REVIEW

天気の子

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『天気の子』

16歳の少年が家出をしてやってきた東京で、身寄りがないまま生活を始めようと、アルバイトや住む場所を探したりする様子は、上京した人なら誰もが共感できるはず。町の様子も実在する建物が出てくるし、モノも実在する商品が登場するので、よりリアルに東京の生活を覗いている感覚になれると思います。そういうリアルな描写があってこそ、雨を晴れにできる少女が現れるというファンタジックな描写が映えて、そこに映像美も相まって、この世界観に違和感なく入れます。また新海誠監督作『君の名は。』と同様に、語りべの役割を果たしていると言っても良いRADWIMPSの音楽が、観ている側の気持ちをより高揚させてくれます。『君の名は。』が社会現象を起こすほどの大ヒットだったので、比較する人も多いと思いますが、個人的にはそれぞれの個性よりも、共通点が印象的で、やっぱり新海誠監督はとてもロマンチックなんだなと感じました。ということで私は「男子が好きな女子はこんな感じなのね」という視点で今作も観てしまいましたが、ピュアな心を持った若者ならばもっと素直に楽しめるはず(苦笑)。あと心残りは、あそこまでして家でしてきた帆高の背景についてもう少し詳細を知りたかったなというところですが、そこも好みが分かれるところなのかも知れません。とはいえ全体的にはとても観やすいストーリーで、とにかく映像がすごく綺麗なので、大きなスクリーンで観る価値を感じられる作品です。

デート向き映画判定
映画『天気の子』

ティーンエイジャーの葛藤と淡い恋心を描いたストーリーで、気まずいところはなく、若いカップルのデートにオススメの作品です。世界がどうなろうと君を救いたいという超ロマンチックな思いが描かれているので、付き合いたての若いカップルはそのムードに便乗してさらに盛り上がってください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『天気の子』

主人公がティーンなので、等身大で感情移入できるポイントが多くあるでしょう。現実にある世界を舞台にしている点で身近なストーリーに感じられつつ、人知を超えた能力を使い、人に必要とされるという設定はある意味ヒーローものとも言えるので、映画を観る醍醐味が感じられる作品になっていると思います。

映画『天気の子』

『天気の子』
2019年7月19日より全国公開
東宝
公式サイト

© 2019「天気の子」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP