REVIEW

ワイルドライフ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ワイルドライフ』ジェイク・ギレンホール/キャリー・マリガン

個性派俳優ポール・ダノが、監督、脚本、製作を務め、私生活でもパートナーであるゾーイ・カザンが共同脚本、製作を務めています。2人には2018年に第一子が生まれたようで、そんな中、こういった作品を作ったという部分で余計に感慨深いものがあります。
のどかな街で一見ゆっくりと時が過ぎているなか、ある一家には個人的な大事件が起きていて、その様子を淡々と描いているからこそ、すごくシュールに映ります。さらに“ワイルドライフ”の意味するところを知ると、とても皮肉な運命を描いているように思えますが、不器用な人間がもがき、何とか幸せになろうとする姿には共感できて、暖かみも感じます。家族関係が混沌としていくなかで、子どもと親の関係が逆転していく様は胸が締め付けられる部分もありますが、大人だって人間で、完璧ではないというところがとてもリアルに描かれています。綺麗事ではなく、家族が一度吐き出すものを吐き出した時にどうなるのかという行く末を見届けてください。ジェイク・ギレンホール、キャリー・マリガンの名演はもちろん、息子役を演じたエド・オクセンボールドの演技も本当に素晴らしいので、ぜひ彼にもご注目を!

デート向き映画判定
映画『ワイルドライフ』ジェイク・ギレンホール/キャリー・マリガン

夫婦関係のもつれを描いていて、ロマンチックな展開よりも、辛くなる展開がメインなので、デート向きではありません。ただ、子どもの目線で両親をどう見ているのかという部分がリアルに描かれているので、お子さんのいる夫婦は敢えて一緒に観て、親同士で子どもについて語り合うきっかけにするのはアリだと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ワイルドライフ』ジェイク・ギレンホール/キャリー・マリガン

子どもとしてはあまり目にしたくない親の一面を見てしまい、子どもながらに家族を保とうとするストーリーです。状況は違えど誰もが一度は、主人公ジョーのような気持ちになったことがあると思うので、皆さんの世代が観ても共感できる部分は多いと思います。家族でお互いに愛があるからこそ辛くなるという状況を客観視できるので、何かしら得るものはある作品だと思います。

映画『ワイルドライフ』ジェイク・ギレンホール/キャリー・マリガン

『ワイルドライフ』
2019年7月5日より全国順次公開
PG-12
キノフィルムズ
公式サイト

©2018 WILDLIFE 2016,LLC.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP