REVIEW

ドリームプラン【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ドリームプラン』ウィル・スミス/アーンジャニュー・エリス/サナイヤ・シドニー

ビーナス・ウィリアムズ、セリーナ・ウィリアムズ、この姉妹はどうやって世界的なテニスプレイヤーとなったのか。その背景には彼女達の父リチャードの存在がありました。父リチャードは、2人が生まれる前から2人の娘をテニスの世界チャンピオンにするという計画書を作っていたそうです。本作はテニス未経験の彼がどうやって娘達を世界チャンピオンに育て上げたのか、実話を基に描いています。
テニスの教育法を独学で研究したリチャード(ウィル・スミス)は、ビーナスとセリーナに熱心にテニスを教え、2人はめきめきと実力をつけていきます。でも、彼等が住んでいる場所は治安が悪く、娘達を安心して練習させることができません。リチャードも危ない目に遭いますが、彼はめげずに娘達を守り、夢を叶えようと奔走します。彼等の計画がどういう結果を迎えるのかは映画を観ていただければと思いますが、驚くのはリチャードの信念の強さです。娘のためならどんな相手でも物怖じせず妥協せずに交渉します。同時に彼は2人の親であることを忘れることがありません。2人は彼にとって選手である前に愛する我が子であり、彼が娘達にとって何が最善なのかをいつも念頭において行動する姿に共感できます。彼は強い信念と深い愛情を持って、娘達をテニスチャンピオンに育てたのではなく、まず立派な人間に育てました。そんな立派な人間になったからこそ、2人は世界チャンピオンになれたのだなと観ていて納得します。
そして、本作は姉妹の物語も見どころの1つ。ビーナスとセリーナはお互いに支え合う存在ですが、2人共何でも同じというわけにはいきません。先に頭角を現した姉ビーナスの物語、姉の姿を見ながら静かに闘志を燃やすセリーナの物語、それぞれの視点でもグッとくるものがあります。世界チャンピオンの話ではありますが、どんな家族にも通じる部分がある人間ドラマなので、ぜひ家族や親子で観て欲しいです。

デート向き映画判定
映画『ドリームプラン』ウィル・スミス/アーンジャニュー・エリス/サナイヤ・シドニー

ウィリアムズ夫婦の関係、父として母としての考え方や行動を観てもいろいろと考えさせられます。夫婦で観て改めて家族のことを話し合うきっかけにするのも良し、将来家族になろうと考えているカップルも自分達に子どもができたら…と、シミュレーションをしてみるのも良いでしょう。夫婦でいつも同じ意見というわけにはいきませんが、そんな時にどうやって折り合いを付けるのか、支え続けるのか突き放すのか、参考になる部分もあると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ドリームプラン』ウィル・スミス/アーンジャニュー・エリス/サナイヤ・シドニー

親の夢と子どもの夢が同じである場合とそうでない場合のどちらもあって、どちらでも良いと思います。本作に登場するウィリアムズ親子は同じ方向を向いていますが、それはお互いに信頼関係が築けているからではないでしょうか。だんだん大きくなってくると、子どもの意思も強くなってきます。時に親と意見が異なる状況も出てきますが、そんな時にどうすべきか、本作を観ると少しヒントが得られるかもしれません。

映画『ドリームプラン』ウィル・スミス/アーンジャニュー・エリス/サナイヤ・シドニー

『ドリームプラン』
2022年2月23日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP