イイ男セレクション

柄本明(えもと あきら)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『楽園』柄本明

1948年11月3日、東京都出身。妻は角替和枝、息子は柄本佑柄本時生。自由劇場を経て、1976年に劇団「東京乾電池」を結成。1998年に映画『カンゾー先生』では、報知映画賞最優秀主演男優賞、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞をはじめ、その年の映画賞を総なめにした。その後も多くの作品で映画賞を受賞し、2011年には紫綬褒章を受章。2015年には放送文化基金賞番組部門「演技賞」を受賞。そのほか近年の主な映画出演作に『岸辺の旅』『ベトナムの風に吹かれて』『モヒカン故郷に帰る』『人生の約束』『後妻業の女』『シン・ゴジラ』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『赤塚不二夫のギャグ・ポルノ気分を出してもう一度』『下落合焼鳥ムービー』『ヒポクラテスたち』『セーラー服と機関銃』『道頓堀川』『男はつらいよ』『疑惑』『天城越え』『ダブルベッド』『化粧』『ロケーション』『カポネ大いに泣く』『二代目はクリスチャン』『女咲かせます』『木村家の人々』『敦煌』『もっともあぶない刑事』『ハリマヲ』『マリアの胃袋』『祝辞』『キネマの天地』『青春かけおち篇』『はるかなる甲子園』『良いおっぱい悪いおっぱい』『グッバイママ』『ラストフランケンシュタイン』『幕末純情伝『MANHATTAN KISS』『空がこんなに青いわけがない』『PRIVATE LESSONS』『あひるのうたがきこえてくるよ』『ゴジラVSスペースゴジラ』『Shall We ダンス?』『釣りバカ日誌8』『誘拐』『うなぎ』『身も心も』『鍵』『カンゾー先生』『生きたい』『海賊版ーBOOTLEG FILM』『真夜中まで』『セカンドチャンス』『ラブ・レター』『アナザヘヴン』『NAGISA』『ざわざわ下北沢』『天国までの百マイル』『ターン』『風花』『陰陽師』『ウォーターボーイズ』『仔犬ダン物語』『理髪亭主のかなしみ』『KT』『魔界転生』『さよならクロ』『ドッペルゲンガー』『座頭市』『花』『偶然にも最悪な少年』『油断大敵』『ドラッグストアガール』『解夏』『タカダワタル的』『ゼブラーマン』『ふくろう』『ウイニング・バス』『ニワトリはハダシだ』『月とチェリー』『レイクサイドマーダーケース』『鉄人28号』『恋は五・七・五!』『蝉しぐれ』『スクラップ・ヘブン』『妖怪大戦争』『容疑者 室井慎次』『日本沈没』『嫌われ松子の一生』『やわらかい生活』『ハリヨの夏』『神童』『スターフィッシュホテル』『世界はときどき美しい』『幸福』『呉清源』『やじきた道中 てれすこ』『魍魎の匣』『リアル鬼ごっこ』『ぐるりのこと』『築地魚河岸三代目』『ラストゲーム 最後の早慶戦』『石内尋常高等小学校 花は散れども』『ICHI』『タカダワタル的ゼロ』『世界で一番美しい夜』『花影』『きみの友だち』『イキガミ』『ハッピーフライト』『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』『レインフォール/雨の牙』『余命1ヶ月の花嫁』『ぼくとママの黄色い自転車』『ジョンラーベ』『ゴールデンスランバー』『花のあと』『春との旅』『孤高のメス』『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』『悪人』『桜田門外ノ変』『雷桜』『死刑台のエレベーター』『脇役物語』『ヘブンズストーリー』『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』『忍たま乱太郎』『一枚のハガキ』『神様のカルテ』『電人ザボーガー』『アントキノイノチ』『聯合艦隊司令長官 山本五十六』『逆転裁判』『種まく旅人~みのりの茶~』『この空の花』『映画 妖怪人間ベム』『ばななとグローブとジンベイザメ』『きいろいゾウ』『許されざる者』『利休にたずねよ』『飛べ!ダコタ』『なにもこわいことはない』『神様のカルテ2』『幕末高校生』『オー!ファーザー』『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』『0.5ミリ』『愛を積むひと』『天空の蜂』『岸辺の旅』『ベトナムの風に吹かれて』『正しく生きる』『恋する・ヴァンパイア』『人生の約束』『モヒカン故郷に帰る』『後妻業の女』『ダムキーパー』『シン・ゴジラ』『疾風ロンド』『サバイバルファミリー』『武曲 MUKOKU』『なりゆきな魂、』『猫忍』『悪と仮面のルール』『今夜、ロマンス劇場で』『万引き家族』『空飛ぶタイヤ』『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』『居眠り磐音』『ある船頭の話』『楽園』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

実は昔、柄本明率いる劇団、“東京乾電池”の研究生だった事があるんです。たまに研究生の稽古を覗きにきてくださいましたが、その時はすごく緊張感が高まっていました。急にすごく怒ったと思ったら、笑い出したり、それに戸惑う私達自体が柄本さんの人間ウォッチングの対象になっていたのかなと今では思いますが(笑)、役者の気迫をとても感じました。演技指導の際によく口にされていた「そこにいられるのか」という言葉が今でも印象に残っていますが、その意味が徐々にわかってきて、今では映画や舞台を鑑賞する際に、役者さんが“そこにいられているか”という目線で私も観るようになりました。そうすると、役者さんの演技を以前より堪能できるようになった気がします。多くの映画で活躍する柄本さんですが、舞台に立つ柄本さんはまた違っていて、演技の引き出しの多さに驚かされます。ぜひ舞台の柄本さんも観てみてください。

Recommended by Myson

©2010『桜田門外ノ変』製作委員会
©2013 Warner Entertainment Japan Inc.
© 2013 ZERO PICTURES / REALPRODUCTS
©2015「愛を積むひと」製作委員会
©2016 「モヒカン故郷に帰る」製作委員会
©2016「疾風ロンド」製作委員会
©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
©中村文則/講談社 ©2017「悪と仮面のルール」製作委員会
©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
©2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
©小森陽一/集英社 ©2018 映画「オズランド」製作委員会
© 2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.
© 2019「ある船頭の話」製作委員会

関連記事

from 2017/5/22

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  2. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  3. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  4. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  5. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  6. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  7. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  8. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  9. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  10. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

PAGE TOP