REVIEW

旅のおわり世界のはじまり

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『旅のおわり世界のはじまり』前田敦子/加瀬亮/染谷将太/柄本時生

自分で何がやりたいのかわからなくなっている主人公が、現状にしっくりこず「私の居場所はここではない」と何となく感じていながらも、自分なりに努力している姿にまず共感。彼女が努力もせずに、現状を不服に思っているなら、「しっかりやれ!」と言いたくなると思いますが、彼女は自分ができることは一生懸命やっているんですよね。だからこそ、「それなのになぜ?」と葛藤する気持ちも理解できます。将来の夢にそれなりに近いと客観的には思える位置にいるのに、本人がそう思えていないというところも印象的で、その原因は何なのかというのが、ウズベキスタンという日本と文化が全く違う、勝手がよくわからない国での彼女の行動に表れています。彼女はなるべく現地の人に絡まずに過ごそうとしていて、ただ恐れているようにも見えます。それは彼女自身が周囲から耳をふさいでしまっている状態、心を閉じている状態を投影していて、ウズベキスタンでのあらゆる経験を経て、彼女がどう変化していくのかが、本作の見どころとなっています。主人公が一人で町に繰り出すシーンがいくつもあり、あの警戒心バリバリな感じは一人旅をしたことがある人には身に覚えがあるはずで、スリリングだからこその旅の醍醐味も描かれている点で、臨場感も抜群です。前田敦子の演技が素晴らしく、歌唱力を発揮する場面もあって、すっかり良い女優さんになったなあと実感できるはず。「自分の居場所がない」「自分の能力を発揮できる場所がない」と自分で決めつけて行き詰まっている人は、自分が本当は何を失ってしまったのかを見つめ直す意味で、ぜひ観て欲しいと思います。

デート向き映画判定
映画『旅のおわり世界のはじまり』前田敦子/加瀬亮

一人の女性が世界と、周囲と、自分と向き合うストーリーなので、ロマンチックなムードにはならないと思いますが、男女問わず共感できる内容なので、デートで観るのもアリだと思います。好きな人がやりたいことがあって諦めてはいないけれど、宙ぶらりんになっている状態で悩んでいたら、ぜひ誘ってあげてください。あなた自身がそういう状態の場合も、好きな人と観に行って、自分の本当の気持ちを打ち明けると、何か突破口が見えてくるかも知れません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『旅のおわり世界のはじまり』前田敦子

馴染みの薄い国に行くことで、思わぬ事態に遭遇し、それが開眼するきっかけとなる旅の醍醐味を描いた物語です。旅そのものでこういう体験をしたいと思った人は、ぜひ旅に出てみて欲しいと思いますが、本作は旅という表現を使って、新しい世界、知らない世界に飛び込む人がどんな風になるのかを描いていて、恐れずに受け入れて、そこでやれることをやるべきだというメッセージを感じさせます。自分が思っている範囲だけで努力をしているつもりになっていても、頭打ちになることがあります。もっと周囲に耳を傾け、心を開くことで前進できるかも知れないという勇気をもらえるストーリーなので、悩める若者達にこそ観て欲しいです。

映画『旅のおわり世界のはじまり』前田敦子

『旅のおわり世界のはじまり』
2019年6月14日より全国公開
東京テアトル
公式サイト

©2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

映画『引っ越し大名!』星野源/高橋一生/高畑充希 引っ越し大名!

昔、引っ越し大名っていう役職は本当にあったようですね。今で考えると大企業がごそっと皆で家族も連れて拠点を変えるようなものなので…

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

物語の舞台は1969年、主人公は1950年代、60年代初頭にヒットした『バウンティ・ロー』で主役を演じたリック・ダルトンと、彼のスタントマンであるクリフ・ブース。他にロマン・ポランスキー監督や、その妻シャロン・テートなど実在の人物と、フィクションの人物も登場します。1969年8月9日に起こった、チャールズ・マンソンを信奉するカルト集団によるシャロン・テート殺人事件…

映画『ライオン・キング』ジャパンプレミア、江口洋介 江口洋介(えぐち ようすけ)

1968年1月1日東京都生まれ。1987年に『湘南爆走族』でデビュー。さまざまなドラマや映画で活躍している。近年の映画出演作には…

映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ ドッグマン

本作は1980年代の終わりにイタリアで実際にあった事件からインスピレーションを受けて作られたそうで、犬のトリマーやドッグショーをやっていたマルチェロは実在の人物…

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

おすすめ記事

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

REVIEW

  1. 映画『引っ越し大名!』星野源/高橋一生/高畑充希
  2. 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット
  3. 映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ
    ドッグマン

  4. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  5. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  6. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  7. 映画『天気の子』
    天気の子

  8. 映画『二ノ国』
    二ノ国

  9. 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』田中圭/林遣都/沢村一樹/志尊淳/吉田鋼太郎
  10. 海外ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2』マット・ズークリー

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP