REVIEW

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ヨナス・ダスラー

敗戦の余韻が残るドイツ、ハンブルクにある安アパートの屋根裏に住んでいたフリッツ・ホンカは、1970年から1975年の間に4人の娼婦を殺した実在の連続殺人鬼です。原作は、ハインツ・ストランク(劇中に退役軍人としても登場)の“Der Goldene Handschuh(ドイツ原題)”/(英題:“The Golden Glove”)で、1970年代の社会情勢とともに主に加害者側の視点で描いたベストセラー小説です。公式資料のファティ・アキン監督の談によると、フリッツ・ホンカは幼少時代に肉体的、精神的に虐待を受けていたようですが、監督は彼の残虐行為に弁明を求めたくないとして、彼の出自を映画の中では描いていません。なので連続殺人を犯している時点でのホンカに何が起きているのかという視点で彼の生活を覗き観ることになりますが、決して巧妙とは言えない彼の手口で被害に遭ってしまう女性達がいることが、敗戦により人々が相当困窮していた時代背景に繋がり、狂気が蔓延していた状況を想像させます。そこが、ただ連続殺人鬼の話に留まらない本作の魅力でもあると思います。
連続殺人鬼の話なので、もちろん恐ろしいシーンが多々あり、序盤から目と耳を塞ぎたくなるような場面も出てきますが、ひょうひょうと日々を過ごすフリッツ・ホンカの持つ独特のキャラクターがとても印象に残ります。ホンカは1935年生まれなので、劇中での年齢は35歳くらいですが、演じているヨナス・ダスラーはホンカの約20歳年下(1996年生まれ)でかなりのイケメンです。フリッツ・ホンカは歯はボロボロ、特徴的な斜視、曲がった鼻、ひどく猫背という容姿ですが、特殊メイクとダスラーの見事な演技でとてもリアルに体現されています。ダスラーが演じたホンカは(実際の殺人であることを考えるとこう言うと大変不謹慎ですが)時にコミカルで、でもその淡々とした様子を見た直後にゾッとさせるものがあり、やはり人間的に近づけないものを漂わせています。何層にも見える作品、皆さんはどう観るでしょうか。

デート向き映画判定
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ヨナス・ダスラー

デートで観てはいけません!殺人のシーンや殺害後のシーンだけでなく、性的な描写も含めて、かなり衝撃的です。デートで観ていることを忘れてしまうくらい、げんなりするでしょう(苦笑)。映画として否定しているというのでは決してありませんが、観る人を選ぶ部分はあるので、誘う相手を吟味しましょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ヨナス・ダスラー/マルガレーテ・ティーゼル

R-15ですが、15歳になったからと言って、観て大丈夫とは思えないくらい刺激が強い作品です。ダークな作品もいろいろ観て、ある程度免疫を付けて、だいぶ大人になってから観るほうが良いでしょう。実在した連続殺人鬼という点でも、皆さんにとっては相当怖いと思うので、今は無理をしなくて良いと思います。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ヨナス・ダスラー

『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
2020年2月14日より全国順次公開
R-15+
ビターズ・エンド
公式サイト

TEXT by Myson

©2019 bombero international GmbH&Co. KG/Pathé Films S.A.S./Warner Bros.Entertainment GmbH

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン スーザン・サランドン【プロフィールと出演作一覧】

1946年10月9日アメリカ、ニューヨーク生まれ。1970年、『ジョー』でデビュー。以降、『ロッキ…

映画『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー 『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー

今回は映画『ハピネス』に出演している山崎まさよしさんと篠原哲雄監督にお話を伺いました。『月とキャベツ』や『影踏み』などでもお仕事をされているお二人に改めてご一緒された感想など直撃。

映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか 湖の女たち【レビュー】

物語の主な登場人物は、100歳の寝たきり老人が不可解な死を遂げたことで疑惑を向けられる人達と…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  2. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉
  3. Netflixドラマ『マスクガール』
  4. 映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか
  5. 映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP