特集

映画を観て考える、子どもの心〜児童虐待と家庭の問題〜

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア

児童虐待に関するニュースが後を絶ちませんが、厚生労働省による調査では、平成24年度の虐待対応件数は66,701件で、統計を取り始めてから毎年増加、平成11年度の約5.7倍となっています。また、認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワークが発表しているデータでは、平成30年時点で、児童相談所における児童虐待相談対応件数は159,850件にも及んでいます。ただ、児童虐待は家庭内など閉鎖されたところで行われ、助けを求められずにいるケースが多く、相談件数よりももっと多くの児童虐待が行われている可能性もあります。
児童虐待のニュースを目にする度に、何かできないものかと考えますが、第三者の立場だと、介入すべきかどうか判断するのも難しいのが正直なところです。
映画でも、困窮する子ども達を映し出したものはいくつもありますが、いろいろな背景があり、解決の難しさを痛感します。今回はそんな映画をご紹介しながら、子どもが苦しむ状況になってしまう問題を考えてみたいと思います。

映画というところで、作り手の主観的な解釈で演出されている可能性がある点を踏まえて、考えてみました。当事者の方の言い分、こういった事情をよく知る方の見解もいろいろあると思いますので、いち意見としてご覧頂ければと思います。

児童虐待の定義  ※厚生労働省のWEBサイトより

児童虐待は以下のように4種類に分類されます。

●身体的虐待 :殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など
●性的虐待 :子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など
●ネグレクト :家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など
●心理的虐待 :言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

小さいジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひ観てみてください。

大人が思う以上に、子どもはすごく考えている

存在のない子供たち

映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア

貧しくて、子どもが多い一家で、大人以上に弟妹達の将来を心配し、責任感をもって面倒をみている少年ゼインの奮闘を描いています。親は子どもに対して全く愛がないのかと言えば、そうでもないようにも見えますが、貧しい人々への救済措置が不足している社会問題も相まって、子ども達にそのしわ寄せがいっています。また、宗教的、文化的な問題で避妊できないのか、国として教育が行き渡っていないのか、これ以上生まれてきても生活が苦しく、生まれた子ども自身が苦しめられる状況の中で、それでも子どもを作る大人に対する警鐘を発する内容になっています。

2019年7月20日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

タロウのバカ

映画『タロウのバカ』YOSHI

タロウというあだ名の少年は、学校にも行かず、名前もわかりません。彼の親はどうしたのかと思ったら…。本作では親について詳細は描かれていませんが、ネグレクトであることが伝わってきます。タロウの「愛って何?」という言葉の根源はここからきているのだと思います。

2019年9月6日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ラブレス

自分達のことしか考えない両親のもとで、完全に存在を軽んじられている子ども。ある出来事の末に両親の態度が変わるかと思いきや…。これは完全に両親本人達の無責任さのせいだと思います。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ラブレス(字幕版)

母さんがどんなに僕を嫌いでも

お母さんが大好きな少年が、大人になっても諦めずに、母との関係を変えようと努力を続ける物語。母が抱えてきた過去などが徐々に明らかになってくると、児童虐待の背景にある問題の複雑さを実感します。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

母さんがどんなに僕を嫌いでも

ジュリアン

父親から母を守ろうとし、両親の間で板挟みになるジュリアン。父親の感情を逆なでしないように振る舞う姿に胸が痛みます。中心となる矛先が子どもでなくても、家庭内暴力は子どもを恐怖に陥れます。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
グザヴィエ・ルグラン監督、トーマス・ジオリアさんインタビュー

ジュリアン[Blu-ray]

シングルマザーの苦悩

マイ・エンジェル

映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール

アルコール中毒で、精神的にも問題を抱えているように思われる母親。娘を愛してはいるようですが、生活もままならず、頼れる男性を探し、娘を放置してしまいます。幼い娘は母の良からぬ行動を真似るようになり…。愛があるからといって、この状況は大問題。娘に手を差し伸べる人物も必要だし、母に手を差し伸べる人物も必要。

2019年8月10日より全国順次公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

フロリダ・プロジェクト

まともな仕事に就けないまま、モーテルで暮らす母と娘。一見モラルがなく、問題行動も多いけれど、彼女達は好きでこうなっているわけではないこともわかります。このままでは子どものために良くないと思っても、引き離されたくない親子を引き裂くのは辛いこと。親子を一緒にいさせてあげたいのはやまやまですが、ではどうすれば良いのか、本当に対処が難しい問題です。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(字幕版)

誰も知らない

存在を隠されて生きている年下の子ども達。母親の理不尽な言いつけにも素直に笑って従っている姿が観ていて辛いです。母親が出て行ったまま、兄弟姉妹がずっと家に残された時、上の子が親代わりになる。まだ大人にならなくて良いのに、こんな風に大人にならざるを得ないなんて残酷です。子どもが子どもらしく過ごす権利があるはず。

誰も知らない

子宮に沈める

実際に大阪で起きた事件をモチーフに作られた映画だそうです。ある意味、旦那の育児放棄から始まり、母親の精神が崩壊していきます。結果だけ見ると、母親が悪いのですが、こうなる前に彼女の夫を含め、何かできたはずと思ってしまいます。

子宮に沈める [DVD]

大人になっても苦しめられる

ロケットマン

映画『ロケットマン』

心理的虐待と言い切って良いのかわかりませんが、それに近いものがあります。子どもの頃の主人公にとって、祖母の存在が唯一の救いですが、大人になってからも両親が彼をひどく苦しめる様子が描かれていて、本当に心苦しいです。

2019年8月23日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

あゝ、荒野

反骨精神を胸に、ボクサーとして這い上がろうとする青年2人。それぞれに親からひどい仕打ちを受けて育った過去を持っています。彼らのように、怒りや悲しみから生まれた感情をプラスのパワーに変えていければ良いですが、その糸口に出会えるきっかけ作りを、第三者がもっと応援できれば良いなと思います。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

あゝ、荒野 前篇

あゝ、荒野 後篇

大人に傷つけられた子どもは、そもそも大人を信じられなくなっている状況で、見知らぬ大人なら尚更、事情を聞こうとしてもすぐに心を開くのは難しいのではないかと思います。そうなると、やはり普段から安心して接することができる大人が身近にいることが大切なのではと考えます。とはいえ、それも簡単にできることではありませんが、小さい一歩からでも踏み出すには、社会全体としての啓蒙がもっと必要だと感じます。

©2018MoozFilms
©2019「タロウのバカ」製作委員会
©2018 WINDY PRODUCTION – MOANA FILMS – MARS FILMS LYNK HOLDINGS LIMITED – MY UNITY PRODUCTION
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『しあわせのマスカット』福本莉子 しあわせのマスカット

マスカット・オブ・アレキサンドリアという品種を本作で初めて知りましたが…

映画『21ブリッジ』テイラー・キッチュ テイラー・キッチュ

1981年4月8日カナダ、ブリティッシュ・コロンビア生まれ。バンクーバーで育ち、2002年に演技の勉強のため…

映画『地獄の花園』永野芽郁/広瀬アリス/菜々緒/川栄李奈/大島美幸/勝村政信/松尾諭/丸山智己/遠藤憲一/小池栄子 地獄の花園

OL版“クローズ”といった設定で、現実ではあり得ない世界観でありつつ…

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン ロリー・カルキン

1989年7月21日生まれ。アメリカ、ニューヨーク州出身。俳優一家に生まれ…

映画『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー 『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー

映画『しあわせのマスカット』で、主演を務めた福本莉子さんにインタビューをさせていただきました。いろいろなお話に、福本さんの研究熱心な一面と強いチャレンジ精神がうかがえました。

映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン ファーザー

認知症を患う父と娘の物語ではありますが、ただ日々の様子を描いているに留まらない…

映画『ドリームランド』マーゴット・ロビー マーゴット・ロビー

1990年7月2日オーストラリア、クイーンズランド州出身。2000年代後半に母国で女優としての本格…

映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』メラニー・ロラン 映画で“食”について考えてみよう11:家庭でできるエコの取り組み

前回は、私達の食が環境にどのような負荷を与えているのかをご紹介しましたが、今回は代替エネルギーや、私達が心掛けたいエコの取り組みについてご紹介します。

映画『ジェントルメン』マシュー・マコノヒー/ミシェル・ドッカリー ジェントルメン

今作もガイ・リッチー監督らしいスタイリッシュな作品になっている点が…

映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』西めぐみ なんのちゃんの第二次世界大戦

本作は、太平洋戦争の平和記念館を設立させることで、ある人物の過去を改ざんしようとする市長(吹越満)と…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『しあわせのマスカット』福本莉子
  2. 映画『地獄の花園』永野芽郁/広瀬アリス/菜々緒/川栄李奈/大島美幸/勝村政信/松尾諭/丸山智己/遠藤憲一/小池栄子
    地獄の花園

  3. 映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン
    ファーザー

  4. 映画『ジェントルメン』マシュー・マコノヒー/ミシェル・ドッカリー
  5. 映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』西めぐみ
  6. 映画『大綱引の恋』三浦貴大/中村優一
    大綱引の恋

  7. 海外ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー シーズン1』アンソニー・マッキー/セバスチャン・スタン
  8. 映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋の終わりから』フランソワ・シビル/ジョセフィーヌ・ジャピ
  9. 映画『ビーチ・バム まじめに不真面目』マシュー・マコノヒー
  10. 映画『くれなずめ』成田凌/若葉竜也/浜野謙太/藤原季節/目次立樹/高良健吾
    くれなずめ

PAGE TOP