REVIEW

To Leslie トゥ・レスリー【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『To Leslie トゥ・レスリー』アンドレア・ライズボロー

宝くじで19万ドル(2500万円)を当てた、シングルマザーのレスリー(アンドレア・ライズボロー)は酒に溺れ、6年後にはモーテルを追い出されてしまいます。一人息子のジェームズ(オーウェン・ティーグ)は既に独立していて、レスリーはジェームズの所に一時的に身を寄せます。ジェームズはとても優しくて、母を心配しています。でも、酒を断つというジェームズとの約束を果たせず、レスリーは強制的に地元に追い返されてしまいます。本作では、そんなレスリーが再起できるのか否かが描かれています。
レスリーはアルコール中毒になっていて、宝くじで当てたお金はとっくに底をついているのが見てわかります。仕事もなく、フラフラしていて、彼女に生活を立て直そうとする気配は全くありません。せっかく手を差し伸べてくれた人達も裏切り、本当に行き場のない状況まで落ちてしまいます。だから前半は私達観客にも彼女の未来が全く見えません。同時に、私達は彼女から目が離せなくなります。
ただ、彼女にはほんの少しだけ運が残っていたのです。彼女と周囲の人物を観ていると、私達が生きる現実世界では、劇的な奇跡が起こるのではなく、自分の周りに舞い降りてくる小さな奇跡に幸せの鍵が隠されていて、その奇跡にいかに気付くことができるかが運命の分かれ道なのだと感じます。彼女がいつ小さな奇跡の積み重ねに気付き、どう変化し、どんな未来を掴むのか、ぜひご覧ください。レスリーを演じたアンドレア・ライズボローの名演も必見です。

デート向き映画判定
映画『To Leslie トゥ・レスリー』アンドレア・ライズボロー

絶望の淵に立たされた女性が再起を図る物語です。じっくり1人で観るのも良し、カップルで観るのも良しの作品です。ロマンチックな展開はそれほどありませんが、人との関わりの大切さを実感させられる内容なので、パートナーが人間関係に疲れていたら、一緒に観て心をほぐしてあげるのも良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『To Leslie トゥ・レスリー』アンドレア・ライズボロー

キッズにはまだピンとこないかもしれませんが、ティーンの皆さんは息子ジェームズの目線で共感できるのではないでしょうか。親が働かずにお酒ばかり飲んでいる状況は子どもにとって、とても辛いでしょう。子どもへの愛情が見えなくて余計に辛いかもしれません。でも本作を観ると、子どもの存在が思った以上にお母さんにとって重要であるかが伝わってくるので、少し元気と希望をもらえると思います。

映画『To Leslie トゥ・レスリー』アンドレア・ライズボロー

『To Leslie トゥ・レスリー』
2023年6月23日より全国公開
KADOKAWA
公式サイト

© 2022 To Leslie Productions, Inc. All rights reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  2. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  3. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  4. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  5. 映画『蛇の道』柴咲コウ

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP