特集

映画を観て考える、子どもの心〜児童虐待と家庭の問題〜

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア

児童虐待に関するニュースが後を絶ちませんが、厚生労働省による調査では、平成24年度の虐待対応件数は66,701件で、統計を取り始めてから毎年増加、平成11年度の約5.7倍となっています。また、認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワークが発表しているデータでは、平成30年時点で、児童相談所における児童虐待相談対応件数は159,850件にも及んでいます。ただ、児童虐待は家庭内など閉鎖されたところで行われ、助けを求められずにいるケースが多く、相談件数よりももっと多くの児童虐待が行われている可能性もあります。
児童虐待のニュースを目にする度に、何かできないものかと考えますが、第三者の立場だと、介入すべきかどうか判断するのも難しいのが正直なところです。
映画でも、困窮する子ども達を映し出したものはいくつもありますが、いろいろな背景があり、解決の難しさを痛感します。今回はそんな映画をご紹介しながら、子どもが苦しむ状況になってしまう問題を考えてみたいと思います。

映画というところで、作り手の主観的な解釈で演出されている可能性がある点を踏まえて、考えてみました。当事者の方の言い分、こういった事情をよく知る方の見解もいろいろあると思いますので、いち意見としてご覧頂ければと思います。

児童虐待の定義  ※厚生労働省のWEBサイトより

児童虐待は以下のように4種類に分類されます。

●身体的虐待 :殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など
●性的虐待 :子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など
●ネグレクト :家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など
●心理的虐待 :言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

小さいジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひ観てみてください。

大人が思う以上に、子どもはすごく考えている

存在のない子供たち

映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア

貧しくて、子どもが多い一家で、大人以上に弟妹達の将来を心配し、責任感をもって面倒をみている少年ゼインの奮闘を描いています。親は子どもに対して全く愛がないのかと言えば、そうでもないようにも見えますが、貧しい人々への救済措置が不足している社会問題も相まって、子ども達にそのしわ寄せがいっています。また、宗教的、文化的な問題で避妊できないのか、国として教育が行き渡っていないのか、これ以上生まれてきても生活が苦しく、生まれた子ども自身が苦しめられる状況の中で、それでも子どもを作る大人に対する警鐘を発する内容になっています。

2019年7月20日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

タロウのバカ

映画『タロウのバカ』YOSHI

タロウというあだ名の少年は、学校にも行かず、名前もわかりません。彼の親はどうしたのかと思ったら…。本作では親について詳細は描かれていませんが、ネグレクトであることが伝わってきます。タロウの「愛って何?」という言葉の根源はここからきているのだと思います。

2019年9月6日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ラブレス

自分達のことしか考えない両親のもとで、完全に存在を軽んじられている子ども。ある出来事の末に両親の態度が変わるかと思いきや…。これは完全に両親本人達の無責任さのせいだと思います。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ラブレス(字幕版)

母さんがどんなに僕を嫌いでも

お母さんが大好きな少年が、大人になっても諦めずに、母との関係を変えようと努力を続ける物語。母が抱えてきた過去などが徐々に明らかになってくると、児童虐待の背景にある問題の複雑さを実感します。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

母さんがどんなに僕を嫌いでも

ジュリアン

父親から母を守ろうとし、両親の間で板挟みになるジュリアン。父親の感情を逆なでしないように振る舞う姿に胸が痛みます。中心となる矛先が子どもでなくても、家庭内暴力は子どもを恐怖に陥れます。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
グザヴィエ・ルグラン監督、トーマス・ジオリアさんインタビュー

ジュリアン[Blu-ray]

シングルマザーの苦悩

マイ・エンジェル

映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール

アルコール中毒で、精神的にも問題を抱えているように思われる母親。娘を愛してはいるようですが、生活もままならず、頼れる男性を探し、娘を放置してしまいます。幼い娘は母の良からぬ行動を真似るようになり…。愛があるからといって、この状況は大問題。娘に手を差し伸べる人物も必要だし、母に手を差し伸べる人物も必要。

2019年8月10日より全国順次公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

フロリダ・プロジェクト

まともな仕事に就けないまま、モーテルで暮らす母と娘。一見モラルがなく、問題行動も多いけれど、彼女達は好きでこうなっているわけではないこともわかります。このままでは子どものために良くないと思っても、引き離されたくない親子を引き裂くのは辛いこと。親子を一緒にいさせてあげたいのはやまやまですが、ではどうすれば良いのか、本当に対処が難しい問題です。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(字幕版)

誰も知らない

存在を隠されて生きている年下の子ども達。母親の理不尽な言いつけにも素直に笑って従っている姿が観ていて辛いです。母親が出て行ったまま、兄弟姉妹がずっと家に残された時、上の子が親代わりになる。まだ大人にならなくて良いのに、こんな風に大人にならざるを得ないなんて残酷です。子どもが子どもらしく過ごす権利があるはず。

誰も知らない

子宮に沈める

実際に大阪で起きた事件をモチーフに作られた映画だそうです。ある意味、旦那の育児放棄から始まり、母親の精神が崩壊していきます。結果だけ見ると、母親が悪いのですが、こうなる前に彼女の夫を含め、何かできたはずと思ってしまいます。

子宮に沈める [DVD]

大人になっても苦しめられる

ロケットマン

映画『ロケットマン』

心理的虐待と言い切って良いのかわかりませんが、それに近いものがあります。子どもの頃の主人公にとって、祖母の存在が唯一の救いですが、大人になってからも両親が彼をひどく苦しめる様子が描かれていて、本当に心苦しいです。

2019年8月23日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

あゝ、荒野

反骨精神を胸に、ボクサーとして這い上がろうとする青年2人。それぞれに親からひどい仕打ちを受けて育った過去を持っています。彼らのように、怒りや悲しみから生まれた感情をプラスのパワーに変えていければ良いですが、その糸口に出会えるきっかけ作りを、第三者がもっと応援できれば良いなと思います。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

あゝ、荒野 前篇

あゝ、荒野 後篇

大人に傷つけられた子どもは、そもそも大人を信じられなくなっている状況で、見知らぬ大人なら尚更、事情を聞こうとしてもすぐに心を開くのは難しいのではないかと思います。そうなると、やはり普段から安心して接することができる大人が身近にいることが大切なのではと考えます。とはいえ、それも簡単にできることではありませんが、小さい一歩からでも踏み出すには、社会全体としての啓蒙がもっと必要だと感じます。

©2018MoozFilms
©2019「タロウのバカ」製作委員会
©2018 WINDY PRODUCTION – MOANA FILMS – MARS FILMS LYNK HOLDINGS LIMITED – MY UNITY PRODUCTION
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』ゾーイ・コレッティ/マイケル・ガーザ/オースティン・ザユル スケアリーストーリーズ 怖い本

本作は、作家でジャーナリストのアルビン・シュワルツの著書「スケアリーストーリーズ 怖い本」を原作に映画化。ギレルモ・デル・トロが原案、製作…

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』オースティン・ザユル 洋画あるある「ツッコミどころ編」

映画を観ていると、「何でやねん!」とツッコミを入れたくなるような、お約束と感じる設定に出くわすことがありますよね。そこで今回は、どれくらい皆さんがそう思って観ているのか調査しました!さらに、ツッコミながら楽しめる編集部オススメ作品も紹介。

映画『初恋』窪田正孝/小西桜子 初恋

タイトルは『初恋』ですが、三池崇史監督作品なので普通の“初々しいラブストーリー”と…

映画『野生の呼び声』ハリソン・フォード 野生の呼び声

本作には、ハリソン・フォード、オマール・シー、ダン・スティーヴンス、カレン・ギランなど豪華キャストが出演していますが、主人公は…

映画『レ・ミゼラブル』 レ・ミゼラブル

ヴィクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」の舞台でもあるパリ郊外のモンフェルメイユは、移民や低所得者が多く住む町です。本作はこの町に今も住むラジ・リ監督が、実際に起こった出来事を…

映画『ソン・ランの響き』エン・ビン・ファット リエン・ビン・ファット

1990年キエンザン省生まれ。在学中に人気バラエティ番組“Running Man Vietnam(原題)”に出演し、人気を博す。その後3ヶ月に…

映画『架空OL日記』バカリズム/夏帆/臼田あさ美/佐藤玲/山田真歩 架空OL日記

バカリズムが普通にOLとして主人公を務めていて、まずそこが…

映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン 『フェアウェル』10組20名様 監督登壇ジャパンプレミア試写会ご招待

ルル・ワン監督登壇予定の『フェアウェル』ジャパンプレミア試写会に10組20名様ご招待

映画『2分の1の魔法』ワールドプレミア、クリス・プラット、トム・ホランド、ダン・スキャンロン監督他 クリス・プラットとトム・ホランドが、兄弟の絆を語る!『2分の1の魔法』ワールドプレミア

ディズニー/ピクサー最新作『2分の1の魔法』が、3月13日に全国公開となります。そして、このたび全世界の公開に先駆け、主人公イアン役のトム・ホランドと、陽気な兄バーリー役のクリス・プラット、ダン・スキャンロン監督ら超豪華キャスト&スタッフが集結したワールドプレミアが開催!本作で描かれる兄弟の絆やアフレコの裏話を語りました。

映画『ソン・ランの響き』エン・ビン・ファット/アイザック ソン・ランの響き

ベトナムの民族楽器であるソン・ランには、「2人の男」という意味があるそうで、ユンとリン・フンがそれを象徴しているのだろうとわかります。2人は惹かれ合いますが…

おすすめ記事

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』オースティン・ザユル 洋画あるある「ツッコミどころ編」

映画を観ていると、「何でやねん!」とツッコミを入れたくなるような、お約束と感じる設定に出くわすことがありますよね。そこで今回は、どれくらい皆さんがそう思って観ているのか調査しました!さらに、ツッコミながら楽しめる編集部オススメ作品も紹介。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー 女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1 映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1:映画を観る前、どこまで情報を入れる?

以前とある映画監督にインタビューした際、「(本当は映画を観る前に情報を入れずに)何も知らないで観て欲しい」とおっしゃっていました。トーキョー女子映画部スタッフも観る前に情報を極力入れないで観たい派なのですが、そういえば皆さんどうなんだろうと気になりました。今回のアンケートでは、映画ファンの方のスタンスはどういったタイプがあるのか調査!さらに、「何も知らずに観たら数倍楽しめる!アッと驚く編集部オススメ作品」も紹介。

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル あの人は敵?味方?転職した凄腕ジェシカの処世術がスゴい『SUITS:ジェシカ・ピアソン』部活リポート

本作は、人気海外ドラマ『SUITS/スーツ』のメインキャラクターの1人、ジェシカ・ピアソンを主人公にしたスピンオフです。今回の部活では、本家『SUITS/スーツ』を観たことがある方、ない方の両方に…

映画『ジャスティス・リーグ』来日ジャパンプレミア、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 総合ランキング>

今回はついに海外20代俳優の総合ランキングを発表!各部門ランキングと比べ、どのように変化したのかも注目です!!

映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン ドラマを観ずに、劇場版『ダウントン・アビー』を観てみた結果を発表!

世界的に社会現象を巻き起こした人気ドラマ『ダウントン・アビー』が映画化され、2020年1月10日より劇場公開されます。本作の部活では…

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス トーキョー女子映画部が選ぶ 2019年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ2019年 ベスト5を発表します!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

REVIEW

  1. 映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』ゾーイ・コレッティ/マイケル・ガーザ/オースティン・ザユル
  2. 映画『初恋』窪田正孝/小西桜子
    初恋

  3. 映画『野生の呼び声』ハリソン・フォード
    野生の呼び声

  4. 映画『レ・ミゼラブル』
  5. 映画『架空OL日記』バカリズム/夏帆/臼田あさ美/佐藤玲/山田真歩
    架空OL日記

  6. 映画『ソン・ランの響き』エン・ビン・ファット/アイザック
  7. 映画『ダンサー そして私たちは踊った』レヴァン・ゲルバヒアニ
  8. 名もなき生涯

  9. 映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー
    ミッドサマー

  10. 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』千葉雄大/白石麻衣/成田凌/井浦新

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP