特集

映画に隠された恋愛哲学とヒント集68:アリかナシかは相互関係で決まる

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『もっと超越した所へ。』前田敦子/菊池風磨

ネタバレ注意!

今回は、『もっと超越した所へ。』『耳をすませば』を例に考えてみました。

“クズ男”であるか否かは、視点による

『もっと超越した所へ。』は、“クズ男(公式サイトで使われている表現)”に翻弄される女性4人の恋模様を描いた映画で、実写版『耳をすませば』は、読書が大好きな少女と、チェロを弾く少年の10年越しの恋愛を描いた映画です。この2作品で語られる恋愛は一見全く異なるものに思えますが、見方を変えれば共通しているところがあるように感じます。

この2作品を比較する上で、まずはそれぞれの作品に登場するキャラクターの関係をご紹介しましょう。

『もっと超越した所へ。』※計4組が登場
1:押しに弱い女子と、いつの間にかヒモ化した男子
2:何でもお気楽なノリでやり過ごすバカップル
3:お互いに恋愛感情はないと思いながら仲良く同居する2人
4:店員と客という関係でありながらお互いが気になる2人

『耳をすませば』
子どもの頃から本が大好きで作家を夢見る女子と、チェリストになるためにイタリアに渡った男子。10年間、遠距離恋愛中。

『もっと超越した所へ。』に登場する男性陣は“クズ男”の事例として描かれています。一方『耳をすませば』に登場するチェリストの天沢聖司は10年間離れていても月島雫を思い続ける好青年として描かれています。『もっと超越した所へ。』の“クズ男”達は本性が見えてくると、その言動には難ありで、確かに世間一般でいう“クズ男”です。『耳をすませば』の天沢聖司は、チェロに打ち込み、月島雫への思いもぶれず、好青年であることは間違いないように見えます。

映画『もっと超越した所へ。』伊藤万理華/オカモトレイジ

でも、彼等の姿が私達の目にそう映るのは、映画の中のキャラクターとして俯瞰して見られるからです。現実世界では、相手が見えないところで何をしているかはわかりません。だから、自分が相手を信じるか信じないかで見え方は変わってきます。

『もっと超越した所へ。』に登場する男性陣は、見えるところでも難ありなので、別れるか、受け容れて交際を続けるか、選択できます。そういう意味では、相手の欠点をわかった上で関係を続けると決めた側にも責任があり、合意の上での交際といえるでしょう。一方、難しいのは『耳をすませば』の2人の関係です。10年間ものあいだ、日本とイタリアで離ればなれというのはかなりのハードルです。でも、好きなら待ち続けるしかなく、ある意味選択肢はない状態ともいえるでしょう。

映画『耳をすませば』清野菜名/松坂桃李

ネタバレになるので具体的な内容は控えますが、こういう前提で『耳をすませば』の天沢聖司というキャラクターの言動を見ると、物申したいことが出てきます(笑)。10年間の中身が描かれていないので何ともいえない部分はありますが、現実的に考えて10年間は待たせ過ぎ。これは捉え方によって、もしくは、結局別れることになった場合は、“私の10年間を返せ”事例になります。どちらに転んでもお互いに若いから救いようがあるのかもしれませんが、高校生から20代前半のキラキラした時期を会えない相手に費やしたと考えると、その10年間の重みはかなりあります。

そうなると、『もっと超越した所へ。』の関係、『耳をすませば』の関係の両方にメリット、デメリットはあるわけで、結局はお互いに幸せかどうかが重要ではないかと思います。だから、必ずしも片方だけの問題ではなく、アリかナシかを選ぶ側の問題でもあります。“クズ男”を擁護するわけでは決してありませんが(笑)、“クズ男”かどうかは、世間一般が定義するものではなく、付き合う人が決めることであって、その相手を選んだ本人が幸せなのであればそれで良いのではないでしょうか。ただし、『もっと超越した所へ。』『耳をすませば』のような状況はいずれも、幸福を妥協と混同しないようにしなければいけないように思います。

映画『もっと超越した所へ。』前田敦子/菊池風磨前田敦子/菊池風磨/伊藤万理華/オカモトレイジ/黒川芽以/三浦貴大/趣里/千葉雄大

『もっと超越した所へ。』
2022年10月14日より全国公開
ハピネットファントム・スタジオ
公式サイト

映画『耳をすませば』清野菜名/松坂桃李

『耳をすませば』
2022年10月14日より全国公開
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、松竹
公式サイト

©2022『もっと超越した所へ。』製作委員会
© 柊あおい/集英社 © 2022『耳をすませば』製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP