NEWS

役所広司、土屋太鳳、北村匠海他、豪華ゲストが続々登場!第33回東京国際映画祭オープニングセレモニー

  • follow us in feedly
  • RSS
第33回東京国際映画祭オープニングセレモニー、役所広司

10月31日より、第33回東京国際映画祭(TIFF)が開催となりました!今年は新型コロナウイルス感染予防対策のため、毎年恒例の六本木ヒルズアリーナでのレッドカーペットイベントは実施に至りませんでしたが、東京国際フォーラムホールCのロビーにてレッドカーペットを模したレッドカーペットアライバルが行われました。さらに、オープニングセレモニーも実施され、映画の祭典の幕開けを祝福する豪華なゲストが続々と登場しました!

まずオープニングアクトに登場したのは、FILM SCORE PHILHARMONIC ORCHESTRA。約5分間にわたる名作映画音楽のメドレーを生演奏し、会場を盛り上げました。続いて登場したのは、映画祭の顔であるチェアマンの安藤裕康。挨拶では、「新型コロナウイルスが猛威を振るい苦境が続くなか、映画祭を開催すべきかずっと悩み続けてきました。そして今日こうして皆様のご参列をいただいてオープニングセレモニーを開催できること、本当に感無量でございます」とコメントしました。

第33回東京国際映画祭オープニングセレモニー『10万分の1』平祐奈、優希美青

そしていよいよ出品作品のゲストが登壇!まず、『10万分の1』より平祐奈と優希美青が登場。続いて『フード・ラック!食運』からEXILE NAOTOと土屋太鳳、そして今回初監督を務めた寺門ジモンの他、キャストのみならずスタッフも登場し、壇上で笑顔を輝かせました。

第33回東京国際映画祭オープニングセレモニー『フード・ラック!食運』EXILE NAOTO、土屋太鳳、寺門ジモン監督

本年度は、世界中の名だたる映画祭が新型コロナウイルスの状況を鑑み開催が中止となりましたが、リアルでの開催を決断した本映画祭に向けて、海外の映画人からも応援のメッセージが届きました。『TENET テネット』が大ヒット中のクリストファー・ノーラン監督は「このような厳しい時期に、皆さんが大きなスクリーンで映画を観ることをたたえ、そして楽しむ道を見出してくれたことは、私にとって、そして世界中の映画製作者にとってインスピレーションの源となります」とコメントを寄せました。

第33回東京国際映画祭オープニングセレモニー、クリストファー・ノーラン監督

TIFFにも馴染みの深いタイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督は、「開催を実現させた関係者の皆様の尽力は素晴らしい」とコメントし、さらにカンヌ国際映画祭総代表のティエリー・フレモーは、「世界中の人々に観てもらいたいという期待を抱きながら映画を製作する映画人を励ますと同時に、観客の皆様も勇気づけられることでしょう」とそれぞれ称賛の言葉を贈りました。さらに、俳優ロバート・デ・ニーロからも、日本語で「オメデトウゴザイマス!」と茶目っ気たっぷりなメッセージが到着。客席からは驚きの声が漏れました。

第33回東京国際映画祭オープニングセレモニー、ロバート・デ・ニーロ

そして、フェスティバル・アンバサダーを務める役所広司もラインナップ記者会見に引き続き祝福に駆け付けました。「ロバート・デ・ニーロさんみたいに短くコメントができれば良いのですが…」と前置きし、「今回の映画祭の開催はこれまでとは異なる形ですので、実行委員の皆様はとても苦労されたかと思います。いよいよ今日から始まる映画祭、観客の皆様と頑張っていきたいと思います。メディアの皆様もどうぞよろしくお願いします!」と、堂々と挨拶しました。

第33回東京国際映画祭オープニングセレモニー、役所広司

今年は例年とは違い、観客が良かった映画を自ら選ぶ“観客賞”が選出されることに対し、映画を観る時に大事にしている視点を問われた役所広司は、「観客が映画を評価するのは1番正しいこと。でも世界中の映画人が人生をかけて作った作品を評価するのには責任を感じてしまいますね。素直に心を動かされた作品に投票することが大事だと思います。観客の皆さんが重要な役割を担うというのは映画祭の熱気につながると思うので、とても良いことですよね。映画産業を盛り上げる賞になるのではないかな」と期待を寄せました。

日本映画界の今を映し出す“Japan Now部門特集”からは深田晃司監督、森崎ウィン、筒井真理子が登場。部門の選出について深田監督は「本当に驚きました。自分にはまだ特集組んでもらえるようなキャリアはないと思っていたので。しかし2010年に『歓待』という作品で賞をいただいてからちょうど10年なので、もっとがんばれと叱咤激励を受けたと思っています。今回上映される作品は、2005年に自分が初めて人のお金で製作した『ざくろ屋敷バルザック「人間喜劇」より』という映画や、『東京人間喜劇』という自主映画もあります。僕の映画を全く観たことない人に入門編として観てもらえたら嬉しいです」とコメントしました。

第33回東京国際映画祭オープニングセレモニー『本気のしるし《劇場版》』深田晃司監督、森崎ウィン、筒井真理子

“共感度0.1%”と言われている、深田晃司監督作『本気のしるし《劇場版》』の出演について森崎ウィンは、「僕が初めて脚本を読んだ時には0.1%も共感できなかったくらい現実味のないストーリーでした。しかし、撮影前に深田監督と何度も話し合いを重ねてくうちに、いつの間にか深田ワールドに引き込まれていることに気が付きました。どんどん深田マジックにかけられて知らないうちに主人公の辻という役になっていたんです」とエピソードを披露。『よこがお』『淵に立つ』と深田監督の2作品に出演した筒井真理子は、『よこがお』で2019年度芸術推奨文部科学大臣賞という栄えある賞を受賞したことについて、「受賞を聞いた時は、何かの間違いかと思いました。『淵に立つ』も『よこがお』も深田監督から脚本をいただいた段階で“素晴らしい映画になるな”と鳥肌が立ったことを思い出しましたし、そんな賞がいただけるように導いてくれた監督に感謝しています。ただ実は、このコロナ禍で授賞式が中止になってしまいまして、立派な賞状を宅急便のお兄さんからいただいたのは少し残念でした」と笑顔で語りました。

第33回東京国際映画祭オープニングセレモニー『アンダードッグ』森山未來、北村匠海、瀧内公美、武正晴監督、足立紳(脚本家)、佐藤現(プロデューサー)

オープニング作品に選出された『アンダードッグ』からは、武正晴監督、北村匠海、瀧内公美、脚本家の足立紳、佐藤現プロデューサーが登場。主演の森山未來は、大阪で舞台公演中のため、リモートでの参加となりました。ボクシング未経験だった森山と北村は役作りのために1年以上かけてトレーニングを行ったそうで、そのことについて北村匠海は、「格闘技をやったことは人生で一度もなかったのですが、格闘技を見ることは好きだったので、お話をいただいた時は嬉しかったです。リングに上がれる機会を逃すまいと出演を決めました」と語り、森山未來は「ボクサー役を演じるまでは、憎くもない相手を殴ったり、殴られなくてはいけないボクシングがよくわからなかったが、練習の最中にトレーナーに殴られた時に自分の中でアドレナリンが出る感覚があり、ボクシングというものに取り憑かれてしまう人の気持ちが理解できました」と撮影を振り返りました。

第33回東京国際映画祭オープニングセレモニー『アンダードッグ』北村匠海、瀧内公美

武監督は、「ボクシングを演出するのは難しかったです。この手の映画はキャストが本当に重要で、森山さんや北村さんをキャスティングできたからこそ良い作品ができました。キャストは皆全身全霊をかけて演じてくれました。今年の1〜2月に撮影をし、世界が大変な時期になっているなか、編集作業を進め、今年中に公開を迎えます。困難に打ち勝った作品のようでとても感慨深いです」と作品への愛を語りました。そして最後の挨拶として、武監督は「非常に意義深い作品でこうやって映画祭に呼んでいただき、非常に光栄に思っています。こういう場所でいろんな映画人達ともっともっと映画の話をして、次の企画を考えていきたいと思います。映画祭とはそういう場所であって欲しいと思うので、ぜひ映画祭の中で皆さんもいろいろな交流を進めていただきたいと思っています。本当にこういう場を与えていただけると、“やっぱり(映画製作を)やめられないな”と思います」と熱いメッセージを残し、イベントを締めくくりました。

東京国際映画祭は11月9日まで開催です。会期中の上映作品の鑑賞方法などは公式サイトにてご確認ください!

第33回東京国際映画祭

<第33回東京国際映画祭>
開催期間:2020年10月31日(土)~11月9日(月)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷、日比谷ステップ広場ほか
公式サイト

©2020 TIFF

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ 天空の結婚式

2016年にイタリアの下院議会で同性カップルの結婚に準ずる権利を認めるシビル・ユニオン法が…

映画『滑走路』吉村界人 吉村界人

1993年2月2日、東京都生まれ。2014年、『PORTRAIT -ポルトレ-』で…

映画『Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~』ダン・スティーヴンス 小説家で観る映画特集Vol.1

この特集では実在の小説家自身の物語や、その小説家に影響を受けた人物が主人公の作品、またはその作家の小説の映画化作品にフォーカスを当ててご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、最初からシリーズ化し、今回は第1弾としてお届けします。

映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳 さんかく窓の外側は夜

霊が見える男と、霊を祓える男が主人公ということで、ホラーだなとは予測…

映画『野球少女』イ・ジュヨン 『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』トルーマン・カポーティ トルーマン・カポーティ

1924年9月30日アメリカ、ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。19歳のときに執筆した…

映画『Swallow/スワロウ』ヘイリー・ベネット 心理学から観る映画26:異食症はなぜ起こる?

幼児に多く見られると言われる異食症ですが、大人にもその症状がある場合、どんなことが起こっているのでしょうか?今回は映画『Swallow/スワロウ』を題材に考えてみます。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  2. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  3. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  4. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  5. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  6. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  7. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

  8. 映画『エマの秘密に恋したら』アレクサンドラ・ダダリオ/タイラー・ホークリン
  9. Netflixドラマ『ザ・ポリティシャン シーズン1』ベン・プラット
  10. 映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ミシェル・ロドリゲス
PAGE TOP