取材&インタビュー

『フタリノセカイ』坂東龍汰さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『フタリノセカイ』坂東龍汰さんインタビュー

本作でトランスジェンダーであるキャラクターを演じた坂東龍汰さんに役作りについてのお話や、この作品に携わって感じたことなどをお聞きしました。お話からとても真摯に作品に向き合い丁寧に役作りをされたのだなというのが伝わってきました。

<PROFILE>
坂東龍汰(ばんどう りょうた):小堀真也 役
1997年5月24日アメリカ生まれ、北海道出身。2017 年に俳優デビュー。2018年、NHKスペシャルドラマ『花へんろ 特別編 春子の人形』で主演を飾る。以降、『十二人の死にたい子どもたち』『閉鎖病棟―それぞれの朝―』『犬鳴村』『静かな雨』『#ハンド全力』『スパイの妻』などの作品に出演。2021年は、映画『ハニーレモンソーダ』『犬部』、TVドラマ『この初恋はフィクションです』『真犯人フラグ』に出演。公開待機作品に、『峠 最後のサムライ』がある。


頭だけで理解するのではなく体でもしっかり覚えないといけないと思って挑んだ

映画『フタリノセカイ』片山友希/坂東龍汰

マイソン:
まず脚本を読んだ第一印象を教えてください。

坂東龍汰さん:
第一印象は難しい役だなと。題材がLGBTQで、僕自身詳しく知らない状況でのオファーだったので、まず勉強しなきゃというところから始まりました。実際に僕がFtM(女性として生まれたものの、自分は男性だと認識している人)の役を演じるというのは最初は想像がつきませんでしたが、監督自身がFtMの当事者なので、監督に聞いたり話したりして、事前準備をしていきました。作品としては辛い描写とかも多くて、LGBTQの人ってこんなに辛い想いをしているというのももちろんあるんですけど、それだけを伝えたい映画ではないと思いました。この作品を通してこんな未来の形もある、こんな可能性もあるというのをすごく伝えたい映画だなと。あとはラブストーリーというところが1番大きいと思います。小堀真也とユイ(片山友希)がすごく強いもので惹かれ合っている物語だと思ったので、すごく重い作品になるとは思わず、ある意味そこに希望を持って演じるのが楽しみでした。

マイソン:
2人の10年間の物語で上映時間内では描き切れない部分があると思うのですが、どうやって役作りをされたのでしょうか?

映画『フタリノセカイ』坂東龍汰さんインタビュー

坂東龍汰さん:
壮大な役作りが必要だなと感じました。真也が性の違和感に気付き始めたところからユイと出会うところまでのバックボーンを自分で考えないといけませんし、そこで真也がすごく戦ったものだったり、向き合ったコンプレックス、体のこと、手術、ホルモン注射をすると決めるところまで、映画の中で描かれていない部分は監督自身の体験や経験を聞いて僕がそれをちょっとでも自分で理解する、頭だけで理解するのではなく体でもしっかり覚えないといけないというのもすごくありました。1ヶ月くらいの準備期間にできることが何かないかと考えて、監督に聞くのが1番早かったので「どうしたら良いですか?」と聞いたり、トランスジェンダーの方が集まるバーに行ってみたり、実際に胸を特殊造形で作るということもあったので、そういう体験というか体で感じることでも準備しました。

マイソン:
胸は映さないのかなと思ったら、ちゃんと映していましたよね。

坂東龍汰さん:
僕自身男として生まれて男として育っているので、僕を元々知っている人だったら体が男の人に見えてしまうところを、ああいう風にちゃんと胸を映すことでかなりリアリティがあるというか、あの描写はすごくこの映画にとって大切だったんじゃないかと思います。あとは当事者がいらっしゃる題材を扱っているので、やっぱり失礼のないように、そこには自分が嘘をつかず、できる限りのことはしてちゃんと自分がわかった状態で演技をするということが大事になる作品だなと思いました。

映画『フタリノセカイ』坂東龍汰

マイソン:
LGBTQを題材にした作品がかなり増えてきて私もたくさん観てきましたが、この作品を観て、やっぱり自分がまだまだわかっていないことが多いと思いました。

坂東龍汰さん:
そうですよね。この作品はかなり衝撃的ですもんね。ストーリーがすごいというか、最後のシーンとか真也の行動とかチョイスがすごいじゃないですか。僕もやっぱりまだまだ知らないことだらけだなって今でも思います。やっと日本も同性婚だったりLGBTQに関しての理解をしようと多くの方が思い始めているタイミングで、コロナもきっかけとなっていろいろなことを考えたり、政治に関しても若者が関心を持ち始めている時代に、メッセージ性の強いこの作品が日本国内で上映されるというのはものすごく意味のあることなんじゃないかなと思います。2年前にこの作品ができてすぐに公開するよりも今のほうが確実に観てくれる人が多いでしょうし、セクシャルマイノリティであるLGBTQ自体がカテゴライズできないもので、そういうところに関心や理解が深まって差別や偏見がなくなれば良いなとすごく思います。いろいろな愛の形があって良いんだよということをすごく伝えたい映画で、監督自身も当事者であることからある意味希望を皆さんに持ってもらいたいという意味でも書いた脚本だと思います。僕もそこは自分の肉体を使ってできる限り伝えられたらと思いました。芝居も不慣れなところがたくさんあって、まだまだ勉強しないといけないなと思いますが、撮影当時出せる100%を出せたと思うので、何か伝わるものがあって、より多くの方が関心を持ってもらえる日本になったら良いなと思っています。

映画『フタリノセカイ』坂東龍汰さんインタビュー

マイソン:
ありがとうございます。ではちょっと話題が変わるのですが、板東さんが俳優になったきっかけや、このお仕事に興味を持ったきっかけを教えてください。

坂東龍汰さん:
北海道のシュタイナー学校というちょっと変わった学校に通っていて、当時姉が入っていた児童劇団みたいなところに僕も入っていたのですが、当時僕は人前に立つとすごく緊張しちゃって嫌いだったんです。セリフも全然覚えられないし、早く辞めたいと思っていて(笑)。でも徐々に演劇のおもしろさみたいなものに目覚めて、高校3年生の時にやった舞台がきっかけで「これしかない!」と思いました。これを職業にしないで僕は何を職業にするんだろうって。それまではカメラも好きだったし、社交ダンスもしていたし、ギターも歌も好きだし、5年間くらい世界中を旅してカメラで写真を撮って自伝でも出そうかなと考えていて、そんなふわっとした自分の未来が役者というものにフォーカスしたのはそのタイミングかもしれません。18歳くらいの時ですね。

マイソン:
そのお芝居自体がピタッときたという感じですか?

坂東龍汰さん:
そうですね。すごくエモーショナルな感じで言葉には表せない感覚に初めてなりました。

映画『フタリノセカイ』片山友希/坂東龍汰

マイソン:
それは役自体がおもしろかったのと、観客の方の反応とかも含めてでしょうか?

坂東龍汰さん:
それもありますね。自分の声が届いてそれに対しての反応だったり、観終わった後の感想だったり、顔はすごく鮮明に覚えていて、人前に立つことが大嫌いだった自分がこんなに人の1日を変えることができるんだということにすごく感動しました。

マイソン:
なるほど〜。海外にもいらっしゃったので、英語圏の作品も将来的には視野に入っているのでしょうか?

坂東龍汰さん:
やってみたいという気持ちはもちろんあります。僕はハリウッド映画から観始めたので。ハリウッド映画ばかり観てすごく影響されて興味を持ち始めたので、自分のルーツというか最初に触れたものは野球でいうメジャーリーグにあたるハリウッドです。プロ野球選手になってメジャーリーグに行きたい小学生が本場のメジャーリーグを観ていないわけがないじゃないですか。それと一緒で、まだ漠然としていますけどハリウッドは何か本当に1つでもチャンスがあるなら将来的には挑戦してみたい夢の場所ではあります。

映画『フタリノセカイ』坂東龍汰さんインタビュー

マイソン:
子どもの時に夢中になっていたのは、例えばどんなハリウッド作品でしょうか?

坂東龍汰さん:
夢中になった作品はあり過ぎますが、“ロード・オブ・ザ・リング”や“ハリー・ポッター” “パイレーツ・オブ・カリビアン”にハマっていました。当時教育上テレビ、ゲームは見せてもらえず、携帯もなかった自分にとっては信じられない世界だったので衝撃的過ぎました。自分の世界よりそっちが本物なんじゃないかと思うくらいエッセンスが強くて刺激的で、あの時の衝撃は今でも忘れられないですね。今初めて『マトリックス』を観るのと、子どもだった当時の僕が『マトリックス』を観て受ける衝撃は、今の何百倍もあったと思います。初めて『マトリックス』を観た時は本当にすごかったですね。本当にこんな世界があるんじゃないかって信じ込んでいたので、すごく影響されていました。

マイソン:
確かにどの作品も子どもの頃に観ると一層衝撃が強いですよね!ではこれは皆さんに聞いている質問なのですが、これまでにいち観客として大きな影響を受けた映画、もしくは俳優、監督がいらっしゃったら教えてください。

映画『フタリノセカイ』坂東龍汰さんインタビュー

坂東龍汰さん:
あり過ぎて困っちゃいますね。どうしよう。じゃあ最近観たものにします。『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』に出ていたサリー・ホーキンスとイーサン・ホークのお芝居ですね。2人とも役の年齢よりも実際はだいぶ下の年齢で演じられていたと思うんですけど、久々にシビれました。僕からしたら何年この役に使ったんだろうと思わせるような説得力というか凄まじいものがありました。イーサン・ホークの昔の作品だと『リアリティ・バイツ』とか『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』とか好きな映画があるんですけど、ああいう渋いイーサン・ホークもカッコ良いなと思いました。目の奥にある感情みたいなものをすごく感じて、表情が動いていないのに伝わってくるというのはああいう静かな映画にこそある機微なのかなと思いました。

マイソン:
本日はありがとうございました!

2021年11月24日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『フタリノセカイ』片山友希/坂東龍汰

『フタリノセカイ』
2022年1月14日より全国順次公開
PG-12
監督・脚本:飯塚花笑
出演:片山友希/坂東龍汰/嶺豪一/持田加奈子/手島実優/田中美晴/大高洋子/関幸治/松永拓野/クノ真季子
配給:アークエンタテインメント

トランスジェンダーの真也とユイ(シスジェンダー)は出会った瞬間から惹かれあい、すぐに急接近。だが、真剣な交際になるにつれ、結婚や子どもをどうするかといったところで壁が立ちはだかる。

公式サイト  REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2021 フタリノセカイ製作委員会

関連記事
  • イイ俳優セレクション/片山友希(後日UP)
  • イイ俳優セレクション/坂東龍汰(後日UP)
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『ホークアイ』ジェレミー・レナー/ヘイリー・スタインフェルド ホークアイ

これは、ニューヨークに住む少女ケイト・ビショップが、ある日敵と戦うホークアイことクリント・バートン(ジェレミー・レナー)の活躍ぶりを目撃し…

映画『ハウス・オブ・グッチ』ジェレミー・アイアンズ ジェレミー・アイアンズ

1948年9月19日イングランド、ワイト島生まれ。ブリストルのオールド・ヴィック・シアターで演技を学んだ後に…

映画『夕方のおともだち』村上淳/菜葉菜 夕方のおともだち

“SMクラブ”“女王様”という強いワードがありますが、良い意味で想像とは…

映画『ノイズ』藤原竜也/松山ケンイチ/神木隆之介 ノイズ

意図せず殺人を犯してしまった男と、それに関与した親友達が…

映画『スターダスト』ジェナ・マローン ジェナ・マローン

1984年11月21日アメリカ、ネバダ州出身。10歳の時に『冷たい一瞬を抱いて』で映画デビューし…

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』スティーブン・スピルバーグ監督 スティーヴン・スピルバーグ特集:人気作品ランキング

今回は、最新作『ウエスト・サイド・ストーリー』(2022年2月11日より全国公開)の公開を記念し、これまでスティーヴン・スピルバーグが監督した作品(一部テレビ映画も含む)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『前科者』有村架純/森田剛 前科者

本作はWOWOWでドラマ版が放送(現在はWOWOWオンデマンド、Amazon Primeにて配信中)されていますが…

映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』サブリナ・アマーリ クレッシェンド 音楽の架け橋

今も争いが続くパレスチナとイスラエルの音楽家を夢見る若者達が集まり、オーケストラを結成するという…

映画『こんにちは、私のお母さん』チャン・シャオフェイ チャン・シャオフェイ

1986年1月10日生まれ。中国、遼寧省出身。2009年に北京電影学院俳優科を卒業後…

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』カヤ・スコデラリオ/アヴァン・ジョーギア バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の“バイオハザード”シリーズでは、ゲームシリーズには登場しないアリスを主人公として映画独自のストーリーが展開されました。それに対して…

部活・イベント

  1. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
  4. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)ホラーパーティー2021
  5. 映画『あまくない砂糖の話』

おすすめ記事

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』スティーブン・スピルバーグ監督 スティーヴン・スピルバーグ特集:人気作品ランキング

今回は、最新作『ウエスト・サイド・ストーリー』(2022年2月11日より全国公開)の公開を記念し、これまでスティーヴン・スピルバーグが監督した作品(一部テレビ映画も含む)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ/エミリー・ブラント “お気に入りのファッション映画”特集2022

華やかなファッションや、細部までこだわるプロの仕事が観られるファッション映画。2022年は『ハウス・オブ・グッチ』をはじめ、気になる新作が続々と公開となります。そこで今回はファッションにまつわる映画(ドキュメンタリー作品を含む)、ファッション業界を描いた映画、ファッション要素が強い映画でどの作品が好きか聞いてみました。

映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン トーキョー女子映画部が選ぶ 2021年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2021年ベスト5】を発表!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『キャロル』ケイト・ブランシェット/ルーニー・マーラ クリスマスシーズンに観たい映画ランキング

今年も年末に差し掛かり、いよいよクリスマスが迫ってきました。そこで今回は、編集部独断でクリスマス映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品について聞いてみました。皆さんの好きな作品は果たして何位にランクインしているのでしょうか?

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 “お父さんが嫌いなんじゃない”娘達の本音トーク『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』部活リポート

大人気シリーズ第2弾となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は、主人公ボス・ベイビーとその兄ティムの兄弟関係と共に、父でもあるティムとその娘タビサの親子関係もしっかりと描かれています。だんだん成長するにつれ、すれ違う娘の気持ちとお父さんの気持ち。そんなとても切なくて温かい父と娘の物語も印象的だということで、今回の部活では、娘目線で父と娘について語る座談会を実施しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

REVIEW

  1. 海外ドラマ『ホークアイ』ジェレミー・レナー/ヘイリー・スタインフェルド
    ホークアイ

  2. 映画『夕方のおともだち』村上淳/菜葉菜
  3. 映画『ノイズ』藤原竜也/松山ケンイチ/神木隆之介
    ノイズ

  4. 映画『前科者』有村架純/森田剛
    前科者

  5. 映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』サブリナ・アマーリ
  6. 映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』カヤ・スコデラリオ/アヴァン・ジョーギア
  7. 映画『Pure Japanese』ディーン・フジオカ/蒔田彩珠
    Pure Japanese

  8. 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』
  9. 映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』ダービー・キャンプ/ジャック・ホワイトホール
  10. 映画『シルクロード.com ―史上最⼤の闇サイト―』ジェイソン・クラーク
PAGE TOP