REVIEW

ジョン・ウィック:パラベラム

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ジョン・ウィック:パラベラム』キアヌ・リーブス

シリーズを通して、激しいアクションが魅力ですが、文字通り、ひたすら戦っているという印象で、観ているこちらも戦っているような感覚になり、観終わった後にやりきった感が味わえます。あまりに殺しまくるので、痛々しいシーンは多数あるものの、1つ1つ引きずっている暇がなく、ある意味観やすいと思います。アクションのバリエーションも豊富で、「これはどうだ!」「次はこんなのはどうだ!」と、アクションシーンのフルコースを堪能できて、中でもナイフを使ったシーンは本当に見事です。見せ場となる数々のアクションシーンはそれなりに尺も長いですが、特にこのナイフの戦闘シーンは至近距離で何人もの相手といろいろなナイフを持ち替えては戦い、その俊敏で計算された動きに見入ってしまいます。もう1点印象的だったのは、ハル・ベリーが演じるソフィアと犬がジョン・ウィックと共に戦うシーン。ソフィアの圧倒的強さはもちろん、犬とのコンビネーションも観ていて爽快です。
悪の世界こそ、そこで生きる人はルールに従順である点を象徴するストーリーが興味深い本作。日本のヤクザの風習を彷彿とさせるシーンや、日本人キャラクターも出てきたり、日本とのゆかりを感じられるのも嬉しいところ。シリーズ3作目となり、一旦物語に区切りが付きそうな感じもありつつ、まだまだ物語が続きそうだし、ぜひ続きを観たいと思わせられる内容です。

デート向き映画判定
映画『ジョン・ウィック:パラベラム』キアヌ・リーブス/ハル・ベリー

スピーディーで爽快ではありますが、本当にアクションが激しくて、痛々しいシーンも結構出てくるので、相手の好みや許容範囲を確かめてから誘うほうが良さそうです。ロマンチックなムードになるようなタイプの映画ではなく、ひたすら殺し屋同士が戦っているので、変な気まずさは逆にありません(笑)。日本人キャラクターは、日本人からすると可笑しいので、観た後に少し会話のネタにできそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ジョン・ウィック:パラベラム』キアヌ・リーブス/ランス・レディック

R-15指定で、15歳以上の人が観られる映画ということで、15歳になったらいろいろ観るぞと張り切っている皆さんに、オススメしたいアクション映画です。131分と長めではありますが、息もつかせぬスピードで進んでいくし、アクションも凝っていて、観ていて飽きません。ジョン・ウィックのキャラクターも最高ですが、他にもおもしろいキャラクターがたくさん登場し、カッコイイキャラクターも満載。女子キャラも活躍するので、男女共に楽しめます。

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』キアヌ・リーブス/ハル・ベリー/イアン・マクシェーン/ローレンス・フィッシュバーン

『ジョン・ウィック:パラベラム』
2019年10月4日より全国公開
R-15+
ポニーキャニオン
公式サイト

®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP