心理学

心理学から観る映画42:【映画でウェルビーイングを見つける】Vol.1『70歳のチア・リーダー』

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『70歳のチア・リーダー』カレンダー・ガールズ

映画を心理学的視点から観るこの“心理学”コーナーで、新しい取り組みを始めます。私は映画好きの父の影響で幼い頃から映画をたくさん観て育ちました。映画はいつも私のそばにあり、私を楽しませ、励まし、助けてくれる存在です。そんな映画にはきっと娯楽以上の力があると信じ、私自身、映画鑑賞によって何か幸せに通じるヒントをいつももらっていると感じています。そのメカニズムを探るべく、私は現在、商業映画鑑賞とウェルビーイングの研究を行っています。

そこで、新しい取り組みとして【映画でウェルビーイングを見つける】と題した企画を始動します。本企画では、ウェルビーイングを導き出す映画鑑賞法をご紹介していきます。ただ、この取り組みは今ここからスタートしますので完成形ではありません。これからどんどん進化させていきたいと思います。ぜひ、気に入ったらこの鑑賞法を試してみてください。

ウェルビーイング(Well-being)とは

●身体的・精神的・社会的に良い状態にあること(文部科学省)
●持続的な幸福のあり方(セリグマン,2014)

ウェルビーイングとは、上記のように定義されています。英語で“Well-being”と表すとおり、直訳すると“良好な状態”を意味します。ただ、これではあまりにも抽象的です。もう少し具体的な説明として、前野・前野(2022)の説明を引用すると、「狭い意味での心身の健康だけでなく、心の豊かな状態である幸福と、社会の良好な状態をつくる福祉を合わせた、心と体と社会のよい状態がウェルビーイングです。したがって、『楽しい』『うれしい』など幸せの感情の一部を表す英語のハピネスとはニュアンスが違います」とあります。

映画『70歳のチア・リーダー』カレンダー・ガールズ

これでニュアンスとしてのウェルビーイングは何となくご理解いただけたとは思います。さらにウェルビーイングはどんな要素で構成されているのかを見てみましょう。ポジティブ心理学の創始者の一人、セリグマン(2014)によるとウェルビーイングは下記の要素から構成されています(諸説あり)。補足部分は一部こちらで噛み砕いた表現に変えています。

ウェルビーイング=「持続的な幸福のあり方」

  • ポジティブ感情
  • エンゲージメント(何かに夢中になり没我する感覚。フロー状態と関係がある)
  • 意味・意義
  • ポジティブな関係性
  • 達成感

でも、上記の概念が日常でどういう状況を指すのか、まだピンとこない方もいらっしゃると思います。そこで、私は映画鑑賞を通して、ウェルビーイングは何かを知り、実際の生活で何をどうすればよいか、ヒントを得られるのではないかと思い付きました。1作、1作とウェルビーイングを意識した視点で観ていくうちに、私達がウェルビーイングを実現できれば良いなと思っています。

今回の題材映画

映画『70歳のチア・リーダー』カレンダー・ガールズ

『70歳のチア・リーダー』
2023年6月23日より全国順次公開
パンドラ
監督・製作・撮影・編集:マリア・ルーフヴード/ローヴェ・マルティンセン
出演:カレンダー・ガールズ(キャサリン・ハーディ・ショートリッジ/フラン・ド・ニケ/ナンシー・ミラー/スー・クーンス/パトリシア・ヒンショー・ダースヘム)
公式サイト

本作は、“カレンダー・ガールズ”と称したダンスチームとして、さまざまな慈善活動を行っている女性達の日常を描いたドキュメンタリーです。さまざまな事情を抱えながらも、“カレンダー・ガールズ”の活動に生き甲斐を見いだし、輝く姿が映し出されています。本作をウェルビーイングを構成する5つのポイントに照らし合わせてみます。

映画『70歳のチア・リーダー』カレンダー・ガールズ

『70歳のチア・リーダー』に観る、ウェルビーイング5つのポイント

■ポジティブ感情:踊るのが楽しい、仲間といて楽しい、可愛い衣装を着て楽しい、観客に喜んでもらって嬉しい
■エンゲージメント:ダンスをしている時は何もかも忘れる(フロー状態)
■意味・意義:ボランティア、社会貢献
■ポジティブな関係性:チームメイトとの絆
■達成感:喝采を浴びる、カレンダーが売れる、(新人さんは)踊れるようになる

上記はあくまで私の視点です。皆さんも自由に感じたまま当てはめて観てみてください。

本作は、ウェルビーイングを構成する5つのポイントに結びつくシーンがわかりやすいと思います。ただ、ウェルビーイングは「持続的な幸福のあり方」と定義されるように、一時的に実現するだけでは成立しません。そういう意味でも本作は参考になります。

彼女達にはもちろんそれぞれ背景があり、全く不満がないわけではありません。また、家庭の事情や体調の変化など、ずっと同じ状況でもありません。でも、状況の変化に合わせて、必要な決断をしています。
例えば、病気で体力がなくなりダンサーとして続けられなくなってもスタッフとして参加したり、夫のいうままになっていたけれど自分が好きなようにすると行動に移してみたり、孫が生まれて娘を手伝っていたけど自分は充分これまで家族に尽くしてきたからと自分が好きなダンスをやろうと決意をします。

彼女達の姿には、ウェルビーイング=「持続的な幸福のあり方」を実現するヒントが多く隠されています。ぜひ皆さんも彼女達の立場にたってシミュレーションしてみてください。

今後も不定期にさまざまな作品を題材に本企画を続けていきますので、お楽しみに。

<参考・引用文献>
文部科学省「ウェルビーイングの向上について(次期教育振興基本計画における方向性)」中央教育審議会教育振興基本計画部会(第13回)会議資料【資料8】
マーティン・セリグマン(2014)(宇野カオリ訳)『ポジティブ心理学の挑戦“幸福”から“持続的幸福”へ』ディスカヴァー・トゥエンティワン,東京
前野隆司・前野マドカ(2022)『ウェルビーイング』日本経済新聞出版

TEXT by Myson(武内三穂・認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP