REVIEW

Shirley シャーリイ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『Shirley シャーリイ』エリザベス・モス

REVIEW

映画公式資料によると、本作は「アメリカン・ゴシックの女王シャーリイ・ジャクスンの伝記小説に現代的で斬新な解釈を加え」て映画化された作品とのことです。ちなみに、数多くの小説が映画化されているスティーヴン・キングは、シャーリイ・ジャクスンが書いたホラー小説「丘の屋敷」から影響を受けて「シャイニング」を書いたそうです。そんなシャーリイをエリザベス・モスが怪演していて、見た目も、映画公式サイトに載っている写真のシャーリイとそっくりです。

映画『Shirley シャーリイ』エリザベス・モス

物語の舞台は1948年。「ニューヨーク」誌にジャクスンの短編「くじ」が載り、一大センセーションを起こした後、新たに長編小説に挑みつつもスランプに陥っていたシャーリイと夫スタンリー(マイケル・スタールバーグ)が住む家に、スタンリーの助手を務めることになったフレッド(ローガン・ラーマン)と、妻のローズ(オデッサ・ヤング)がやってくるところから始まります。若夫婦はスタンリーから、スランプで引きこもっているシャーリイのために居候をしながら世話をして欲しいと頼まれます。最初、若夫婦はシャーリイの意地悪な態度に腹を立てたり困惑していましたが、シャーリイはローズからインスピレーションを受けるようになり、2人の関係が変わっていきます。

映画『Shirley シャーリイ』エリザベス・モス/オデッサ・ヤング

不機嫌で何を考えているのかわからないシャーリイだけでなく、スタンリーもなかなかの曲者で、観ているとまず若夫婦を心配する気持ちが芽生えます(苦笑)。でも、シャーリイとローズの化学反応が起こり始めると、物語は思わぬ方向へ進んでいきます。だから、良い意味で想像とは違う展開と結末を楽しめます。

映画『Shirley シャーリイ』エリザベス・モス

本作が秀逸なのは、ハッピーエンドなのかバッドエンドなのか、観る人によって異なる点です。そして女性目線では、女性として生きることの辛さと、その辛さに耐えるための強さを両方目撃することができ、不思議な爽快感も味わえます。トリッキーな映像も魅力で、結末で「???」となったとしても、二度目、三度目と観ると一度目で気付けなかったところがわかり、おもしろさがジワジワと増してくると思います。逆にいえば、好みが分かれそうでもありますが、ハマる人はハマるはずです。

デート向き映画判定

映画『Shirley シャーリイ』エリザベス・モス/マイケル・スタールバーグ

性描写が複数出てくるので、初デートで観るには気まずいでしょう。さらに、夫婦関係としても穏やかでない内容が含まれるので、心に何かしらしこりを残したままのカップルが一緒に観ると、良からぬ心配や不安が再発するかもしれません。ただ、観終わった後に摺り合わせをしたくなる要素があるので、仲の良い友達と観るのが良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『Shirley シャーリイ』ローガン・ラーマン/オデッサ・ヤング

大人向けの内容で、集中力や理解力も必要な部分があるので、せめて中学生くらいになってから、さらに映画を観ながら思考を巡らせるのに慣れてきてから観るほうが楽しめると思います。若いうちに一度観て、だいぶ大人になってからもう一度観ると、感じ方が変わるかもしれません。

映画『Shirley シャーリイ』

『Shirley シャーリイ』
2024年7月5日より全国公開
サンリスフィルム
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2018 LAMF Shirley Inc. All Rights Reserved

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年7月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP