取材&インタビュー

『スクールズ・アウト』セバスチャン・マルニエ監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『スクールズ・アウト』セバスチャン・マルニエ監督インタビュー

本作は、頭は良いけれど、すごく冷めている生徒達と、新しく赴任してきた教師の物語。今回、ゾクゾクとさせられる展開の中に、強いメッセージ性が隠されている本作を監督した、セバスチャン・マルニエさんにインタビューさせて頂きました。

<PROFILE>
セバスチャン・マルニエ
応用美術と映画を学び、“Mimi(ミミ)”(2011)、“Qu4tre(キャトル)”(2013)、“Une vie de patits fours(原題)”(2013)と3冊の小説を出版。その後、漫画出版社であるデルクールから出版されたグラフィック・ノベルがフランスのアルテ局でアニメシリーズ“Salaire net et monde de brutes broadcast(原題)”(2016)として放送され、アニメの脚本も共同執筆した。映画監督としては、3本の短編映画を監督し、2016年に映画『欲しがる女』で初の長編監督デビューを飾る。2019年日本公開の映画『スクールズ・アウト』では脚本と監督を務めた。

テーマとして常に興味があるのは、人間の凶暴性、マージナルな人達の過激なところ

映画『スクールズ・アウト』

マイソン:
まず環境問題と生徒達の問題行動と2つのテーマが融合されたところがすごくおもしろかったです。この2つを軸に描いた1番の狙いは何でしょうか?

セバスチャン・マルニエ監督:
生徒達の問題行動かどうかはわかりませんけど、いずれにしても若い人達が将来に希望を持てず、ある種のニヒリズムを持っていて、自殺願望や、徹底抗戦論者という側面を持った生徒達が、環境問題にも興味を示しているという意味で2つのテーマがあるというのは確かです。私自身も環境問題には大きな関心を寄せていて、すごく不安に思っている点でもあるんです。若い俳優達のキャスティングをしたのがちょうどパリのテロが起こった後だったんです。なので、キャスティング時に俳優の子達に、世界をどう見ているのか、環境問題に対して今後どうなると思うかと聞きました。非常に環境にしても将来にしても、悲観的だなという風に感じて、ある意味作品の流れが少し変わりました。

マイソン:
劇中でテロの避難訓練のシーンがありましたが、普通にやっていることなのでしょうか?

セバスチャン・マルニエ監督:
そうですね、今では義務付けられています。私自身は子どもがいないんですけど、プロデューサーに娘がいて、中学校に入るくらいの年なんです。初めて学校に連れていった時に「校庭の前にボーッとして立つな」みたいなことを学校から言われたと聞き、驚きました。その後に続いた言葉が特に衝撃的で、「そこにいると、テロのターゲットになりやすいから、校庭の前、階段のところにいるな」と言われたそうです。プロデューサーから聞いたその話がすごく印象に残ったんです。今では普通のことになっていて、小学校から高校まで、そういったテロの訓練は行われています。

マイソン:
それは先ほどおっしゃったパリのテロ事件以降じゃなくて、その前からだったんでしょうか?

セバスチャン・マルニエ監督:
そうですね、パリのテロというのは、“シャルリー・エブド”という新聞社の襲撃もありましたから、そういった一連のテロ攻撃が続いた後に訓練が導入されましたが、いずれにしても“9.11”が起きた後に全体的な厳戒態勢がフランスでも続いていると言っても良いかも知ませんね。

映画『スクールズ・アウト』

マイソン:
なるほど。今回メインのキャラクター達は15歳で中学校3年生の設定でしたが、あのクラスの子達が大人過ぎて行きすぎた行動をしているのか、子どもだから危ういのか、どっちなんだろうと観ながらすごく考えてしまいました。監督にとって15歳という年齢はどんなお年頃なのでしょうか?

セバスチャン・マルニエ監督:
15歳は難しい年頃ですよね。二度と戻りたくないですけどね(笑)。ただ今回出てきた話っていうのは、もちろん事実に基づいた話ではあるんですけど、例えば環境問題にしてもテロの訓練にしても何にしてもですが、もちろん創作している部分もあります。今回出てきた生徒達は、知能指数が非常に高い子ども達ということで、洞察力も普通の15歳に比べると非常に優れている、そういったことがあって、感受性も過剰なくらい持っているという設定で、世界に対する見方も非常に大人びているというか、そういったところが非常に印象に残ると思います。世界の今の状態は非常に危ういところがあって、感受性の強い子ども達から見たらどうなのかなという視点ですね。世界の終わりというんでしょうか、そういったことを子ども達は非常にロマンチックに感じてしまうところがあると思うんですね。大袈裟に世界に終わりを告げるということに対して、特別な思いを抱いている子ども達と言うんでしょうか。

映画『スクールズ・アウト』

マイソン:
最初の教室のシーンがすごく衝撃でしたが、どういう意図があったんでしょうか?

セバスチャン・マルニエ監督:
まずあのシーンを最初に入れることによって、不安を掻き立てると言うんでしょうか。元々すごく緊張させるような映画ですよね。それをはっきりとさせるという目的があります。私の作品は、ジャンル映画でもあり、作家主義の映画でもありますから、そこで映像と音でこういった映画になりますよということを最初から明示できると思いました。でも、ピエールという新しい教師がどこに行き着くのかはわからないようにしたんです。

マイソン:
ピエール先生や、他の大人キャラクターもいろいろ気になる行動があったんですが、大人の描き方でこだわった点はありますか?

セバスチャン・マルニエ監督:
今回の作品は原作があっての映画化で、実は原作の内容ともこの点が違うのですが、私は子どもと大人を対立させる形で脚本を書いたんですね。冒頭シーンの太陽で目がくらむという描写に投影したように、この作品に出てくる大人達は現実に向き合おうとしない、目が見えない盲目の状態だというところに繋がるんです。ピエールの仲間の教師達は、自分の生活があるからあまり深入りしようとしない。それよりもダンスをしたり、遊びに行ったりする。でも良い人達なんですよね。それに対して校長とアドバイザー的な女性はあまり子ども達にとって良い影響を与えない存在で、大人も2つに分かれると思うんですね。

映画『スクールズ・アウト』

マイソン:
たしかにそうでしたね。監督は小説も書かれていますが、映画の表現と小説の表現で、敢えて変えている点などはありますか?

セバスチャン・マルニエ監督:
最終の目標とするところが映画と小説では違うんですが、私自身のことで言うと、ずっと映画を作りたいなと思っていて、ただ表現する上であれば小説でも表現できるのではないか、何百万ユーロをかけることなく自己表現できるのは小説だということで、まず小説を書き始めたんです。ただ小説というのもある意味書く映画みたいな感じで、いつも書いている時は映像が浮かんでくるんです。そういった意味では同じような側面を持っていますし、映画にしても小説にしても、私はテーマとして常に興味があるのは、人間の凶暴性ですとか、マージナルな人達の過激なところとか、そういったところに興味があります。でも昔からジャンル文学、ジャンル映画というものに興味があって、必ずしも現実主義的なものでなくても現実の社会をいろいろと語ったり、取り上げたりするということに興味があって、その中でも特に不安とか恐怖とかホラーとか、そういうのが好きな人達に向けて現実世界を考えさせるような作品を届けたいと思っています。

マイソン:
では最後の質問で、日本以外の海外の映画祭もいろいろと回っていらっしゃいますよね。

セバスチャン・マルニエ監督:
そうですね、50近い映画祭に出品をしています。ただ次回作に既に取り組んでいるので、すべてには行けていないんですけど、ヴェネツィアで出品したのが大きくて、それが雪崩式に広がって通常の映画祭からジャンル映画に特化したスペイン本国のシッチェス映画祭といったところまで、いろいろなところで紹介して頂く機会を得ています。

映画『スクールズ・アウト』セバスチャン・マルニエ監督インタビュー

マイソン:
1番おもしろかった反応の国はありますか?

セバスチャン・マルニエ監督:
どこかの国でというわけではないのですが、それぞれの国で、若い人達が持っている恐怖だとか、若い人達が大人に対して脅かすようなところとか、そういった反応を見るのが楽しかったですね。必ずしも安心できることばかりではない世の中ですけど、それでも大人の責任としては、子ども達に今環境がどうなっているのか、地球がどうなっているのかということを話していくことがすごく大切で、子ども達も私達が思っている以上に環境に対する意識は我々の世代より高いなと思っています。

マイソン:
本日はありがとうございました!

2019年6月20日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『スクールズ・アウト』

『スクールズ・アウト』
2019年10月11日より「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2019」ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマスコーレ、シネ・リーブル梅田ほかにて全国上映
監督:セバスチャン・マルニエ
出演:ロラン・ラフィット/エマニュエル・ベルコ/グランジ
配給:ブラウニー

ある日、名門中等学校の優秀なクラスを受け持つ教師が、生徒達の目の前で教室の窓から飛び降りる事件が発生。ピエールは新たにそのクラスの担任としてやってくるが、6人の生徒達の奇妙な態度が気になり、放課後こっそりと様子をうかがうことにする。すると、彼らは信じられない行為を繰り返していた。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© Avenue B Productions – 2L Productions

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『ウォーキング・デッド シーズン10』Hulu-Foxロゴ入りキービジュアル 私の最近の海ドラ鑑賞スケジュール

新型コロナウィルス感染症対策で外出自粛になっていますが、皆さんは映画鑑賞等どうされているでしょうか…

映画『メリー・ポピンズ リターンズ』ベン・ウィショー ベン・ウィショー

1980年10月14日、イギリス生まれ。2003年、ロンドン王立演劇学校を卒業し、同年TVの人気コメディドラマ“The Booze Cruise”に出演。2005年には…

海外ドラマ『モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~』アン・ハサウェイ/ティナ・フェイ/デヴ・パテル/キャサリン・キーナー/ジョン・スラッテリー モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~

『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』『シング・ストリート 未来へのうた』などの映画作品を手掛けてきたジョン・カーニー製作、アン・ハサウェイ、デヴ・パテル、キャサリン・キーナー、ジョン・スラッテリーら豪華キャストが出演ということで…

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ヴィヴェイク・カルラ 心理学から観る映画7-2:どんな仕事に就きたいか。親の意向、子どもの本音【モラトリアム】

人間が成長していくなかで、自我同一性(アイデンティティ)を確立するためのモラトリアムの時期は大事であると、前回お伝えしました。でもアイデンティティの形成は皆が皆容易とは限りません。そこで今回は、親が大きな影響を与えているケースを描いた映画をご紹介します。

【東京コミックコンベンション2018】オープニングセレモニー、トム・ヒドルストン トム・ヒドルストン

1981年2月9日イギリス、ロンドン生まれ。幼少の頃から演劇と映画に興味があり、王立演劇学校で演技を学んだ。ケンブリッジ大学在学中の2002年には…

映画『劇場』山﨑賢人/松岡茉優 劇場

舞台は下北沢で、アングラの匂いがリアルに立ちこめる世界観になっています。私も遠い昔にこの界隈でお世…

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント未公開作品 マーティン・フリーマン主演映画など劇場未公開の新作映画4作品がスペシャルプライスでデジタル配信スタート!

このたび、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントより日本劇場未公開の新作映画4作品が4月8日(水)からスペシャルプライスでデジタル配信開始となります。今回配信となるのは、マーティン・フリーマン主演の映画 『世界一不幸せなボクの初恋』含めた4作品!自宅で過ごす時間が増えたこの機会にぜひご覧ください!

映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』ダニエル・ラドクリフ ダニエル・ラドクリフ

1989年7月27日イギリス、ロンドン生まれ。世界的メガヒットシリーズ『ハリー・ポッター』の主人公ハリー役で世界的な名声を得る。シリーズ終了後は…

映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン 映画好き女子が選んだ“私のベストワン韓国映画”特集2020春

韓流ドラマ、K-POPと、韓国発のエンタテインメントは根強い人気です。そして、韓国映画にも名作がたくさんあります。そこで今回は、これまで劇場公開された作品で、正式部員の皆さんがそれぞれにベスト1だと思う映画を投稿して頂きました…

映画『アドリフト 41日間の漂流』シャイリーン・ウッドリー アドリフト 41日間の漂流

主演のシャイリーン・ウッドリーが製作も務め、『エベレスト 3D』のバルタザール・コルマウクルが監督を務める本作は、1983年に婚約者リチャードとタヒチからサンディエゴへと旅に出て遭難した女性タミーの手記を基にして作られた作品です…

おすすめ記事

映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン 映画好き女子が選んだ“私のベストワン韓国映画”特集2020春

韓流ドラマ、K-POPと、韓国発のエンタテインメントは根強い人気です。そして、韓国映画にも名作がたくさんあります。そこで今回は、これまで劇場公開された作品で、正式部員の皆さんがそれぞれにベスト1だと思う映画を投稿して頂きました…

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー 笑ったり、驚いたり、映画館でのリアクションはOK?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3】

今回は、映画鑑賞中のリアクションについて調査しました。映画館で、おもしろいシーンや怖いシーンが出てきた時、皆さんはどんな風にリアクションしていますか?今回は、そんな映画館でのリアクションについて、自身のスタンス、周囲に求めるスタンスを聞いてみました。さらに、リアクションしながら楽しみたい編集部オススメ作品も紹介。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 総合ランキング>

海外30代俳優最終回は、ついに総合ランキングを発表!これまで発表した各部門ランキングの上位俳優が、…

映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 演技力部門編>

今回は俳優にとって重要な演技力部門の結果を発表します。認知度のある俳優も多いですが、皆さんはそれぞれの演技力をどう評価したのでしょうか?

映画『ボヘミアン・ラプソディ』来日、ラミ・マレック イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、海外30代俳優個性部門TOP15、ユーモア部門TOP10を発表します!30代はどんどん個性が発揮されてくる印象ですが、上位を争ったのは一体どの俳優なのでしょうか?結果に注目です!!

映画『グレイテスト・ショーマン』ザック・エフロン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外30代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外30代(1981年以降、1990年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記25名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP15&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』オースティン・ザユル 洋画あるある「ツッコミどころ編」

映画を観ていると、「何でやねん!」とツッコミを入れたくなるような、お約束と感じる設定に出くわすことがありますよね。そこで今回は、どれくらい皆さんがそう思って観ているのか調査しました!さらに、ツッコミながら楽しめる編集部オススメ作品も紹介。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2】

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー 女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1 映画を観る前、どこまで情報を入れる?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1】

以前とある映画監督にインタビューした際、「(本当は映画を観る前に情報を入れずに)何も知らないで観て欲しい」とおっしゃっていました。トーキョー女子映画部スタッフも観る前に情報を極力入れないで観たい派なのですが、そういえば皆さんどうなんだろうと気になりました。今回のアンケートでは、映画ファンの方のスタンスはどういったタイプがあるのか調査!さらに、「何も知らずに観たら数倍楽しめる!アッと驚く編集部オススメ作品」も紹介。

REVIEW

  1. 海外ドラマ『モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~』アン・ハサウェイ/ティナ・フェイ/デヴ・パテル/キャサリン・キーナー/ジョン・スラッテリー
  2. 映画『劇場』山﨑賢人/松岡茉優
    劇場

  3. 映画『アドリフト 41日間の漂流』シャイリーン・ウッドリー
  4. 映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル
  5. 海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』ジャスティン・ハートリー/クリッシー・メッツ/スターリング・K・ブラウン
  6. 映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース
  7. 映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン
    フェアウェル

  8. 映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン
    ポップスター

  9. 映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ
  10. 映画『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴/島かおり

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP