の罠』パブロ・ラライン監督インタビュー

本作で、監督と共同脚本を務めたパブロ・ラライン監督にリモート・インタビューをさせて頂きました。監督は観客がどう反応しても喜んでくれる方で、それが映画作りに反映されているのだなと感じました。

映画『浅田家!』二宮和也 浅田家!

本作は、写真家の浅田政志氏による写真集「浅田家」と「アルバムのチカラ」を原案に…

映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』イアン・ハート イアン・ハート

1964年10月8日イギリス、リヴァプール生まれ。メイベル・フレッチャー音楽演劇学校を卒業後、ビデオ制作を学び…

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 悪魔はいつもそこに

トム・ホランド、ビル・スカルスガルド、ライリー・キーオ、ロバート・パティンソン、ミア・ワシコウスカ、ジェイソン・クラーク、セバスチャン・スタン、ハリー・メリングなど、キャストの豪華さ…

映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』ダニエル・ウェバー ダニエル・ウェバー

1988年6月28日、オーストラリア生まれ。グリーン・ポイント・クリスチャン・カレッジに入学し、技術者として働いた後…

映画『トロールズ ミュージック★パワー』 トロールズ ミュージック★パワー

とてもカラフルで可愛らしいアニメなので、子ども向けの作品に見えるのですが…

映画『クライマーズ』ウー・ジン/チャン・ツィイー クライマーズ

チョモランマの登頂をテーマにした作品は、これまでにいくつもありますが、本作では史実をベースに中国の登山隊がチョモランマに…

おすすめ記事

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

REVIEW

  1. 映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』ジミー・フェイルズ/ジョナサン・メジャース
  2. 映画『オン・ザ・ロック』ビル・マーレイ/ラシダ・ジョーンズ
  3. 映画『浅田家!』二宮和也
    浅田家!

  4. Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド
  5. 映画『トロールズ ミュージック★パワー』
  6. 映画『クライマーズ』ウー・ジン/チャン・ツィイー
    クライマーズ

  7. 映画『アダムス・ファミリー』(アニメーション版)
  8. Netflix映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』デルロイ・リンドー
  9. 映画『エマ、愛の罠』マリアーナ・ディ・ジローラモ/ガエル・ガルシア・ベルナル
    エマ、愛の罠

  10. 映画『マティアス&マキシム』ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス/グザヴィエ・ドラン

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラ
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP