イイ俳優セレクション

綾野剛(あやの ごう)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『最後まで行く』綾野剛

1982年1月26日、岐阜県生まれ。2000年3月、高校卒業と同時に上京し、モデルとバンド活動を経て2003年に『仮面ライダー555』で俳優デビュー。当時は音楽プロジェクトmr.a(ミスター・ドット・エー)において作詞、作曲を手掛けており、2006年の主演作『全速力海岸』では、すべての楽曲の作詞作曲を担当した。2007年の『Life』でも主演と音楽を兼任。2008年にバンドの解散を発表し、その後は俳優として映画『奈緒子』『クローズZEROⅡ』『TAJOMARU』などに出演。2012年に連続テレビ小説『カーネーション』に出演したことで一気に人気が上昇。2013年には『八重の桜』で初の大河ドラマ出演を果たす。また同年に出演したTVドラマ『最高の離婚』で東京ドラマアウォード2013で助演男優賞を受賞。さらに2014年には、映画『横道世之介』『夏の終り』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞に選ばれ、2015年『そこのみにて光輝く』では、第88回キネマ旬報ベスト・テン、第69回毎日映画コンクール、第36回ヨコハマ映画祭など数々の映画賞で主演男優賞を受賞した。

イイ男セレクション/出演作

『2番目の彼女』『NANA』『全速力海岸』『イヌゴエ 幸せの肉球』『Life』『奈緒子』『愛のむきだし』『クローズ ZERO II』『TAJOMARU』『渋谷』『シュアリー・サムデイ』『SP THE MOTION PICTURE 野望篇』『GANTZ』『あぜ道のダンディ』『うさぎドロップ』『目を閉じてギラギラ』『孤独な惑星』『はさみ hasami』『ヘルタースケルター』『るろうに剣心』『新しい靴を買わなくちゃ』『その夜の侍』『ワーキング・ホリデー』『たとえば檸檬』『横道世之介』『シャニダールの花』『ガッチャマン』『夏の終り』『そこのみにて光輝く』『ルパン三世』『白ゆき姫殺人事件』『新宿スワン』『ピース オブ ケイク』『天空の蜂』『リップヴァンウィンクルの花嫁』『64-ロクヨン-前編』『64-ロクヨン-後編』『日本で一番悪い奴ら』『怒り』『新宿スワンⅡ』『武曲 MUKOKU』『亜人』『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』『パンク侍、斬られて候』『楽園』『閉鎖病棟—それぞれの朝—』『影裏』『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』『ヤクザと家族 The Family』『ホムンクルス』『最後まで行く』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

『クローズ ZERO II』と『GANTZ』の役が強烈に印象に残って、そこからすごく注目するようになりました。悪役をやらせても、ダメ男をやらせても、イケメンをやらせても何でもやってのける彼は本当に名優だと思います。最初はカッコ良いという目で観ていませんでしたが、『新しい靴を買わなくちゃ』の記者会見の際に、共演の女優さんのエスコートがかなりスマートで素敵だったので、その辺りから彼を見る目が変わりました(笑)。『リップヴァンウィンクルの花嫁』では、一人で何面も持っているようなおもしろい役をやっていたのですが、本当に心掻き乱されました。『日本で一番悪い奴ら』でも、多面的で複雑なキャラクターを好演。『亜人』では見事過ぎる肉体を披露していて、マッチョ好きとしてはたまらない魅力を感じました。ずっと目が離せない俳優さんですね。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『最後まで行く』
2023年5月19日より全国公開

映画『最後まで行く』岡田准一/綾野剛

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『NANA』

『Life』

『奈緒子』

『愛のむきだし』

『クローズ ZERO II』

『TAJOMARU』

『GANTZ』

『うさぎドロップ』

『ヘルタースケルター』

『るろうに剣心』

『新しい靴を買わなくちゃ』

『横道世之介』

『シャニダールの花』

『ガッチャマン』

『夏の終り』

『そこのみにて光輝く』

『ルパン三世』

『白ゆき姫殺人事件』

『新宿スワン』

『ピース オブ ケイク』

『天空の蜂』

『リップヴァンウィンクルの花嫁』

『64-ロクヨン-前編』

『日本で一番悪い奴ら』

『怒り』

『新宿スワンⅡ』

『武曲 MUKOKU』

『亜人』

『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』

『パンク侍、斬られて候』

『楽園』

『影裏』

『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』

『ヤクザと家族 The Family』

『ホムンクルス』

©2012「新しい靴を買わなくちゃ」製作委員会
© 2013『横道世之介』製作委員会
©タツノコプロ/2013 映画「ガッチャマン」製作委員会
©2012 年映画『夏の終り』製作委員会
©2014佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会
©2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 ©湊かなえ/集英社
©2013 WOWOW INC. ©2014 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
©2014 モンキー・パンチ/「ルパン三世」製作委員会
©2014佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会
©2015「新宿スワン」製作委員会
©2015ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」制作委員会
©2016映画「64」製作委員会
©RVWフィルムパートナーズ
© 2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
©2017「新宿スワンII」製作委員会
©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
©2017映画「亜人」製作委員会 ©桜井画門/講談社
©2017 映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」製作委員会 ©2014 田中経一/幻冬舎
©エイベックス通信放送
© 2019「楽園」製作委員会
©2019「閉鎖病棟」製作委員会
©2020「影裏」製作委員会
©2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
© 2021『ヤクザと家族The Family』製作委員会
©2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ
© 2023映画「最後まで行く」製作委員会

関連記事

from 2013/8/2

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  2. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  3. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  4. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  5. 映画『蛇の道』柴咲コウ

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP