REVIEW

人間の時間

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『人間の時間』藤井美菜/チャン・グンソク

今作も相変わらず、我が道をゆくスタイルで、キム・ギドク節が炸裂。ツッコミどころは満載ですが、意図するところがあっての演出だということがわかると違和感は軽減されます(笑)。そして、その意図を考えながら観るのがキム・ギドク監督作品の醍醐味です。今作の物語の舞台は船上で、あることをきっかけに船は孤立無援の状態になり、追い込まれた人間達が狂気に陥っていきます。人間の欲望、本能、本性がどんどん露わになっていくなか、「人間の尊厳はどこまで保てるのだろう?」「人間の本能はどこまで暴走するのだろう?」という両極の問いが同時進行していきます。今作も物議を醸す内容で哲学的であると同時に、もうぶっ飛び過ぎていて怖がったほうが良いのか、笑っちゃっても良いのか、とにかく感情が忙しく動かされる作品になっています。今回、キム・ギドク監督にインタビューさせて頂いたので、鑑賞前か後にお読み頂ければ、背景や監督の意図などがより一層わかると思います。そして、チャン・グンソクがこれまでのイメージを覆すキャラクターを演じている点や、アン・ソンギ、イ・ソンジェ、リュ・スンボムなど実力派俳優の怪演も見ものですよ。

デート向き映画判定
映画『人間の時間』チャン・グンソク

とんでもないシーンが続々と出てくるので、デートでは観ないほうが良さそうです(苦笑)。そして、女性には特に辛いシーンが複数あります。もし女性がチャン・グンソクが好きだとしても、この映画はいつも観ているチャン・グンソクではないので、その点でも誘う時に要注意です。2人ともキム・ギドク監督作が好きなら、期待通りに楽しめると思うので観てみてください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『人間の時間』藤井美菜/オダギリジョー

18歳未満の人は観られません。18歳以上でも、あまり内容を知らずに観るといろいろとビックリすると思います。激しい描写が苦手な人は、たくさんいろいろな映画を観て、免疫がついてから観るほうが良いでしょうし、キム・ギドク監督作ってこういう感じなんだとわかってから観るほうが理解が深まるでしょう。逆にこの作品からキム・ギドク監督作にチャレンジする人は、本作を観てから過去作を観ると、キム・ギドク監督作のスタイルなどがわかってくるので、ぜひ他の作品も観てみてください。

映画『人間の時間』

『人間の時間』
2020年3月20日より全国順次公開
R-18+
太秦
公式サイト

© 2018 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved. 

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マッチング』土屋太鳳 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年2月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年2月】のアクセスランキングを発表!

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ DOGMAN ドッグマン【レビュー】

本作はリュック・ベッソンが実際の事件に着想を得て脚本、監督を担当し、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズを主演に迎えて制作した…

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マッチング』土屋太鳳
  2. 映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
  3. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  4. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  5. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP