REVIEW

私がやりました【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『私がやりました』ナディア・テレスキウィッツ/レベッカ・マルデール/イザベル・ユペール

1930年代のパリを舞台に描く、クライム・コメディ。稼ぎが少なく、家賃を何ヶ月も滞納している、女優の卵マドレーヌ(ナディア・テレスキウィッツ)と若手弁護士ポーリーヌ(レベッカ・マルデール)は、ある殺人事件に巻き込まれます。これは2人にとって災難かと思いきや、ポーリーヌがあるアイデアを思い付き、マドレーヌは自ら殺人事件の容疑者となります。
意外にも、この殺人事件をきっかけに2人は人生を切り拓いていきます。2人は大胆な方法で、まさに逆境を好機に変えます。大胆とはいえ、その方法は弱い立場の女性による男性社会に対する反撃といえる点が本作の見どころです。「そっちがそう出るなら、こっちは利用してやる!」という女性達の覚悟と開き直りに清々しさを感じつつ、物語の舞台が今から1世紀ほど前にもかかわらず、本作で描かれている性差別、セクハラは現代社会でも根深く残っている実状に対する最大の皮肉にも受け取れます。
少し間違えると誤解を招きかねないスレスレの表現で、女性と男性がそれぞれ置かれている立場をありのままに見せると同時に、多面性も描いている点がさすがフランソワ・オゾン監督です。どちらか一方だけを肯定、否定するのではなく、さまざまな人間の背景を描くことで、何が人間をそうさせているのかに想像を巡らせる演出が見事です。
ナディア・テレスキウィッツ、レベッカ・マルデールのキュートな魅力、ファブリス・ルキーニ、ダニー・ブーン、アンドレ・デュソリエが醸し出す独特のユーモア、そして、ひときわ異彩を放つイザベル・ユペールの貫禄も絶妙にブレンドされています。ストーリーの毒々しさとのコントラストが効いている美しく創作されたクラシックな世界観も合わせてご堪能ください。

デート向き映画判定
映画『私がやりました』ナディア・テレスキウィッツ

本作にはどうしようもない男が複数登場し、恋愛のゴタゴタも描かれています。煮え切らない相手、ワケありの相手と交際中の方は、背景は異なるにしても、自分に重ねてしまって、コメディとして観るよりも、シリアスに観てしまうかもしれません。本作はどちらかというと友達と観るほうが気軽に楽しめそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『私がやりました』ナディア・テレスキウィッツ/レベッカ・マルデール/イザベル・ユペール/アンドレ・デュソリエ

コメディとして観て欲しい部分と、社会風刺として真面目に捉えて欲しい部分の両方があります。大人のすさんだ世界が舞台となっている点でも、アルバイトを始めたり、就職したり、社会に一歩でも出てから観るほうが、本作で描かれている状況をリアルに感じながら観られると思います。行為そのものは真似すべきではありませんが、理不尽な状況でも負けないマドレーヌとポーリーヌの精神はお手本となる部分もあるでしょう。

映画『私がやりました』ナディア・テレスキウィッツ/レベッカ・マルデール/イザベル・ユペール/ファブリス・ルキーニ/ダニー・ブーン/アンドレ・デュソリエ

『私がやりました』
2023年11月3日より全国順次公開
ギャガ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2023 MANDARIN & COMPAGNIE ‐ FOZ ‐ GAUMONT – FRANCE 2 CINÉMA ‐ SCOPE PICTURES – PLAYTIME PRODUCTION

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年10月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『関心領域』 関心領域【レビュー】

ユダヤ人虐殺を取り上げた作品はこれまでにたくさんあるなかで、本作のような角度から取り上げた作品は…

映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン 告白 コンフェッション【レビュー】

福本伸行(原作)と、かわぐちかいじ(作画)による「告白 コンフェッション」(講談社「ヤンマガKC」刊)を映画化した本作は、まず設定の巧さが…

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  2. 映画『関心領域』
  3. 映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン
  4. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  5. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP