REVIEW

NOPE/ノープ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『NOPE/ノープ』ダニエル・カルーヤ

キービジュアルは暗い空に大きな雲が浮かんでいるだけで、謎だらけ。本編の前半も一体何が起こっているのか謎が多いまま進んでいきます。そして、タイトルの“NOPE”とは、「いいえ」と否定する返事を意味するスラングで、これまた内容とどう関係しているのか謎が多く、前半は頭の中が「???」となりながらも物語に引き込まれます。
ただ、後半になり真相が明らかになってもなお謎が深まるばかり。今度は一体この映画は何をいいたいのかという考えが頭をよぎります。ここで意味不明だと諦めるととてももったいない!なぜ『NOPE』なのか、“アレ”は何を象徴しているのか、想像しながら観ると大変おもしろく思えてくるはずです。
本作はジョーダン・ピール監督作というところで、必ず何かしら社会風刺や哲学が入っていると期待しますよね。きっとそれは期待通りだと思います。結局のところ答えは観る人それぞれに出てくるのではないかと思いますが、何かにピンときたら、途端にストーリーの深さ、比喩などの巧みさを感じられると思います。

ここから、私なりの解釈を書くので、何も知りたくない方は観終わってから読んでください。

私は“アレ”を恐怖の象徴ではないかと解釈しました。目を合わせると襲われるというところで、恐怖を意識してしまうとそこから逃れられなくなることの比喩とも受け取れます。恐怖にばかり目を向け続ければ呑み込まれるけれど、ずっと「nope=いいえ」と現実を否定し続けて、目を合わせずに避けているばかりでも一生逃げ続けることになります。だから、覚悟を決めたら立ち向かうというストーリーにしたのではないでしょうか。また、動物が印象的に描かれています。これは、人間も含めた動物に備わる本能を意味しているように思います。恐怖は内側にも外側にもあり、恐怖を与える側にもなれば恐怖に襲われる側にもなるということです。さらに、“アレ”をネタにしようとする輩がたくさん登場します。人の恐怖をエサにして、結局自分も喰われてしまうか、まだ喰われていないだけで自分だけは大丈夫だと傍観しているのです。これはまさに人間社会の縮図の比喩ではないかとも感じました。皆さんもぜひ想像を膨らませて本作を楽しんでください。

デート向き映画判定
映画『NOPE/ノープ』キキ・パーマー/ブランドン・ペレア

どういうスタンスで観るかによって、好みが分かれそうな作品です。観たそのままを楽しむのもアリだとは思いますが、正直それだけではキョトンとなってしまう方もいそうです。そういった点で映画鑑賞を同じ意識レベルで共有したい方は、お互いの鑑賞スタンスの違いがあってもオーケーかどうか考えてから、デートで観るか友達と観るか、1人で観るか決めると良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『NOPE/ノープ』スティーヴン・ユァン

キッズにはまだ難しいかもしれませんが、ティーンの皆さんは想像力が豊かなので、いろいろな解釈をしながら観られると、映画という芸術の醍醐味を感じられるかもしれません。観終わった後に誰かと解釈を述べ合うと一層おもしろみを感じる内容でもあるので、議論好きな友達を誘うのも良いでしょう。

映画『NOPE/ノープ』

『NOPE/ノープ』
2022年8月26日より全国公開
東宝東和
公式サイト

©2021 UNIVERSAL STUDIOS

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP