心理学

心理学から観る映画1-4:犯罪者の責任能力

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ヨナス・ダスラー

連続殺人犯にフォーカスした連載の4回目となる今回は、責任能力について取り上げます。

<参考資料>
小西聖子、伊藤晋二(2003)「犯罪心理学―加害者のこころ、被害者のこころ (武蔵野大学通信教育部テキストシリーズ)」(角川学芸出版)
『殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合』Netflix/ドキュメンタリー
『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』映画
下記は、上記で語られている内容から一部引用しまとめた上で、映画に関するところは本記事筆者の考察を掲載しています。

国によって、またアメリカでは州によって法律が異なりますが、日本では刑法上、①構成要件該当性、②違法性、③責任(有責性)が犯罪の成立要件になります。

①構成要件該当性:犯罪、窃盗のように、刑罰法規に規定された法律上の犯罪類型をいい、現実の行為がこれに該当することを構成要件該当性という。
②違法性:その行為が客観的に法の命令・禁止に違反していること
③責任(有責性):適法な行為をすべきであったのに違法なことをしたことに対する法的非難可能性である。

刑法第39条
心神喪失者の行為は、罰しない
心神耗弱者の行為は、その刑を軽減する

責任能力の判定については、
【生物学的指標】被鑑定人が精神医学的に精神障害があるかどうかであり、診断名もあわせて明記する。
【心理学的指標】被鑑定人が犯行時に事理を弁識し弁識に従って行為する能力を完全に有していた(=完全責任能力)か、著しく障害されていた(=限定責任能力)か、あるいは失っていたか(=責任無能力)かのいずれかに相当したかということである。

※「犯罪心理学―加害者のこころ、被害者のこころ (武蔵野大学通信教育部テキストシリーズ)」(角川学芸出版)より引用。

犯罪として扱うには、上記の①〜③の要件を満たす必要があり、また起訴・不起訴の判断、有罪の場合は刑罰を決定するために、精神鑑定が行われる場合があります。精神鑑定には、起訴前鑑定(嘱託精神鑑定、簡易鑑定)と、正式鑑定(公判精神鑑定)があり、それぞれ手続きが異なります。

では、被鑑定人が刑を受けないもしくは軽くするために詐病(精神病を装うこと)は可能なのでしょうか?現在、生理学的指標、供述心理学的指標、心理検査上の指標によって、詐病を見破ろうとする試みは実施されています。ただ、その技術を把握した上で詐病を試みる者がいないとも限らず、鑑定人の技術に頼る以外の検出技術の開発が必要だと言われています。

一方、「責任能力がない」とされることに抵抗を示す者もいます。死刑囚として長らく収監されていたテッド・バンディは、1986年、死刑反対の立場を取っていた弁護士に弁護されることになり、死刑執行の1週間前に精神鑑定を受けました。その頃の取材によると、テッドは責任能力がないとされることは侮辱であり自分は異常ではないと言っています。精神鑑定の結果、テッドは躁鬱病だと診断され、その後2度死刑執行を延期になりましたが、彼は最後まで必死に死刑を逃れようとしていました。でも彼の切り札は“自白”で、彼しか知り得ない事件の真相を語ると告げることでまた時間稼ぎをしようとしていたと見られます。その後、テッドの死刑は1989年1月24日に執行されました。

1970年から1975年にかけて、ドイツで4人の女性を殺害したフリッツ・ホンカはかなりのアルコール中毒でした。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』では、アルコールに溺れては、女性を家に連れ込み暴行をする様子が描かれています。後に彼は終身刑となっていますが、現在の日本ではアルコールによる影響も責任能力の有無を判定する1つの指標となります。「単純酩酊」では、刑事責任は完全責任能力が認められ、量的、質的に異常な「異常酩酊」のうち、「複雑酩酊」は部分責任能力(心神耗弱)、「病的酩酊」では、責任無能力(心神喪失)が認められることが多いとされています。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ヨナス・ダスラー/マルガレーテ・ティーゼル

このように、犯人が捕まってもすぐに処罰されるわけではなく、罪に問えるのかどうかという過程があります。また責任能力がないと判定され、措置入院になった場合や退院後の対処方法にも大きな課題があります。皆さんを怖がらせるつもりはありませんが、こうなると「自分には関係ない」とは言い切れない身近な問題であることは事実として受け入れなければいけないのではと感じます。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ヨナス・ダスラー

『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
2020年2月14日より全国公開
R-15+
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

1970年から1975年にかけて、ドイツで4人の女性を殺害した実在の連続殺人犯フリッツ・ホンカの実話を基に、加害者側の視点で描いた小説“The Golden Glove”を映画化。

©2019 bombero international GmbH&Co. KG/Pathé Films S.A.S./Warner Bros.Entertainment GmbH

39 刑法第三十九条

『39 刑法第三十九条』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
DVDレンタル&発売中
刑法第三十九条の規定をめぐり、犯人による詐病なのか否かを争う心理サスペンス。


実在の連続殺人犯にまつわる映画

ゾディアック(字幕版)

『ゾディアック』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
DVDレンタル&発売中
“ゾディアック”と名乗る連続殺人犯による事件解決に奔走する男達の物語。デビッド・フィンチャーが監督を務め、ジェイク・ギレンホール、マーク・ラファロ、ロバート・ダウニーJr.が出演。

サマー・オブ・サム (字幕版)

『サマー・オブ・サム』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
DVDレンタル&発売中
1976年から1977年にかけてニューヨークで連続殺人を犯したデビッド・バーコウィッツの事件を描いた作品。

フロム・ヘル (字幕版)

『フロム・ヘル』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
DVDレンタル&発売中
1888年、イギリス、ロンドンで連続発生した未解決の猟奇殺人事件の犯人、通称“切り裂きジャック”をジョニー・デップが演じる。

TEXT by Myson(認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『偶然と想像』古川琴音/中島歩 偶然と想像

本作は、2020年のカンヌ映画祭で『ドライブ・マイ・カー』が脚本賞など4冠に輝き、一気に注目を集める濱口竜介監督の初の短編集…

映画『スイング・ステート』マッケンジー・デイヴィス マッケンジー・デイヴィス

1987年4月1日カナダ生まれ。2016年、トライベッカ映画祭でプレミア上映された『ブラック・ビューティー』で主演を飾り…

映画『雨とあなたの物語』チョ・ジンモ監督インタビュー 『雨とあなたの物語』チョ・ジンモ監督インタビュー

1通の手紙をきっかけに8年越しの真実が明かされていくラブストーリー『雨とあなたの物語』。今回は本作でメガホンをとったチョ・ジンモ監督にお話を伺い、物語の誕生秘話ややりたいことがわからず悩んでいる人達に向けたアドバイスも聞いてみました。

映画『ローラとふたりの兄』リュディヴィーヌ・サニエ/ジョゼ・ガルシア/ジャン=ポール・ルーヴ ローラとふたりの兄

タイトルにある通り兄妹関係が描かれた本作は、家族だからこそぶつかり、わかりあえることもあるという “家族あるある”が…

映画『空白』寺島しのぶ/松坂桃李 寺島しのぶ(てらしま しのぶ)

1972年12月28日生まれ、京都市出身。1989年、高校在学中にテレビドラマ『詩城の旅びと』で俳…

映画『ニューイヤー・ブルース』キム・ガンウ/ユ・インナ/ユ・ヨンソク/イ・ヨニ/イ・ドンフィ/チェン・ドゥーリン/ヨム・ヘラン/チェ・スヨン/ユ・テオ/イェ・スジョン/イ・ジュンヒョク/チョ・ハンチョル/アン・セハ/ソン・サンウン ニューイヤー・ブルース

さまざまなカップルが新年を迎えるまでの1週間を描いた本作では、婚約中のカップルから、恋人でも友達でもない2人まで…

映画『グロリア 永遠の青春』ジョン・タトゥーロ ジョン・タトゥーロ

1957年2月28日アメリカ、ニューヨーク生まれ。イェール・スクール・オブ・ドラマで学んだ後…

海外ドラマ『And Just Like That...(原題)』サラ・ジェシカ・パーカー/シンシア・ニクソン/クリスティン・デイヴィス ここだけの話22:“2021年末・年始に観たい配信作品”2人座談会 by マイソン&シャミ

今回は2021年最後の収録ということで、年末年始に観たい配信作品について語りました。いろいろな配信チャンネルがある中で、Netflix、ディズニープラス、Hulu、U-NEXT、Amazonプライムビデオの5つから、気になる作品や私達が既に観たオススメ作品などについて取り上げています。

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』トーマシン・マッケンジー/アニャ・テイラー=ジョイ ラストナイト・イン・ソーホー

主人公はファッションデザイナーになることを夢見ているエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)ということで…

映画『ずっと独身でいるつもり?』田中みな実 田中みな実(たなか みなみ)

1986年11月23日生まれ。埼玉県出身。2009年にアナウンサーとしてTBSに入社。退社後はフリーアナウンサー、モデルとして…

部活・イベント

  1. 映画『あまくない砂糖の話』
  2. 映画『おとなの事情』
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『偶然と想像』古川琴音/中島歩
    偶然と想像

  2. 映画『ローラとふたりの兄』リュディヴィーヌ・サニエ/ジョゼ・ガルシア/ジャン=ポール・ルーヴ
  3. 映画『ニューイヤー・ブルース』キム・ガンウ/ユ・インナ/ユ・ヨンソク/イ・ヨニ/イ・ドンフィ/チェン・ドゥーリン/ヨム・ヘラン/チェ・スヨン/ユ・テオ/イェ・スジョン/イ・ジュンヒョク/チョ・ハンチョル/アン・セハ/ソン・サンウン
  4. 映画『ラストナイト・イン・ソーホー』トーマシン・マッケンジー/アニャ・テイラー=ジョイ
  5. 映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/山田杏奈
  6. 映画『軍艦少年』佐藤寛太
    軍艦少年

  7. 映画『成れの果て』萩原みのり
    成れの果て

  8. 映画『ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ
  9. 映画『グロリア 永遠の青春』ジュリアン・ムーア/ジョン・タトゥーロ
  10. 映画『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』ルーク・ドイル/ミシャ・ハンドリー
PAGE TOP