REVIEW

死刑にいたる病

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『死刑にいたる病』阿部サダヲ/岡田健史

気持ち悪い阿部サダヲが最高です。個人的に、コメディ色の強いキャラクターより、本作で演じているような気味の悪いキャラクターを演じる阿部サダヲに惹かれます。そして本作は後味が何とも悪い(笑)。でもそこが魅力です。クライマックスでふっと力を抜いたら、その先にまだシーンがあって、「まだ何かあるの?」と思ったら「わ〜お!」となるので、最後まで席を立たないようにしてください。
本作は、阿部サダヲが演じる連続殺人犯の榛村が、三流大学に通う雅也(岡田健史)に獄中から手紙を出し、雅也が事件の真相を追う様子を描いています。物語の序盤では、榛村が被害者達を拷問しているシーンが生々しく描かれ、思わず目を覆ってしまう方もいると思います。途中にも痛々しいシーンが挟まれ、鑑賞でかなり体力は消耗されるでしょう。合わせて、最後にゾゾゾ〜っとなるので、いろいろな意味で元気な時に観ることをオススメします。作品としてはかなり見応えがありますので、映画好きの期待に応えてくれるのではないでしょうか。

デート向き映画判定
映画『死刑にいたる病』岡田健史

これはデートで観るのはキツイのではないでしょうか。序盤の痛々しいシーンは観るに堪えない方もいると思います。しょっちゅう映画を一緒に観ていて、耐性がついているカップルでも、食事の直前、直後は避けたほうが良いように思います。そして、ロマンチックなムードにはなれませんので、そこは期待せずに観ましょう(笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『死刑にいたる病』阿部サダヲ

PG-12となっていますが、私の感触的にはR-15ではないかと思う内容です。見た目にもかなり辛いシーンがあり、子どもが観るとトラウマになりそうな要素があります。中高生がキーパーソンにもなっているので、ティーンの皆さんは複雑な気分になるところもあるでしょう。興味があればチャレンジしてみると良いですが、できれば先にいろいろな映画を観て耐性をつけてから本作を観るほうが良いのではないでしょうか。

映画『死刑にいたる病』阿部サダヲ/岡田健史/岩田剛典/中山美穂

『死刑にいたる病』
2022年5月6日より全国公開
PG-12
クロックワークス
公式サイト

©2022映画「死刑にいたる病」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『窓ぎわのトットちゃん』 窓ぎわのトットちゃん

原作者である黒柳徹子自身の幼少期を綴った自伝的小説…

映画『イコライザー THE FINAL』ダコタ・ファニング ダコタ・ファニング

1994年2月23日生まれ。アメリカ、ジョージア州コンヤーズ出身。幼少期からテレビドラマやCMに出演。2001年、映画『I am Sam アイ・アム・サム』に出演し…

映画『ウィッシュ』 ウィッシュ

ディズニー100周年を飾る本作には、まさにディズニーが100年間掲げてきた…

映画『ポッド・ジェネレーション』エミリア・クラーク エミリア・クラーク

1986年10月23日生まれ。イギリス、ロンドン出身。HBOのドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のデナーリス・ターガリエン役で…

映画『隣人X -疑惑の彼女-』熊澤尚人監督インタビュー 『隣人X -疑惑の彼女-』熊澤尚人監督インタビュー

今回は『隣人X -疑惑の彼女-』でメガホンをとった熊澤尚人監督にお話を伺いました。群像劇だった小説を映画化する上で工夫された点や、上野樹里さん&林遣都さんと久しぶりにお仕事をされた感想を聞いてみました。

映画『ショータイム!』サブリナ・ウアザニ ショータイム!

観ればきっと行ってみたくなるユニークでアットホームな“農場キャバレー”にまつわる実話…

映画『極限境界線 救出までの18日間』ヒョンビン ヒョンビン

1982年9月25日生まれ。韓国出身。ドラマ『私の名前はキム・サムスン』『雪の女王』など…

映画『エクソシスト 信じる者』オリヴィア・オニール エクソシスト 信じる者

故ウィリアム・フリードキン監督による1973年製作『エクソシスト』から50年の時を経て作られた本作は…

映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ 『ファースト・カウ』一般試写会 15組30名様ご招待

映画『ファースト・カウ』一般試写会 15組30名様ご招待

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』来日記者会見、オールデン・エアエンライク オールデン・エアエンライク

1989年11月22日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。4才の頃から学校やサマーキャンプで劇をし…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』 トーキョー女子映画部正式部員が推す!今観ているアニメシリーズ特集

今回はトーキョー女子映画部正式部員の方々に、「今観ているオススメのアニメシリーズ」について、聞いてみました。

映画『インファナル・アフェア 4K』アンディ・ラウ/トニー・レオン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インファナル・アフェア』

今回は『インファナル・アフェア』のラウ役のアンディ・ラウとヤン役のトニー・レオンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。今回はどんなキャスティング案が挙がったのでしょうか?

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

TSUTAYA TV

REVIEW

  1. 映画『窓ぎわのトットちゃん』
  2. 映画『ウィッシュ』
    ウィッシュ

  3. 映画『ショータイム!』サブリナ・ウアザニ
  4. 映画『エクソシスト 信じる者』オリヴィア・オニール
  5. 映画『VORTEX ヴォルテックス』ダリオ・アルジェント/フランソワーズ・ルブラン

PRESENT

  1. 映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ
  2. 映画『バービー』マーゴット・ロビー/ライアン・ゴズリング
  3. 映画『アクアマン/失われた王国』ジェイソン・モモア
PAGE TOP