イイ俳優セレクション

佐藤浩市(さとう こういち)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『20歳のソウル』佐藤浩市

1960年12月10日、東京都生まれ。父は三國連太郎、息子は寛 一 郎(2017年俳優デビュー)。1981年に『青春の門』で映画初出演し、第24回ブルーリボン賞新人賞を受賞。その後、多くの映画やテレビドラマで活躍。受賞歴は、1994年の『忠臣蔵外伝 四谷怪談』と、2016年の『64-ロクヨン-』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。さらに『ホワイトアウト』『壬生義士伝』でアカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞した。近年の主な映画出演作には『亡国のイージス』『大鹿村騒動記』『あなたへ』『のぼうの城』『草原の椅子』『許されざる者』『人類資金』『バンクーバーの朝日』『愛を積むひと』『HERO』『起終点駅 ターミナル』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『青春の門』『日本海大海戦 海ゆかば』『南極物語』『魚影の群れ』『北の螢』『ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ』『ラブホテル』『犬死にせしもの』『野ゆき山ゆき海べゆき』『人間の約束』『瀬戸内少年野球団・青春篇 最後の楽園』『敦煌』『文学賞殺人事件 大いなる助走』『流転の海』『超少女REIKO』『トカレフ』『忠臣蔵外伝 四谷怪談』『プ』『GONIN』『GONIN2』『美味しんぼ』『らせん』『あ、春』『顔』『ホワイトアウト』『新・仁義なき戦い』『うつつ』『KT』『壬生義士伝』『魔界転生』『蛇イチゴ』『ROCKERS』『感染』『海猫』『亡国のイージス』『THE 有頂天ホテル』『雪に願うこと』『陽気なギャングが地球を回す』『暗いところで待ち合わせ』『愛の流刑地』『天然コケッコー』『スマイル 聖夜の奇跡』『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『花影』『ザ・マジックアワー』『闇の子供たち』『釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様』『秋深き』『次郎長三国志』『誰も守ってくれない』『少年メリケンサック』『アマルフィ 女神の報酬』『カムイ外伝』『ヘヴンズ ストーリー』『最後の忠臣蔵』『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』『大鹿村騒動記』『アンフェア the answer』『ステキな金縛り』『あなたへ』『のぼうの城』『草原の椅子』『遺体 明日への十日間』『許されざる者』『人類資金』『幕末高校生』『バンクーバーの朝日』『愛を積むひと』『HERO』『アンフェア the end』『ギャラクシー街道』『起終点駅 ターミナル』『64-ロクヨン-前編』『64-ロクヨン-後編』『続・深夜食堂』『花戦さ』『北の桜守』『友罪』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』『空母いぶき』『町田くんの世界』『ザ・ファブル』『記憶にございません!』『楽園』『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』『サイレント・トーキョー』『太陽は動かない』『騙し絵の牙』『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』『20歳のソウル』『キングダム2 遥かなる大地へ』『ファミリア』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

渋カッコ良いですよね~。年齢を重ねてからのほうがカッコ良いなと思うようになったのですが、大人独特の色気を感じます。息子さんもデビューしたとのことで、親子共演も楽しみですね。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『20歳のソウル』
2022年5月27日より全国公開

映画『20歳のソウル』神尾楓珠/尾野真千子/福本莉子/佐野晶哉(Aぇ!group/関西ジャニーズJr.)/高橋克典/佐藤浩市

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『青春の門』

『南極物語』

『忠臣蔵外伝 四谷怪談』

『GONIN』

『らせん』

『ホワイトアウト』

『新・仁義なき戦い』

『壬生義士伝』

『魔界転生』

『蛇イチゴ』

『亡国のイージス』

『THE 有頂天ホテル』

『陽気なギャングが地球を回す』

『暗いところで待ち合わせ』

『愛の流刑地』

『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』

『ザ・マジックアワー』

『次郎長三国志』

『誰も守ってくれない』

『アマルフィ 女神の報酬』

『最後の忠臣蔵』

『大鹿村騒動記』

『アンフェア the answer』

『ステキな金縛り』

『のぼうの城』

『草原の椅子』

『遺体 明日への十日間』

『許されざる者』

『人類資金』

『愛を積むひと』

『ギャラクシー街道』

『起終点駅 ターミナル』

『64-ロクヨン-前編』

『花戦さ』

『北の桜守』

『友罪』

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

『空母いぶき』

『町田くんの世界』

『ザ・ファブル』

『記憶にございません!』

『楽園』

『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』

『サイレント・トーキョー』

『太陽は動かない』

『騙し絵の牙』

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』

© 2017「花戦さ」製作委員会
©2018「北の桜守」製作委員会
© 薬丸 岳/集英社 © 2018映画「友罪」製作委員会
©2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会
©2019「ザ・ファブル」製作委員会
© 2019フジテレビ 東宝
© 2020『Fukushima 50』製作委員会
© 2020 Silent Tokyo Film Partners
©吉田修一/幻冬舎 ©2020「太陽は動かない」製作委員会
©2021「騙し絵の牙」製作委員会
© 2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会
© 2022「20歳のソウル」製作委員会

関連記事

from 2017/5/30

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP