REVIEW

マイ・ブロークン・マリコ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁

『マイ・ブロークン・マリコ』というタイトルは、「マイ=私の」や「ブロークン=壊れた」が意味するところが何なのか、興味をそそります。本作は、ある日突然、テレビのニュースで親友の死を知った主人公シイノトモヨ(永野芽郁)が、親友マリコ(奈緒)との日々を振り返りながら、再び前を向こうとする様を描いた物語です。
マリコは子どもの頃から父親に虐待されていて、幼馴染みのトモヨはマリコの苦悩をずっと見てきています。一見トモヨのほうが頼もしく、マリコはか弱いのですが、物語が進むにつれて、違った印象が出てくるのも本作の見どころです。親友がいる方はきっと本作を観ながらその親友のことを思い出すでしょう。お互いが真逆のタイプの場合は余計に、トモヨとマリコのようにそれぞれの弱さをそれぞれの強さで補うような関係にとても共感すると思います。
広くて浅い関係を作りやすい世の中になってきたからこそ、本作で描かれるような唯一無二な親友の尊さを実感します。時代は変わっても、変えてはいけないものがあることを気付くきっかけとして観てみてください。

デート向き映画判定
映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁

デートで観るよりもやっぱり親友と一緒に観て欲しい作品です。もしくは、疎遠になってしまった親友を思って、1人でじっくり観るのも良いでしょう。自分と正反対の親友の場合は特に理解しづらいところがあったり、時には依存されているように感じることもあるでしょう。でも、俯瞰してみると、自分達の関係性で違った一面を発見できるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『マイ・ブロークン・マリコ』窪⽥正孝

大人になってからでも友達はできますが、子どもの頃、学生の頃の友達は特別です。言葉では説明できない、深いところで繋がりを持てる友達は、きっと子どもの頃や10代の頃にしか作れないのではないかと思います。本作を観た時に、自分達のことのように思えたら、その友達をずっと大切にしてください。
1点だけ、本作の中には自傷シーンが含まれます。R指定はついていないようですが、せめて高校生以上になってから観るほうが良さそうに思います。そして心が健康な時に観てください。

映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁/奈緒

『マイ・ブロークン・マリコ』
2022年9月30日より全国公開
ハピネットファントム・スタジオ、KADOKAWA
公式サイト

© 2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~』ニコール・キッドマン エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~【レビュー】

ニコール・キッドマン(主演兼製作総指揮)と『フェアウェル』のルル・ワンがタッグを組んだ本シリーズは…

映画『ハクソー・リッジ』ルーク・ブレイシー ルーク・ブレイシー【プロフィールと出演作一覧】

1989年4月26日生まれ。オーストラリア、シドニー出身。ベルビュー・ヒルにあるスコッツ・カレッジで学び…

映画『悪は存在しない』西川玲 悪は存在しない【レビュー】

『悪は存在しない』というタイトルにインパクトがあり、鑑賞中はどういう意味が込められているのか…

中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』QUOカード 中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 海外ドラマ『エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~』ニコール・キッドマン
  2. 映画『悪は存在しない』西川玲
  3. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  4. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  5. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス

PRESENT

  1. 中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』QUOカード
  2. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  3. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
PAGE TOP