REVIEW

死刑にいたる病【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『死刑にいたる病』阿部サダヲ/岡田健史

気持ち悪い阿部サダヲが最高です。個人的に、コメディ色の強いキャラクターより、本作で演じているような気味の悪いキャラクターを演じる阿部サダヲに惹かれます。そして本作は後味が何とも悪い(笑)。でもそこが魅力です。クライマックスでふっと力を抜いたら、その先にまだシーンがあって、「まだ何かあるの?」と思ったら「わ〜お!」となるので、最後まで席を立たないようにしてください。
本作は、阿部サダヲが演じる連続殺人犯の榛村が、三流大学に通う雅也(岡田健史)に獄中から手紙を出し、雅也が事件の真相を追う様子を描いています。物語の序盤では、榛村が被害者達を拷問しているシーンが生々しく描かれ、思わず目を覆ってしまう方もいると思います。途中にも痛々しいシーンが挟まれ、鑑賞でかなり体力は消耗されるでしょう。合わせて、最後にゾゾゾ〜っとなるので、いろいろな意味で元気な時に観ることをオススメします。作品としてはかなり見応えがありますので、映画好きの期待に応えてくれるのではないでしょうか。

デート向き映画判定
映画『死刑にいたる病』岡田健史

これはデートで観るのはキツイのではないでしょうか。序盤の痛々しいシーンは観るに堪えない方もいると思います。しょっちゅう映画を一緒に観ていて、耐性がついているカップルでも、食事の直前、直後は避けたほうが良いように思います。そして、ロマンチックなムードにはなれませんので、そこは期待せずに観ましょう(笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『死刑にいたる病』阿部サダヲ

PG-12となっていますが、私の感触的にはR-15ではないかと思う内容です。見た目にもかなり辛いシーンがあり、子どもが観るとトラウマになりそうな要素があります。中高生がキーパーソンにもなっているので、ティーンの皆さんは複雑な気分になるところもあるでしょう。興味があればチャレンジしてみると良いですが、できれば先にいろいろな映画を観て耐性をつけてから本作を観るほうが良いのではないでしょうか。

映画『死刑にいたる病』阿部サダヲ/岡田健史/岩田剛典/中山美穂

『死刑にいたる病』
2022年5月6日より全国公開
PG-12
クロックワークス
公式サイト

©2022映画「死刑にいたる病」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP