REVIEW

NOPE/ノープ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『NOPE/ノープ』ダニエル・カルーヤ

キービジュアルは暗い空に大きな雲が浮かんでいるだけで、謎だらけ。本編の前半も一体何が起こっているのか謎が多いまま進んでいきます。そして、タイトルの“NOPE”とは、「いいえ」と否定する返事を意味するスラングで、これまた内容とどう関係しているのか謎が多く、前半は頭の中が「???」となりながらも物語に引き込まれます。
ただ、後半になり真相が明らかになってもなお謎が深まるばかり。今度は一体この映画は何をいいたいのかという考えが頭をよぎります。ここで意味不明だと諦めるととてももったいない!なぜ『NOPE』なのか、“アレ”は何を象徴しているのか、想像しながら観ると大変おもしろく思えてくるはずです。
本作はジョーダン・ピール監督作というところで、必ず何かしら社会風刺や哲学が入っていると期待しますよね。きっとそれは期待通りだと思います。結局のところ答えは観る人それぞれに出てくるのではないかと思いますが、何かにピンときたら、途端にストーリーの深さ、比喩などの巧みさを感じられると思います。

ここから、私なりの解釈を書くので、何も知りたくない方は観終わってから読んでください。

私は“アレ”を恐怖の象徴ではないかと解釈しました。目を合わせると襲われるというところで、恐怖を意識してしまうとそこから逃れられなくなることの比喩とも受け取れます。恐怖にばかり目を向け続ければ呑み込まれるけれど、ずっと「nope=いいえ」と現実を否定し続けて、目を合わせずに避けているばかりでも一生逃げ続けることになります。だから、覚悟を決めたら立ち向かうというストーリーにしたのではないでしょうか。また、動物が印象的に描かれています。これは、人間も含めた動物に備わる本能を意味しているように思います。恐怖は内側にも外側にもあり、恐怖を与える側にもなれば恐怖に襲われる側にもなるということです。さらに、“アレ”をネタにしようとする輩がたくさん登場します。人の恐怖をエサにして、結局自分も喰われてしまうか、まだ喰われていないだけで自分だけは大丈夫だと傍観しているのです。これはまさに人間社会の縮図の比喩ではないかとも感じました。皆さんもぜひ想像を膨らませて本作を楽しんでください。

デート向き映画判定
映画『NOPE/ノープ』キキ・パーマー/ブランドン・ペレア

どういうスタンスで観るかによって、好みが分かれそうな作品です。観たそのままを楽しむのもアリだとは思いますが、正直それだけではキョトンとなってしまう方もいそうです。そういった点で映画鑑賞を同じ意識レベルで共有したい方は、お互いの鑑賞スタンスの違いがあってもオーケーかどうか考えてから、デートで観るか友達と観るか、1人で観るか決めると良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『NOPE/ノープ』スティーヴン・ユァン

キッズにはまだ難しいかもしれませんが、ティーンの皆さんは想像力が豊かなので、いろいろな解釈をしながら観られると、映画という芸術の醍醐味を感じられるかもしれません。観終わった後に誰かと解釈を述べ合うと一層おもしろみを感じる内容でもあるので、議論好きな友達を誘うのも良いでしょう。

映画『NOPE/ノープ』

『NOPE/ノープ』
2022年8月26日より全国公開
東宝東和
公式サイト

©2021 UNIVERSAL STUDIOS

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ソングバード』ソフィア・カーソン ソングバード

物語の舞台は2024年。コロナウイルスの猛威がさらにエスカレートし…

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

映画『アイ・アム まきもと』でんでん でんでん

1950年1月23日、福岡県生まれ。渥美清に憧れ弟子入りしたく高校卒業後に上京…

映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン 1950 鋼の第7中隊

ツイ・ハーク、チェン・カイコー、ダンテ・ラムが監督を務め、製作費270億円が投じられた本作は…

映画『NOPE/ノープ』キキ・パーマー キキ・パーマー

1993年8月26日アメリカ、イリノイ州ハーヴェイ生まれ。シンガー、俳優、声優など…

映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー ドライビング・バニー

キービジュアルから、ポップで可愛い映画なのかと思いきや…

映画『ぼくらのよあけ』 『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン リティク・ローシャン

1974年1月10日インド、ムンバイ生まれ。父はプロデューサー、監督、脚本家、俳優である…

映画『アムステルダム』ワールドプレミア、クリスチャン・ベール夫妻 クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビーら豪華キャスト&スタッフ集結!『アムステルダム』ワールドプレミア

デヴィッド・O・ラッセル監督による7年ぶりの新作『アムステルダム』が、2022年10月28日より全国公開となります。先日、ニューヨークにてワールドプレミアが開催され、クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントンをはじめ、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロら豪華キャスト&スタッフが一堂に会しました。

海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ デビアスなメイドたち

『デスパレートな妻たち』が好きな人にオススメ!

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  3. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ

おすすめ記事

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回…

記事作成部活20220720:初秋最新作 あなたの映画愛、ドラマ愛を形に!【記事作成部活】2022年9月度参加者募集

9月は韓国ドラマの回もオンラインで実施します!

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

REVIEW

  1. 映画『ソングバード』ソフィア・カーソン
    ソングバード

  2. 映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン
  3. 映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー
  4. 海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ
  5. 映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁
  6. 映画『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ
  7. 映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』ヒュー・ボネヴィル/ローラ・カーマイケル/ジム・カーター/ブレンダン・コイル/ミシェル・ドッカリー/ケヴィン・ドイル/ジョアン・フロガット/マシュー・グード/ハリー・ハッデン=パトン/デヴィッド・ヘイグ/ジェラルディン・ジェームズ/ロブ・ジェームス=コリアー/サイモン・ジョーンズ/アレン・リーチ/フィリス・ローガン/エリザベス・マクガヴァン/ソフィー・マックシェラ/タペンス・ミドルトン/スティーヴン・キャンベル・ムーア/レスリー・ニコル/ケイト・フィリップス/マギー・スミス/イメルダ・スタウントン/ペネロープ・ウィルトン/ヒュー・ダンシー/ローラ・ハドック/ナタリー・バイ/ドミニク・ウェスト
  8. 映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン
  9. 映画『秘密の森の、その向こう』ジョセフィーヌ・サンス/ガブリエル・サンス
  10. 映画『LAMB/ラム』ノオミ・ラパス/ヒルミル・スナイル・グズナソン
    LAMB/ラム

PAGE TOP