取材&インタビュー

『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』円井わんさんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』円井わんさんインタビュー

ある小さなオフィスを舞台に、1週間のタイムループに閉じ込められてしまった社員達の姿を描いた映画『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』。今回は本作で主人公の吉川朱海を演じた円井わんさんにお話を伺いました。朱海というキャラクターについてや、撮影中に陥ったリアルなタイムループのお話も聞かせていただきました。

<PROFILE>
円井わん(まるい わん):吉川朱海 役
1998年1月3日生まれ。大阪府出身。2017年、映画『獣道』でスクリーンデビュー。AbemaTVドラマ『ブラックシンデレラ』(2021)で初のレギュラー出演を果たし、映画『KONTORA-コントラ』(2021)で初主演を飾った。その他の主な出演作に、映画『鳩の撃退法』(2021)、『DIVOC-12』(2021)、Amazon Prime Video『ショート・プログラム-ゆく春』(2022)、AbemaTVドラマ『ANIMALS-アニマルズ-』、映画『貞子DX』(2022)などがある。


主人公が何でも一つひとつ取り組んでいく姿勢を尊敬

映画『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』円井わん

シャミ:
最初に脚本を読んだ時、タイムループという設定や、朱海というキャラクターにどんな印象を受けましたか?

円井わんさん:
タイムループという設定はあまり馴染みがなかったので新鮮で、朱海については芯のある強い人という印象でした。最初はすごく分厚い台本だったので驚きました。読むのもすごく大変で、「これはどうやって撮るんだろう?」という気持ちでした。

シャミ:
完成した本編は上映時間82分でしたが、最初の台本だともっと長くなる想定だったのでしょうか?

円井わんさん:
そうだと思います。最終的には初稿よりもだいぶ削られていました。最初はもっとセリフも長かった記憶があります。1日に撮影する量も結構多かったので、初日は2日前くらいから台本を読み込んでいたのですが、2日目以降は余裕がなかったので前日にセリフを覚えていました。

映画『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』円井わんさんインタビュー

シャミ:
大変な撮影だったんですね。

円井わんさん:
頭の限界で一つひとつやらないと覚えられないと思いました。

シャミ:
なるほど〜。朱海を演じる上で、監督から演出されたことや、ご自身で気を付けようと意識された部分はありますか?

円井わんさん:
朱海を演じる上では、私の素が出たら終わりだと思っていました。私と朱海とでは全然違う性格で、朱海のしっかりしている部分をなくしたらおしまいだと思ったので、ちゃんとしようと思いました。監督はわりと自由にやらせてくださって、大事な部分だけはこうして欲しいというお話もありましたが、「それで大丈夫です」ということのほうが多かったです。なので、上手く演じられたのかなと思いました。

映画『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』円井わん/長村航希/三河悠冴/八木光太郎/髙野春樹

シャミ:
ご自身と朱海とで性格が違うというお話がありましたが、現場ではどうやってスイッチを切り替えていたのでしょうか?

円井わんさん:
私は関西人なので、すぐふざけてしまうんですよ(笑)。それを封印してなるべく笑わないようにしていました。おもしろい場面だとどうしても笑いたくなってしまうのですが、朱海が映っている時は、敢えて人を見下しているような表情を作っていました。

シャミ:
確かに朱海は笑顔というよりも、ひたすら仕事に燃えているイメージでしたね。

円井わんさん:
朱海の状況に共感はできるのですが、外見に滲み出るくらいの真面目さは私にはないです。だから、本当にちゃんとしないといけないとずっと思っていました。

映画『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』円井わんさんインタビュー

シャミ:
具体的に朱海のどんなところに共感できましたか?

円井わんさん:
朱海が仕事でも何でも一つひとつ取り組んでいく姿勢には、共感できました。でも、私の場合は地道にコツコツというのが本当に苦手なので、朱海のそういうところは尊敬しています。

シャミ:
朱海は、最初タイムループしていることに気づいていませんでしたね。でも、毎日多忙でルーティン化した日々を過ごしているとタイムループしても気がつかないのかなと感じました。円井さんだったら、どの段階で気が付くと思いますか?

円井わんさん:
私はすぐ気づくと思います。同じことができないので、途中で発狂してしまいそうな気がします(笑)。「何で同じことばっかりしているんだろう。おかしくない?」と、誰かに言われる前に自分で気づくと思います。

映画『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』円井わんさんインタビュー

シャミ:
逆に朱海がタイムループに気づかず、あそこまで仕事に没頭しているのもすごい集中力ですよね。

円井わんさん:
すごいですよね!私には絶対に無理です(笑)。

シャミ:
皆が繰り返しの日々に気づいて行動を変えていく姿も印象的でした。タイムループはできなくても、世の中には朱海のように毎日多忙な日々を過ごしている大人が多いと思います。そういった方々にアドバイスをするとしたら、円井さんは何と声をかけますか?

円井わんさん:
えー!!おこがましくて何も言えません(笑)。でも、とにかく息抜きをして欲しいです。仕事だけに生きて欲しくないので、「ちょっとは休んでも良いんじゃないですか?」と言います。私の周りでもそういう人がいて、本人が好きでやっていたり、楽しいと思っているなら良いのですが、辛いとか辞めたいという言葉を聞くと、そういう生活は今すぐ辞めて欲しいと思います。

映画『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』円井わん/マキタスポーツ他

シャミ:
ありがとうございます。本作では上司にタイムループを気づかせるために、皆で協力する姿も描かれており、チームワークや仲間を想う気持ちの大切さも感じられました。円井さん自身は、このチームワークについて客観的にどう捉えていましたか?

円井わんさん:
本当に素晴らしいチームワークで、大人の青春だと思いました。シーンが濃くなるにつれて、現場でも皆が本当に仲良くなって、くだらないことを言って笑ったりしていました。それでチーム感も高まっていったと思います。他のキャストの方々がクランクアップした時はすごく泣きそうになってしまいました。そのくらい現場が温かくて皆さんに助けていただきました。

シャミ:
良い現場だったんですね。

円井わんさん:
はい。タイムループものなので撮影をしている私達も途中で何だかわからなくなってしまうんです。同じことを何度もやっていたので、「あれ?何だっけ?」となってしまった時に、皆さんが助けてくれたのは本当にありがたかったです。

シャミ:
タイムループの撮影は確かに混乱しそうですね。

映画『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』円井わんさんインタビュー

円井わんさん:
そうなんですよ。首の動き1つでも、「前はこうしていたかな?」と混乱するので大変でした。なので、記録の方に「前は右でやっていましたよ」と教えてもらいながらやっていました。撮影の途中、皆で「もしかして本当にタイプループしている?」と話していました(笑)。

シャミ:
ハハハハ!では普段、人間関係を築く上で大切にしていることは何かありますか?

円井わんさん:
素でいることです。ちょうど昨日も先輩とそういう話をしていて、「わんは素だから良いよね」と言ってもらって、なるほどと思いました。素を隠したとしてもいつかバレちゃいますしね(笑)。

シャミ:
そういう意味では朱海はどうだったんでしょうね?彼女は周りに素が出せていたのかなと気になりました。

円井わんさん:
そうですよね。演じる上でもその塩梅が難しかったです。朱海自身、取り繕っている部分も、本音の部分もあったと思います。中盤のシーンで朱海の人間臭い部分が見えた時は本当にホッとしました。

シャミ:
もし自分でタイムループを発動できるとしたら、どんな時に使いたいですか?

円井わんさん:
楽しい時が良いですね。でも、敢えて消したい過去に戻るかもしれません。戻って修正して、なかったことにしたいです。時間を繰り返すという意味では、高校の修学旅行の時が良いです。修学旅行は人生で5本の指に入るくらい楽しかったんです。グアムに行ったのですが、ホテルのバスタブに女子3人で入って、2時間くらい話していました。だから、すごく青春をした記憶があるので、繰り返したいです。

映画『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』円井わんさんインタビュー

シャミ:
では、円井さんご自身のことも伺わせてください。映画は子どもの頃から好きでしたか?

円井わんさん:
子どもの時は、映画はお休みの日に映画館に行って観るものというイメージがあったので、家で観る習慣もあまりありませんでした。16歳くらいになってからケーブルテレビで邦画を観始めました。

シャミ:
その頃に映画に興味を持ち始めたということでしょうか?

円井わんさん:
ちょうどその頃に役者をやりたいと思ったので、映画を観ないといけないと思ったんです。映画を観始めてからは、全国ロードショーではないものも知るようになって、こんな映画があるんだと思いました。その当時に観たのは『もらとりあむタマ子』『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』『僕の彼女はサイボーグ』などで、どれもすごくおもしろかったです。

シャミ:
俳優という仕事をしていて1番やり甲斐を感じるのはどんな時でしょうか?

円井わんさん:
作品が世に出て皆さんの感想が聞こえてきた時にやって良かったなと思えます。あと、以前泣きながら「この作品を作ってくれてありがとう」と言われたことがあって、それは本当に嬉しかったです。台本を覚えたり、芝居をしている時はすごく地味な作業だと思うんです。もちろん楽しいこともありますが、どうやって演じるのか自分の中で組み立てて、考えながらやっているので、本当に自分との戦いだなと感じます。

シャミ:
では最後の質問で、これまでで1番影響を受けた作品、もしくは俳優や監督など人物がいらっしゃったら教えてください。

映画『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』円井わんさんインタビュー
スタイリスト:飯間千裕
ヘアメイク:MARI(SPIELEN)

円井わんさん:
いっぱいありますが、原点に戻ると内田英治監督の『下衆の愛』です。東京に上京したばかりの頃に観たのですが、この業界の闇の部分が描かれていて、怖くなってしまいました。今よく取り上げられている性的なハラスメントが描かれていて、上京したばかりだったので、地元に帰ったほうが良いのかなと思いました。そのくらい衝撃を受けた作品です。

シャミ:
本日はありがとうございました!

2022年8月5日取材 PHOTO&TEXT by Shamy

映画『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』円井わん/マキタスポーツ/長村航希/三河悠冴/八木光太郎/髙野春樹

『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』
2022年10月14日より東京・渋谷シネクイント、大阪・TOHOシネマズ梅田、名古屋・センチュリーシネマにて先行公開、10月28日より全国順次公開
監督:竹林亮
出演:円井わん/マキタスポーツ/長村航希/三河悠冴/八木光太郎/髙野春樹/島田桃依/池田良/しゅはまはるみ
配給:PARCO

とある小さな広告代理店で働く吉川朱海は、「この仕事が終わったら、憧れの人がいる大手広告代理店へ転職する」と野心を持って仕事に取り組んでいた。しかし、次から次に降ってくる仕事で多忙を極め、休みなく働いていた。そんなある日、後輩達から「僕達、同じ1週間を繰り返しています!」と告げられ…。

公式サイト

© CHOCOLATE Inc.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

海外ドラマ『ウィロー』ワールドプレミア、ワーウィック・デイヴィス、エリー・バンバー、ルビー・クルス、エリン・ケリーマン、トニー・レヴォロリ、アマール・チャーダ・パテル、デンプシー・ブリク、ジョアンヌ・ウォーリー他 グリーンカーペットにワーウィック・デイヴィスら豪華キャスト&スタッフが集結!『ウィロー』ワールドプレミア

ジョージ・ルーカスが原案と製作総指揮を務め、アロン・ハワードが監督を務めた映画『ウィロー』(1988)が、34年の時を経て蘇り、新作オリジナルシリーズ『ウィロー』として、現在ディズニープラス「スター」にて好評配信中です。先日、本作のワールドプレミアが開催され、主演のワーウィック・デイヴィスをはじめ豪華キャスト&スタッフが登場しました。

30周年を迎えたフランス映画祭にロマン・デュリス、バンジャマン・ヴォワザンなどフランス映画界の実力派が揃って来日

今回で30周年を迎える【フランス映画祭2022横浜】には3年ぶりに来日ゲストが大勢詰めかけました。

映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ あのこと

中絶が違法だった1960年代のフランスが舞台の本作では、予期せず妊娠した大学生のアンヌの…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『夜明けの詩』キム・サンホ キム・サンホ

1970年7月24日生まれ。1994年、舞台“鍾路の猫”で俳優デビュー。2007年…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン 心理学から観る映画40:『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』で求められるリーダーシップの違い

2022年冬の超大作として注目される『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』。両作には共通点があります。それは、リーダー不在の状況が物語の鍵となっている点です…

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー 『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ 泣いたり笑ったり

監督及び共同原案を手掛けたのは、注目の気鋭シモーネ・ゴーダノで…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン ブラックアダム

圧倒的な強さを誇るキャラクターなので、これはロック様…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  2. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  3. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  4. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  5. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  6. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
  7. 海外ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』モーフィッド・クラーク
  8. 映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル
  9. 映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』マリー・クワント
  10. 映画『魔法にかけられて2』エイミー・アダムス/マヤ・ルドルフ

PRESENT

  1. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  2. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  3. 映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース
PAGE TOP