REVIEW

胸騒ぎ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『胸騒ぎ』

REVIEW

『胸騒ぎ』というタイトルなので、最初からネガティブな要素にアンテナが立ってしまい、胸騒ぎしかしません(笑)。良からぬことが起きるのは覚悟するものの、どんな良からぬことなのかは予想がつかないままストーリーが進んでいくので、さまざまな想像が掻き立てられます。
登場人物は、デンマーク人一家のビャアンとルイーセと娘のアウネス、そしてオランダ人一家のパトリックとカリン、息子のアーベルです。2つの家族は休暇中に訪れたイタリアで出会い、意気投合します。帰国後、パトリックとカリンからイタリアの思い出の写真が載ったハガキでオランダへ遊びにこないかと誘われたビャアンとルイーセは、悩んだあげく一家でパトリック達の家を訪問することに。最初は再会を喜ぶものの、ビャアンとルイーセは、パトリックとカリンの一見些細な言動に戸惑い始めます。デンマーク人とオランダ人というお国柄の違い、それぞれの家族の価値観の違いなど、そりゃ旅先で意気投合したからといって、合わないところもあるよねという感覚で観ようとするものの、それでもやっぱり何か居心地が悪いと観ている側も感じます。そんな胸騒ぎの正体は何なのか、ただの思い込みなのかどうかが、最後に明らかになります。
クライマックスでは、いろいろな意味で信じられない人間の言動が映し出されていて、彼等にどんな心理が働いているのか考えずにはいられません。この点は別途、心理学のコーナーで取り上げたいと思います。ただ、ここでは1点だけ、明言しておきましょう。本作はある部分では私達誰もが日常で一度は経験したことのある厄介な対人関係をリアルに描いた胸糞映画であり、映画的にも胸糞な展開がある、胸糞映画です(笑)。私の大好物の胸糞映画ということで、本作を観た後はずっと頭から離れません。精神的に健康な時に観てください。

デート向き映画判定

映画『胸騒ぎ』

正直なところ、デートの雰囲気はどんよりしちゃうでしょう(苦笑)。ただ、ビャアンとルイーセの夫婦のやり取りを観て、「自分達ならこうする」など、今後の“作戦”を話し合うきっかけにできるかもしれません。そして、胸糞映画としては鑑賞後に誰かと話したくなる点で会話のネタには困らないでしょう。初デートには向きませんが、2人とも興味があればデートで観るのもアリだと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『胸騒ぎ』スィセル・スィーム・コク

PG-12となっていて、観るなら大人と一緒に鑑賞することが推奨されてはいるものの、かなり衝撃的なシーンもあるので、子どもには刺激が強いです。せめて中学生になってから観るほうが良いでしょう。大人に近づくにつれて、人間関係の範囲が広がっていくことを考えると、世の中にはいろいろな人がいることを知っておいて損はありません。本作を観て、相手がどんな人間かを見極めるタイミング、距離を見直すタイミングをシミュレーションしてみてください。

映画『胸騒ぎ』

『胸騒ぎ』
2024年5月10日より全国公開
PG-12
シンカ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2021 Profile Pictures & OAK Motion Pictures

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年5月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP