REVIEW

メイ・ディセンバー ゆれる真実【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『メイ・ディセンバー ゆれる真実』ナタリー・ポートマン/ジュリアン・ムーア

REVIEW

トッド・ヘインズ監督の指揮のもと、ナタリー・ポートマン、ジュリアン・ムーアが共演する本作は、1996年に実際に起きた通称 “メイ・ディセンバー事件”をモチーフにしているものの、描いているのは当事者のその後の姿です。ちなみに映画公式資料によると、“メイ・ディセンバー”とは「親子ほど年が離れたカップルという意味の慣用表現」だそうです。実際の“メイ・ディセンバー事件”では、34歳の教師メアリー・ケイ・ルトーノーが、家族がいながら当時12歳だったヴィリ・フアラアウと不倫をし、1997年に発覚後、懲役7年の実刑判決を受けました。当時メアリーはヴィリとの子どもを身ごもっており、服役中に出産。1999年に夫と正式に離婚し出所した後、2005年にヴィリと結婚しましたが、2018年ヴィリの申請により離婚。メアリーは2020年に末期がんで亡くなったとのことです。なお、ケイト・ブランシェット主演の『あるスキャンダルの覚書』はこの事件をモデルに映画化された作品です。

映画『メイ・ディセンバー ゆれる真実』ナタリー・ポートマン

本作のストーリーは、事件から何年も経った後、事件が映画化されることになり、主演を務めるエリザベス(ナタリー・ポートマン)が役作りの取材のために、当事者であるグレイシー(ジュリアン・ムーア)とジョー(チャールズ・メルトン)の家に訪れるところから始まります。そして、エリザベスがグレイシーとジョーの生活に入り込んだことで静かに波が立ち始めます。グレイシーとジョーは一見穏やかに過ごしているようでいて、それぞれの苦悩が垣間見えてきます。そこに割って入っているエリザベスの存在は、好奇の目を輝かせる大衆の象徴のように映ります。

映画『メイ・ディセンバー ゆれる真実』ナタリー・ポートマン/チャールズ・メルトン

セリフも秀逸で、エリザベスの深層心理が漏れてしまうシーンがあります。人が理解し難い出来事を見聞きした時、真相を知りたくなるのは自然です。ただ、エリザベスの言動を観ていると、娯楽で溢れている現代社会で、人の感覚はおかしくなっているのかもしれないことにハッとさせられます。だから、エリザベスの視点でグレイシーとジョーを観ていた場合、“部外者”として観ていた自分自身の狂気をあぶり出され、偽善を暴かれたような居心地の悪さを感じるかもしれません。私の場合は、グレイシーとジョーの関係が純愛だったのかどうかを読み解こうとしていた自分がエリザベスと同じだと気付かされると同時に、自分の歪んだ好奇心に気付かされたという感覚を味わいました。だからこそ、ラストのエリザベスが滑稽に映る様子にすごく辛辣なメッセージがあるように思います。とにかく部外者のつもりで観ても心情を掻き乱されるストーリーです。ある意味、強烈な映画体験ができる作品です。

デート向き映画判定

映画『メイ・ディセンバー ゆれる真実』ナタリー・ポートマン/ジュリアン・ムーア

心がざわつくストーリーなので、デートには不向きでしょう。キャラクター達の心情について想像を掻き立てられるので、見入ってしまうと思います。1人でじっくり観るか、鑑賞後に気を使わずに感想を語れる友達と行くのが良いのではないでしょうか。本作では年の差が大きなテーマとなっていながら、年の差がなくても、今の自分達の関係に何か思うところがある方が観ると、良くも悪くも何らかの影響を受けるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『メイ・ディセンバー ゆれる真実』ジュリアン・ムーア/チャールズ・メルトン

R-15なので15歳未満の方は観られません。ティーンの目線で本作を観ると、かなり複雑な心境になると思います。恋愛感情が芽生えてくる時期だからこそ、ジョーの気持ちを等身大で理解できる部分もあるかもしれません。映画で正しい答えが提示されているわけではないのと同じく、最後は自分で自分の気持ちを見つけるしかありません。自分に正直に、その感情を大事にしてください。

映画『メイ・ディセンバー ゆれる真実』ナタリー・ポートマン/ジュリアン・ムーア

『メイ・ディセンバー ゆれる真実』
2024年7月12日より全国公開
R-15+
ハピネットファントム・スタジオ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2023. May December 2022 Investors LLC, ALL Rights Reserved.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年7月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP