取材&インタビュー

キアヌ・リーブス、照れながら忍者ポーズ『ジョン・ウィック:パラベラム』来日

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ジョン・ウィック:パラベラム』来日ジャパンプレミア:キアヌ・リーブス、チャド・スタエルスキ監督/きゃりーぱみゅぱみゅ(劇中曲/花束ゲスト)

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』来日ジャパンプレミア:キアヌ・リーブス、チャド・スタエルスキ監督/きゃりーぱみゅぱみゅ(劇中曲/花束ゲスト)

映画『ジョン・ウィック:パラベラム!』来日ジャパンプレミア:キアヌ・リーブス

シリーズ3作目となる『ジョン・ウィック:パラベラム』をひっさげて、主演のキアヌ・リーブスと、チャド・スタエルスキ監督が来日しました。ファンの前に現れたキアヌは、「ハロー、トウキョウ!コンバンハ」と日本語で挨拶。

映画『ジョン・ウィック:パラベラム!』来日ジャパンプレミア:キアヌ・リーブス
お辞儀が深い!

そして2人を歓迎して、劇中曲として“にんじゃりばんばん”が使われている、きゃりーぱみゅぱみゅも駆けつけました。忍者をイメージした衣装で登場したきゃりーぱみゅぱみゅは、本作の感想について、「スリルなアクションもとってもカッコ良かったんですが、今回は日本をモチーフにしている部分がたくさん出てくるので、そこもすごく注目して観て欲しいなと思います」とコメントしました。

映画『ジョン・ウィック:パラベラム!』来日ジャパンプレミア:きゃりーぱみゅぱみゅ(劇中曲/花束ゲスト)

きゃりーぱみゅぱみゅと初対面したキアヌは、「本当にお会いできて素晴らしいです。きゃりーさんの作品も拝見させて頂いて、すごく興味深いし、エンタメでありながら素晴らしい哲学やハートがこもっていると思ったんですよね。ファンタスティックでした」と言葉をかけました。

映画『ジョン・ウィック:パラベラム!』来日ジャパンプレミア:きゃりーぱみゅぱみゅ(劇中曲/花束ゲスト)

スタエルスキ監督は「本当に“ジョン・ウィック”ワールドの一部になって頂いて、どうもありがとうございます。あなたの素晴らしい作品を映画の中に使えて、スーパーハッピーです」と称賛しました。“にんじゃりばんばん”を使用した経緯については、「いろんな曲を探していたんですけど、アクションとかとも良い対比になるような、楽しくてハッピーになるような曲を聴いていたんです。そして、マーク・ダカスコスのキャラクターにぴったりの曲だなと思いました。そしてあの曲を入れて、編集の部屋で観た時に“パーフェクトだよね!本当にマジックだ”って、皆で言ってました」と、制作時の様子を振り返りました。

映画『ジョン・ウィック:パラベラム!』来日ジャパンプレミア:チャド・スタエルスキ監督

本作は日本に影響を受けた点が多い点について、監督は「キアヌも僕も黒澤明監督の映画が大好きで、侍映画、チャンバラ映画が大好き。日本の漫画もアニメも大好きで、武士道にも非常に感銘を受けているんですね。いろんな武道、武術にも感銘を受けていて、また日本の文化の味わいというのにもとても興味があるので、今回のテーマにいろいろと使わせて頂きました」と話しました。

映画『ジョン・ウィック:パラベラム!』来日ジャパンプレミア:キアヌ・リーブス

続けてキアヌは、「もちろんチャドが言った通りなんですけども、僕達が受けたこの素晴らしい影響、情熱というものを作品として皆様にお返しできるのは大変嬉しいことでもあります」と付け加えました。

映画『ジョン・ウィック:パラベラム!』来日ジャパンプレミア:キアヌ・リーブス、チャド・スタエルスキ監督

さらに本イベントでは、ヒットを祈願して、ホンモノの忍者、弥圓佐助氏が登場し、皆で忍者の印を結びました。厄払いや成功を祈願する印だそうです。最初にお手本が披露されつつ、皆でやるのはその一部ということでしたが、それだけでも意外に難しそうで、キアヌの戸惑った様子がお茶目でした(笑)。

映画『ジョン・ウィック:パラベラム!』来日ジャパンプレミア:キアヌ・リーブス、チャド・スタエルスキ監督/きゃりーぱみゅぱみゅ(劇中曲/花束ゲスト)

最後にキアヌは「今日は来て下さってありがとうございました。実は僕と監督にとって、『ジョン・ウィック:パラベラム』のツアーの最後の地が東京になります。こうやってこの作品を日本に持って来られて、皆さんと分かち合えることを大変光栄に思っております。作品を楽しんでください」と結びました。

映画『ジョン・ウィック:パラベラム!』来日ジャパンプレミア:キアヌ・リーブス、チャド・スタエルスキ監督/きゃりーぱみゅぱみゅ(劇中曲/花束ゲスト)

キアヌは相変わらず謙虚でシャイなところがキュートで、同時に黒いスーツでキメてとてもカッコ良かったです。劇中では同じく黒いスーツで暴れまくっていて、本当にすごいアクションが観られます。日本文化もあらゆるところで登場しますので、ぜひ注目しながらお楽しみください。

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』来日ジャパンプレミア:
2019年9月10日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『ジョン・ウィック:パラベラム!』キアヌ・リーブス/ハル・ベリー

『ジョン・ウィック:パラベラム』
2019年10月4日より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定
ポニーキャニオン

 ®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP