REVIEW

楽園

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『楽園』綾野剛/杉咲花

心が繊細で人に優しくしようとする者が生きづらい社会、どこに行っても弱肉強食で、自分らしく生きるよりも、うまく生きていくことに皆必死になっている社会が蔓延しているんだなと、悲しくなります。こんな世の中では、住む土地を何度変えても、”楽園”にたどり着けるわけがありません。でも、誰もが器用に生きられるわけではなく、壊れてしまう人間もいます。彼らを観ていると、死にたくないし、壊れたくないと考えた時、自尊心、自分らしさ、人間として自分が生きる意味はどこまで持ち続けられるのかと、疑問が湧いてきます。自分自身を守るってすごく難しいし、さらに人を守ることってもっと難しい。それができる人ってスゴいと思うと同時に、そうできる人だって脆い部分もあって、必ずしも強くないんだと知らしめるストーリーでもあります。そうなると、何のために人間は生きているんだろう、心から感じる幸せって何なんだろうと、改めて考えさせられます。

デート向き映画判定
映画『楽園』佐藤浩市

重い内容で、悶々とする展開が多くあるので、初デートなど、ウキウキしたムードを保ちたいデートには不向きだと思います。でも、いろいろな人間が描かれている本作を観て、自分達がどんな人間でありたいかを考えさせられるので、感想には価値観が出ると思います。相手ともっと深い話をしてみたい人は、一緒に観ると良いかも知れません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『楽園』綾野剛

キッズにはまだ難しい部分があると思いますが、中学生以上ならいろいろな立場の人間の心情をリアルにイメージしながら観られると思います。自分は良かれと思ってやったことなのに、周囲に理解されなかったり、反発されたりすることは誰にでもあるでしょう。本作にはそういった苦しみに押しつぶされていく人達の苦悩が描かれていますが、こういう物語を観ることで、人間というものを俯瞰して、自分がどんな人間になりたいか考えるきっかけにできると思います。

映画『楽園』綾野剛/杉咲花/村上虹郎/片岡礼子/黒沢あすか/石橋静河/根岸季衣/柄本明/佐藤浩市

『楽園』
2019年10月18日より全国公開
KADOKAWA
公式サイト

© 2019「楽園」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マッチング』土屋太鳳 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年2月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年2月】のアクセスランキングを発表!

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ DOGMAN ドッグマン【レビュー】

本作はリュック・ベッソンが実際の事件に着想を得て脚本、監督を担当し、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズを主演に迎えて制作した…

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マッチング』土屋太鳳
  2. 映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
  3. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  4. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  5. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP