REVIEW

旅のおわり世界のはじまり

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『旅のおわり世界のはじまり』前田敦子/加瀬亮/染谷将太/柄本時生

自分で何がやりたいのかわからなくなっている主人公が、現状にしっくりこず「私の居場所はここではない」と何となく感じていながらも、自分なりに努力している姿にまず共感。彼女が努力もせずに、現状を不服に思っているなら、「しっかりやれ!」と言いたくなると思いますが、彼女は自分ができることは一生懸命やっているんですよね。だからこそ、「それなのになぜ?」と葛藤する気持ちも理解できます。将来の夢にそれなりに近いと客観的には思える位置にいるのに、本人がそう思えていないというところも印象的で、その原因は何なのかというのが、ウズベキスタンという日本と文化が全く違う、勝手がよくわからない国での彼女の行動に表れています。彼女はなるべく現地の人に絡まずに過ごそうとしていて、ただ恐れているようにも見えます。それは彼女自身が周囲から耳をふさいでしまっている状態、心を閉じている状態を投影していて、ウズベキスタンでのあらゆる経験を経て、彼女がどう変化していくのかが、本作の見どころとなっています。主人公が一人で町に繰り出すシーンがいくつもあり、あの警戒心バリバリな感じは一人旅をしたことがある人には身に覚えがあるはずで、スリリングだからこその旅の醍醐味も描かれている点で、臨場感も抜群です。前田敦子の演技が素晴らしく、歌唱力を発揮する場面もあって、すっかり良い女優さんになったなあと実感できるはず。「自分の居場所がない」「自分の能力を発揮できる場所がない」と自分で決めつけて行き詰まっている人は、自分が本当は何を失ってしまったのかを見つめ直す意味で、ぜひ観て欲しいと思います。

デート向き映画判定
映画『旅のおわり世界のはじまり』前田敦子/加瀬亮

一人の女性が世界と、周囲と、自分と向き合うストーリーなので、ロマンチックなムードにはならないと思いますが、男女問わず共感できる内容なので、デートで観るのもアリだと思います。好きな人がやりたいことがあって諦めてはいないけれど、宙ぶらりんになっている状態で悩んでいたら、ぜひ誘ってあげてください。あなた自身がそういう状態の場合も、好きな人と観に行って、自分の本当の気持ちを打ち明けると、何か突破口が見えてくるかも知れません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『旅のおわり世界のはじまり』前田敦子

馴染みの薄い国に行くことで、思わぬ事態に遭遇し、それが開眼するきっかけとなる旅の醍醐味を描いた物語です。旅そのものでこういう体験をしたいと思った人は、ぜひ旅に出てみて欲しいと思いますが、本作は旅という表現を使って、新しい世界、知らない世界に飛び込む人がどんな風になるのかを描いていて、恐れずに受け入れて、そこでやれることをやるべきだというメッセージを感じさせます。自分が思っている範囲だけで努力をしているつもりになっていても、頭打ちになることがあります。もっと周囲に耳を傾け、心を開くことで前進できるかも知れないという勇気をもらえるストーリーなので、悩める若者達にこそ観て欲しいです。

映画『旅のおわり世界のはじまり』前田敦子

『旅のおわり世界のはじまり』
2019年6月14日より全国公開
東京テアトル
公式サイト

©2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

映画『ある町の高い煙突』渡辺大 渡辺大(わたなべ だい)

1984年8月1日東京都生まれ。2002年に『新春ワイド時代劇壬生義士伝』で俳優デビュー後、テレビドラマ、映画で活躍。2018年には…

映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク 神と共に 第二章:因と縁

第一章から語られている概念は共通していながら、視点がガラリと変わって、本作のほうが人間のダークな面にフォーカスした内容になっています。でも、だからこそ人間味が感じられるストーリーになっていて…

映画『きみと、波にのれたら』 きみと、波にのれたら

爽やかな青春ラブストーリーという枠に留まらず、予期せず辛い経験をした若いカップルが心に大きな傷を抱えながら、それを…

映画『アラジン』メナ・マスード メナ・マスード

1992年エジプト生まれ、カナダで育つ。ライアソン大学の演劇プログラムを卒業後、テレビシリーズ『ニキータ』や『コンバット・ホスピタル 戦場救命』などのドラマや短編映画など…

映画『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー 『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー

今回は実際に日立鉱山で起きた出来事を映画化した『ある町の高い煙突』で、キーパーソンとなる加屋淳平役を演じた渡辺大さんにインタビューをさせて頂きました。今回の役柄についてや、俳優という職業について、お話を伺いました。

映画『新聞記者』北村有起哉 北村有起哉(きたむら ゆきや)

1974年4月29日、東京都生まれ。1998年に舞台“めざめ”と映画『カンゾー先生』でデビュー。以降、舞台と映像の両方で活躍中。劇団☆新感線の“メタルマクベス”や…

おすすめ記事

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

東京国際映画祭レッドカーペット『カメラを止めるな!』 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【国内編】

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第2弾!今回は映画好き女子が信頼を寄せる日本の映画賞と映画祭について、結果を発表します!

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【世界編】

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

REVIEW

  1. 映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク
  2. 映画『きみと、波にのれたら』
  3. 新聞記者

  4. クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン
  5. 映画『ザ・ファブル』岡田准一/木村文乃/山本美月
    ザ・ファブル

  6. 映画『パピヨン』チャーリー・ハナム/ラミ・マレック
    パピヨン

  7. 映画『ある町の高い煙突』井手麻渡/渡辺大
  8. 映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン
  9. 映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』ソフィー・ターナー/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ジェシカ・チャステイン/ニコラス・ホルト/エヴァン・ピーターズ/コディ・スミット=マクフィー/アレクサンドラ・シップ/タイ・シェリダン
  10. 映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP