心理学

心理学から観る映画38:なぜ連続殺人犯の獲物になってしまうのか【単純接触効果と処理の流暢性】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『死刑にいたる病』阿部サダヲ

ネタバレ注意!『死刑にいたる病』

後味の悪さが印象的な映画『死刑にいたる病』は、何人もの若者の命を奪い、ようやく投獄された連続殺人犯が、獄中にいてもなお人の心を操り、異常な欲望を満たしていく様を描いています。本作を観ると、なぜ若者達は連続殺人犯の榛村(阿部サダヲ)を信じてしまったのか、そのメカニズムが気になる方もいるのではないでしょうか。今回は、そのメカニズムを心理学の観点から考察します。

榛村は若者達を生きたまま連れ去り、拷問の末に殺害するサイコキラーです。でも、表の顔はベーカリーショップの店長で、お客さんや近所の人には好印象を持たれています。

映画『死刑にいたる病』阿部サダヲ

劇中では、彼が若者達(被害者)をどうやって懐柔したかが明かされており、これは子どもに対する性暴力、性虐待で使われる手口“グルーミング”と似ています。

榛村は真面目で大人しく、1人でいることが多い、頭の良さそうな子をターゲットにします。そして、偶然を装ったりして会う頻度を高めます。この“よく会う”というのがミソで、ここでターゲットにされた子には単純接触効果が起こっていると思われます。

単純接触効果とは、「はじめて接する新奇な対象に繰り返し接することにより、その対象に対する好意が上昇する」状態をさし、「もともと好きでも嫌いでもないような中庸な刺激に対して生じる現象」だとされています(池田ほか,2019)。まさに、ターゲットにされた子にとっては、榛村はただの店員か道で会っただけのおじさんで、中庸な刺激に該当する存在であることからも、単純接触効果が働きやすいと考えられます。

映画『死刑にいたる病』阿部サダヲ

では、単純接触効果はどんなメカニズムで起こるのかというと、諸説あるとされています。ただ、基本的には何度も接触することで、その刺激となる対象について、どういう人物かを判断する処理が容易になること、つまり“処理の流暢性”が、親近感を湧かせ、好意を抱かせる要因になっていると考えられています(池田ほか,2019)。榛村はまずターゲットに何度も会い、最初しばらくは優しく接します。だから、ターゲットにされた子には、「この人は優しい人」というイメージが植え付けられ、ある時点で榛村が危険な人物かはジャッジしなくなるのでしょう。

榛村が1人でいることが多い、頭の良さそうな子を選んでいる点もポイントです。恐らく、ターゲットにされた子は普段物事をよく観察し、分析し、どちらかというと警戒心が強いタイプでしょう。だからこそ、一旦「この人は大丈夫」と判断してしまったら、余計に警戒心を解いてしまう可能性はあります。さらに彼等は1人でいることが多く、頭が良いので自分の判断で行動し、誰かに相談するということもあまりなさそうなので、榛村にとっては絶好のターゲットになってしまいます。

映画『死刑にいたる病』岡田健史

獄中の榛村から手紙をもらったことによって、独自に事件を調査することとなる雅也(岡田健史)も、ターゲットにされた子達と同じ特徴を持っています。雅也は自分の記憶にある榛村のイメージと、連続殺人犯として投獄されている紛れもない事実の狭間で揺れ動きながら、ある真相を突き詰めようと奔走します。雅也が思慮深い人間で、榛村に対して親近感と警戒心を併せ持っていることはシーンから伝わってきます。でも、最終的に知らぬ間に榛村の術中にハマってしまう背景には、別のキャラクターにおける“単純接触効果と処理の流暢性”が働いていたと解釈できます。榛村が雅也に対して下した手口はとても巧妙でしたが、メカニズムはとてもシンプルです。

これは誰にでもできる簡単な手口なので、「自分は騙されない」「自分は大丈夫」と思ってしまいそうですね。でも、油断は禁物。悪いことに巻き込まれないように、こういった心理現象があると念頭におき、“よく会うけど、よく知らない人物”には気を付けましょう。

<参考・引用文献>
池田謙一、唐沢穣、工藤恵理子、村本由紀子(2019)「社会心理学[補訂版]」有斐閣

映画『死刑にいたる病』阿部サダヲ/岡田健史/岩田剛典/中山美穂

『死刑にいたる病』
2022年5月6日より全国公開中
PG-12

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

「そっちか〜!」となる結末(笑)。どんなに警戒していても、油断を招く穴はあることがわかります。

©2022映画「死刑にいたる病」製作委員会

『クリーピー 偽りの隣人』
Amazonプライムビデオにて配信中
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中
R-15+

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

相手は隣人という逃れにくい状況がなお怖いです。

Amazonプライムビデオで観る

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP