REVIEW

存在のない子供たち

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア

両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らず、法的には社会に存在すらしていない少年ゼイン。彼は両親とたくさんの妹、弟と中東の貧民窟で暮らしていて、学校には通わず、12歳(推定)にして雇われ仕事をしたり、路上でモノを売ったりしています。そんな彼の日常が描かれているのですが、とても頭が良く、生きるための防衛本能がすごく身に付いていることが伝わってきます。まだ全くの子どもと言っていいゼインが、自分の身を守るだけではなく、大人達の身勝手な行動を警戒して、弱い立場の妹弟を守ろうとしつつ、どうやっても抗えない状況に陥っていき、無念な思いをするシーンは涙が止まりません。本当に信じられないほど過酷な状況でゼインや子ども達は生きていますが、これは映画の中だけのお話ではありません。ナディーン・ラバキー監督は、ゼインと(いくつかの点で)同じような境遇のゼイン・アル=ラフィーアをキャスティングし、シングルマザーのラヒルも同様のキャスティングを行ったそうです。また、ゼインの母は16人の子どもを持つ女性がモデルになっているそうで、映画と同じような状況で暮らし、6人の子どもを亡くしたとのことです。さらに裁判官も本物の裁判官が起用されました。
本作には貧困、児童虐待、児童婚、人身売買…など、さまざまな問題が映し出されていて、子どもの目にはどんな風に見えているのかがまっすぐに伝わってきます。これは多くの人が知るべき内容です。

デート向き映画判定
映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア

すごく辛い現実が描かれていて、正直デートどころではなくなります。ただ、これから一緒に家族を作ろうとしているカップルや、夫婦なら、一緒に観る意味があると思います。状況は違えど、大人に振り回されるのは子どもであり、子どもはどうすることもできません。だからこそ、まずは子どもの気持ちを理解するところから始めなければいけないと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア

日本にも辛い環境の中で暮らしている子ども達がいるでしょうし、世界にも苦しんでいる子ども達がたくさんいます。自分には関係ないと思わずに、観て欲しいと思います。もし辛い思いをしている友達がいたら、何ができるのかを考えてみてください。行動に移すことは難しいし、どうやって助けたら良いかどうかも、正解を見つけるのはすごく大変です。でも、知ることで寄り添う気持ちが生まれてくればそれが一歩になると思います。

映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア

『存在のない子供たち』
2019年7月20日より全国公開
PG-12
キノフィルムズ
公式サイト

©2018MoozFilms

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『シャイニー・シュリンプス!世界に羽ばたけ』ニコラ・コブ/ミカエル・アビブル/デイヴィット・バイオット/ロマン・ランクリー/ローランド・メノウ他 『シャイニー・シュリンプス!世界に羽ばたけ』公開直前!トークショー付き試写会 20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ホーカスポーカス 2』ベット・ミドラー/サラ・ジェシカ・パーカー/キャシー・ナジミー ホーカスポーカス 2

前作を観た方は「あれ、なぜ2があるの?」と思われるかも…

映画『ザ・メニュー』第47回トロント国際映画祭ワールトプレミア、マーク・スト・シア、ポール・アデルスタイン、エイミー・カレロ、レイフ・ファインズ、ロブ・ヤン、アルトゥーロ・カストロ、ジュディス・ライト レイフ・ファインズ、マーク・マイロッド監督らがレッドカーペットに登場『ザ・メニュー』ワールドプレミア

『ノマドランド』『フレンチ・ディスパッチ』のサーチライト・ピクチャーズが贈る最新作『ザ・メニュー』が、2022年11月28日より全国公開となります。先日、第47回トロント国際映画祭にて本作のワールドプレミアが行われ、レイフ・ファインズやマーク・マイロッド監督らが出席しました。

Amazon Originalドラマ『モアザンワーズ/More Than Words』中川大輔 中川大輔(なかがわ だいすけ)

1998年1月5日生まれ。東京都出身。MEN’S NON-NOの専属モデルとして活躍しながら…

Amazon Original ドラマ『モアザンワーズ/More Than Words』藤野涼子さん、青木柚さん、中川大輔さんインタビュー Amazon Original ドラマ『モアザンワーズ/More Than Words』藤野涼子さん、青木柚さん、中川大輔さん、インタビュー

3人の若者がアイデンティティと自分の心の居場所を模索する10年間を描いたドラマ『モアザンワーズ/More Than Words』。本作で主演を務めた藤野涼子さん、青木柚さん、中川大輔さんにお話をうかがいました。皆さんとお話していると役とすごくリンクして、ドラマからそのまま仲の良い3人が抜け出してきたようでした。

映画『バッドガイズ』 バッドガイズ

強面で皆から恐れられる怪盗集団“バッドガイズ”の面々は…

映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』ケヴィン・ドイル他 ケヴィン・ドイル

1960年4月10日イギリス生まれ。ドラマ『ダウントン・アビー』で…

映画『ソングバード』ソフィア・カーソン ソングバード

物語の舞台は2024年。コロナウイルスの猛威がさらにエスカレートし…

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

映画『アイ・アム まきもと』でんでん でんでん

1950年1月23日、福岡県生まれ。渥美清に憧れ弟子入りしたく高校卒業後に上京…

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  3. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ

おすすめ記事

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回…

記事作成部活20220720:初秋最新作 あなたの映画愛、ドラマ愛を形に!【記事作成部活】2022年9月度参加者募集

9月は韓国ドラマの回もオンラインで実施します!

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

REVIEW

  1. 映画『ホーカスポーカス 2』ベット・ミドラー/サラ・ジェシカ・パーカー/キャシー・ナジミー
  2. 映画『バッドガイズ』
    バッドガイズ

  3. 映画『ソングバード』ソフィア・カーソン
    ソングバード

  4. 映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン
  5. 映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー
  6. 海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ
  7. 映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁
  8. 映画『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ
  9. 映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』ヒュー・ボネヴィル/ローラ・カーマイケル/ジム・カーター/ブレンダン・コイル/ミシェル・ドッカリー/ケヴィン・ドイル/ジョアン・フロガット/マシュー・グード/ハリー・ハッデン=パトン/デヴィッド・ヘイグ/ジェラルディン・ジェームズ/ロブ・ジェームス=コリアー/サイモン・ジョーンズ/アレン・リーチ/フィリス・ローガン/エリザベス・マクガヴァン/ソフィー・マックシェラ/タペンス・ミドルトン/スティーヴン・キャンベル・ムーア/レスリー・ニコル/ケイト・フィリップス/マギー・スミス/イメルダ・スタウントン/ペネロープ・ウィルトン/ヒュー・ダンシー/ローラ・ハドック/ナタリー・バイ/ドミニク・ウェスト
  10. 映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン
PAGE TOP