取材&インタビュー

『MIRRORLIAR FILMS Season1』山下敦弘監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”メイキング、山下敦弘監督

若手とベテラン、メジャーとインディーズの垣根を越え、切磋琢磨しながら映画を作り上げる短編映画制作プロジェクト<MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)>。今回はそのSeason1で、“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”のメガホンをとった山下敦弘監督にリモートでお話を伺いました。長編映画も手掛ける監督に短編の好きな点やフィルム撮影の良さ、この10年間での映画業界の変化について聞いてみました。

<PROFILE>
山下敦弘(やました のぶひろ):監督
1976年8月29日、愛知県出身。大阪芸術大学映像学科に進学、熊切和嘉監督と出会い『鬼畜大宴会』(97)にスタッフとして参加。その後、同期の向井康介、近藤龍人らと共に『夏に似た夜』(96)『腐る女』(97)『断面』(98)などの短編を真夜中の子供シアター名義で制作、初の長編映画『どんてん生活』(99)は2000年ゆうばりファンタスティック映画祭のオフシアター部門でグランプリを受賞、内外の映画祭で話題を呼ぶ。『ばかのハコ船』(03)『リアリズムの宿』(04)に続き『リンダ リンダ リンダ』(05)で本格的商業映画デビューを飾りスマッシュヒットとなる。その後は『松ヶ根乱射事件』『天然コケッコー』(07)『マイ・バック・ページ』(11)『苦役列車』(12)『もらとりあむタマ子』(13)『ぼくのおじさん』(16)『コタキ兄弟と四苦八苦』(20)と順調にキャリアを積み重ね、作家性と娯楽性とを入り混ぜたゆるい作風で人気を呼んでいる。『ハード・コア』(18)で芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。近作に『昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-“言えない二人”』(11月26日公開予定)がある。


この先10年も映画を作っていく必要がある

映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”山本浩司/山本剛史/宇野祥平

シャミ:
監督はこれまでに長編映画も手掛けてこられていて、今回は短編でしたが、それぞれの好きなポイントはどんなところでしょうか?

山下敦弘監督:
そもそもは長編映画が基本なのですが、短編の良いところは一筆書きというか、1つのアイデアで描き切れるところです。長編映画の場合は、90分とか120分をどう見せるのか試行錯誤しながら作るのですが、短編に関しては思い付きや発想をそのまま形にできるところがあると思います。だから、あまり難しく考えずに作ることができます。今回は10分くらいの作品でしたが、今回のものをあと9個くらい作ったら長編になるんです(笑)。あとは、短編と長編の時とで自分の構え方や力の入れ方も違います。言い方が少し極端かもしれませんが、短編映画の場合は少し未完成だったり描き足りなくても良いのではないかという余裕のようなものがどこかにあると思います。もちろん短編映画を目指して作っている人はまた違う感覚だと思いますが、僕の場合は長編がベースにあるので、短編は少し肩の力を抜いてできる感覚があります。

シャミ:
今回の映画はどんなところから着想したのでしょうか?

山下敦弘監督:
限られた予算の中でできることは何かなと考えました。10年前に撮った“無事なる三匹”という短編があるのですが、それは1シーン1カットの自主映画でキャストも少なかったので、フィルムで撮影したんです。フィルムは高いので長編映画を作る時だとプロデューサーが嫌がるのですが、短編ならフィルムでもできるということでフィルムで撮影しました。今回はそれを思い出して、「あのやり方だったらできるかもしれない」と思いました。10年前は震災直後で今はコロナ禍だったのは偶然でしたが、その状況下の男達の話ができそうだなと考えました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”メイキング、山下敦弘監督
メイキング

シャミ:
そうだったんですね。監督の思うフィルムの魅力は何ですか?

山下敦弘監督:
今回は16ミリで撮っているので、他の作品と並べて観るとたぶん全然違うと思います。やっぱり1番は質感ですね。今回は映写機で上映しているような雰囲気を出すように、敢えてタイトルとかを少し動かしているんです。今のデジタルだとそういったブレがなくパチッと上映されますが、昔の映画はコマがずっと微妙に動いていて、若干ブレがあったので、映写機で上映しているような雰囲気にしています。じゃあ何が違うのかと言われると、本当に体感でしかないのですが、その辺は皆さんにも観比べて欲しいと思います。あとは、フィルムの映像は写真っぽさもあると思います。デジタルの場合は、映像でありデータでもありますが、フィルムの場合は何となく写真が動いている感じがするんです。たぶん今の若い人にとってはあまり関係ないかもしれませんが、僕らが観てきた映画はずっと何かしら動いているというフレームだったので、それに若い人達が違和感を感じるのか新鮮に感じるのかわかりませんが、どうなんでしょう。

シャミ:
最近は若い人の間でフィルムカメラも流行っていますし、今回の映像も「エモいな」と感じて観る人も多い気がします。

山下敦弘監督:
エモいって良いですね!すごくピッタリだと思います。被写体はエモくありませんが(笑)。

シャミ:
それもまたリアルさがあって個人的には好きでした。

山下敦弘監督:
本当ですか?皆おじさんだから肌も黄色いけど(笑)。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”山本浩司/山本剛史/宇野祥平/水澤紳吾/益子寺かおり(ベッド・イン)/中尊寺まい(ベッド・イン)/山本ロザ

シャミ:
ハハハハハ!デジタルで美しく観るのも良いですけど、フィルムのちょっと粗い映りも逆に良いですよね。

山下敦弘監督:
おじさん達のたるんだ肉はデジタルだと綺麗に映りすぎて良くないかもしれないからフィルムならちょうど良いかもしれませんね(笑)。

シャミ:
本作は震災やコロナもキーワードになっていて、世の中でそういった大きな出来事が起きると、変化を余儀なくされてしまい、変化に対応できる人とできない人の両方が出てくると思います。監督ご自身は現在のコロナ禍での変化をどのように捉え、どう向き合っていますか?

山下敦弘監督:
正直付いて行くのに必死です。コロナが2020年だけで終息していたら戻れたかもしれませんが、たぶんもう元には戻らないと思っています。このまま2、3年経って、はっきりと戻れないとわかった時には、その変化に対応していくしかないだろうなと感じています。皆さんもそうだと思いますが、こんなに長引くと思っていなかったので、「どうやらこの先は元に戻らないぞ」という覚悟でやっていくしかないと思います。僕の場合は若干お酒の量が減ったので、そういった変化もありました(笑)。

シャミ:
体には良さそうですね(笑)。

山下敦弘監督:
飲み会が減ったからなのか単純に年をとって体力が落ちているのかもしれません。そういう意味ではちょうど良いタイミングだったと前向きに捉えています。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”水澤紳吾/益子寺かおり(ベッド・イン)/中尊寺まい(ベッド・イン)/山本ロザ

シャミ:
本作も含め過去の監督作品でも、ちょっと残念な部分もあるけどそれが愛おしく思えるキャラクターが印象に残るなと感じるのですが、監督が映画で描きたくなる人について、普段どんなところでインスピレーションが湧くのでしょうか?

山下敦弘監督:
昔から演じてもらう俳優さんのイメージに合わせて話を考えるというやり方だったので、今もキャスティングをする時はなるべく演じてもらう人の持っている雰囲気や空気を脚本にも寄せたいと考えるようにしています。今回はオリジナル作品で、脚本については男達のイメージが明確にありました。要はナンパに失敗して欲しいなという4人がいて、出ている役者も普段から知っているメンバーなので、たぶん僕は彼らをああいう風に見ているんだと思います(笑)。今は原作があってそれが脚本になってと、昔とやり方が違う場合もありますが、オリジナルで作る時は登場人物達から考えています。演じてもらう人から逆算して登場人物を考えることが1番シンプルかなと思います。

シャミ:
現場で演出する上で気を付けている点や、いつも伝えていることがあれば教えてください。

山下敦弘監督:
今回の短編に関してはあまり言ってないと思います。ちょこちょこ言ったことはありましたが、何も言わなくてもそう見える4人で、説明し過ぎるとつまらなくなってしまうキャラクターだと思ったので、特別なことは言いませんでした。僕の場合、演じてもらう人の匂いや持ち味をいかに活かせるかと考えた時に、あまり説明しないほうが良いタイプの俳優さんと、説明しながらお互いに答えを見つけていくタイプの俳優さんといろいろなタイプの方がいるので、毎回それを探っています。僕が説明をし過ぎたことであまり良くなくなってしまった時もありますし、何も言わないほうが良かったなと思った時もあります。逆にずっと言い続けたことによって良くなった人もいます。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”メイキング、山下敦弘監督
メイキング

シャミ:
そのさじ加減を調整するのは大変そうですね。

山下敦弘監督:
本当に役者との距離感が大事だなと思います。

シャミ:
わかりました。本作では10年間という時を隔てた男性達の姿が映し出されていましたが、監督が映画業界の10年を振り返って1番変化したなと感じることは何かありますか?

山下敦弘監督:
単純に若い人が増えたなと感じています。10年前くらいまでは自分が若手だと思っていたのですが、今は次の若手がいっぱい出てきて「もう若手じゃなくなってしまったんだ」という気持ちです(笑)。

シャミ:
ハハハハハ!気が付いたらベテランになっていましたか?

山下敦弘監督:
いや、ベテランでもなく中途半端なところにいる感じです。42、43歳くらいまでは若手のつもりでいましたが、ここ2年くらいで若手じゃないということを自分の中でちゃんと認識しました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”山本浩司/山本剛史/宇野祥平/水澤紳吾

シャミ:
何かきっかけがあったのでしょうか?

山下敦弘監督:
4年くらい前に大分でやっている湯布院映画祭の“若手監督特集”に僕も呼ばれたんです。でも、その時に一緒にいた若手監督を見たらちょっと恥ずかしくなってしまいました(笑)。そこで違和感を感じて、若手と言うにはもう無理があるなと思いました。

シャミ:
逆にこの先10年で映画業界に変わって欲しいことがあれば教えてください。

山下敦弘監督:
昔の話をしても仕方がないかもしれませんが、僕が生まれる前には映画が表現や商業として1番の時代があって、そこからどんどん映画は地位を下げ続けている気がするんです。ある種手軽になってしまったというか、それは時代に合わせて形を変えているというのもあると思いますが、単純にこの先10年も映画を作っていく必要があるなと感じます。そうすれば映画はずっと生き残ると思いますし、やっぱりおもしろい映画をずっと作り続けて欲しいと思います。というか、僕が作れば良いんですけどね(笑)。しばらく長編映画は撮っていないので頑張りますね!

シャミ:
はい、今後の新作も楽しみにしています!少し話題が変わりますが、監督は子どもの頃から映画を好きでしたか?監督という仕事に興味を持ったきっかけも教えてください。

山下敦弘監督:
映画は子どもの頃から好きでした。本当に監督を意識したのはジャッキー・チェンがきっかけです。7、8歳の頃からジャッキーが大好きで、俳優だけでなく監督もやっていることを知りました。写真を見るとカメラの横でジャッキーがメガホンを持っていて、それで監督って良いな、カッコ良いなと思ったんです。その後にスティーヴン・スピルバーグの映画を観るようになって、スピルバーグ監督を覚えましたが、それと同時に中学、高校くらいまでは俳優がカッコ良いと思っていました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』山下敦弘監督インタビュー

シャミ:
今のお話に関連しますが、これまでで1番影響を受けた作品、もしくは俳優や監督など人物がいらっしゃったら教えてください。

山下敦弘監督:
この1本というのはなかなか難しいです。僕はいろいろなものを真似して映画を作っているんです(笑)。もちろん映画からも直接影響を受けていますが、それと同じくらいお笑いやテレビやマンガにも影響を受けていて、ダウンタウンさんのコントも好きでした。だから僕が最初に作った長編映画『どんてん生活』なんてショートコントの羅列みたいな映画なんです。この映画は、今回の作品にも出演している山本浩司さんが主演で、彼は大学の2つ上の先輩だったのですが、当時はガリガリで骸骨みたいな人だったんですよ(笑)。山本さんは当時全然話してくれなくて、寡黙な人だったのですが、僕はすごく興味があって、痩せ細ったシルエットで頭だけすごいリーゼントだったらおもしろいだろうなと思って作ったのが最初の映画です。そういった意味で山本さんには感謝しています。山本さんに出会って、映画に出てくれることになり、それで僕が映画監督になれたので。

シャミ:
影響を受けた1人なんですね。

山下敦弘監督:
そうですね。山本さんは今も俳優をやっているので、それもすごく嬉しいです。

シャミ:
本日はありがとうございました!

2021年9月1日取材 TEXT by Shamy

映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』

『MIRRORLIAR FILMS Season1』
2021年9月17日より全国順次公開
監督:安藤政信/枝優花/武正晴/⻄遼太郎/花⽥陵/針⽣悠伺/藤原知之/三吉彩花/⼭下敦弘(五⼗⾳順)
出演:安藤政信/飯島望未/宇野祥平/奥村⼼結/春⽇潤也/河井⻘葉/⽊村多江/友近/永井理⼦/仁村紗和/本⽥響⽮/⽔澤紳吾/森川葵/⼭⼝まゆ/⼭⽥孝之/⼭中蓮名/⼭本浩司/⼭本剛史/横⽥真悠/吉⽥美⽉喜/渡辺⼤知/渡辺哲(五⼗⾳順)
配給:イオンエンターテイメント

<MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)>は、伊藤主税(and pictures)、阿部進之介、山田孝之らが「だれでも映画を撮れる時代」をテーマに、自由で新しい映画製作の実現を目指し、年齢や性別、職業やジャンルに関係なく、若手とベテラン、メジャーとインディーズの垣根を越えて切磋琢磨しながら映画を作り上げる短編映画制作プロジェクト。俳優、映画監督、漫画家、ミュージシャンなど総勢36名が“変化”をテーマに作り上げた短編映画をオムニバス形式で4シーズンに分けて公開。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”山本浩司/山本剛史/宇野祥平

短編<無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇>
監督:山下敦弘
出演:山本浩司/山本剛史/宇野祥平/水澤紳吾/益子寺かおり(ベッド・イン)/中尊寺まい(ベッド・イン)/山本ロザ

震災から10年が経ち、あの男達が帰ってきた!彼らの新たな敵は“新型コロナウイルス”。出会いのない4人は…。

公式サイト

©2021 MIRRORLIAR FILMS PROJECT

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』トム・シリング 『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン ワン・セカンド 永遠の24フレーム

これは、大切なもののために必死になっている人人間を描いた…

映画『マリー・ミー』ジェニファー・ロペス ジェニファー・ロペス

1969年7月24日アメリカ、ニューヨーク市ブロンクス生まれ。俳優、歌手、プロデューサー、ファッションデザイナー、作家、起業家、人道主義者として…

映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの 『神は見返りを求める』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 20組40名様ご招待

映画『神は見返りを求める』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 20組40名様ご招待

映画『今日も嫌がらせ弁当』芳根京子 映画で“食”について考えてみよう20:日本の食料自給率を知って食事情の問題点を考えよう

現代の食生活は、“飽食の時代”と呼ばれるほど、豊かで満ち足りています。しかし、私達が口にする食べ物がどこからやってきているかご存知でしょうか?今回はそんな日本の食料事情について紹介します。

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トップガン マーヴェリック

本作を観て、トム・クルーズって本当にスゴいなと改めて感じました。本作を観ていると…

映画『女子高生に殺されたい』大島優子 大島優子(おおしま ゆうこ)

1988年10月17日、栃木県出身。AKB48のメンバーとして活動した後、2014年に卒業。俳優としては、2014年に『紙の月』で…

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会:ヴィム・ヴェンダース(映画監督)、役所広司(俳優)、安藤忠雄(建築家)、長谷部健(渋谷区長)、柳井康治(プロジェクトオーナー)、高崎卓馬(クリエイティブディレクター) ヴィム・ヴェンダース監督がトイレを舞台にした新作映画のヒントを明かす!?<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会

2022年5月11日に<THE TOKYO TOILETプロジェクト>の記者発表会が行われ、ヴィム・ヴェンダース監督、俳優の役所広司をはじめ、安藤忠雄(建築家)、長谷部健(渋谷区長)、柳井康治(プロジェクトオーナー)、高崎卓馬(クリエイティブディレクター)らが登壇し、プロジェクトについて語りました。

映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦ 大河への道

日本地図を完成させたとして知られる伊能忠敬で有名な千葉県香取市の市役所で「伊能忠敬にまつわる大河ドラマを作ろう」という企画が持ち上がり…

映画『TITANE/チタン』アガト・ルセル アガト・ルセル

1988年6月14日生まれ。20代で俳優学校に通い、2015年に短編映像作品“5 vagues de l ’avenir(原題)”に…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  2. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2
  4. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  5. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』

おすすめ記事

Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ 働く20代部員限定「仕事とキャリアについて話そう」“リアル交流会”vol.2参加者募集

トーキョー女子映画部では部員さん同士の交流機会を増やすべく、さまざまな交流会を企画しています。そして、この度【働く20代部員限定】で“仕事”“キャリア”をテーマにした交流会を開催します。

Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ 24歳以下部員限定「就職について話そう」“リアル交流会”vol.1参加者募集

今回は新たな交流会企画の第1弾として、【24歳以下の部員の方限定】で“就職”をテーマにした交流会を開催します。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ドリームプラン』ウィル・スミス/サナイヤ・シドニー/デミ・シングルトン 映画好きが選んだスポーツ映画ランキング<実話編>

今回は、『ドリームプラン』(2022年2月23日全国公開)にちなんで、実話が基になったスポーツ映画…

REVIEW

  1. 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン
  2. 映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ
  3. 映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦
    大河への道

  4. 映画『ハケンアニメ!』吉岡里帆/中村倫也/柄本佑/尾野真千子
  5. 映画『流浪の月』広瀬すず/松坂桃李
    流浪の月

  6. 映画『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』クリスティン・スコット・トーマス
  7. 映画『グロリアス 世界を動かした女たち』ジュリアン・ムーア
  8. ディズニープラス『ホワット・イフ…?』
  9. 映画『フォーエバー・パージ』キャシディ・フリーマン
  10. 映画『バブル』
    バブル

PAGE TOP