特集

映画に隠された恋愛哲学とヒント集70:結婚してるのに、結婚していないのに

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『夜、鳥たちが啼く』⼭⽥裕貴/松本まりか

ネタバレ注意!

週末婚、事実婚という言葉が生まれたように、結婚のスタイルも多様化してきました。とはいえ、依然として“結婚”という概念には縛りがあります。今回は、『夜、鳥たちが啼く』『散歩時間~その日を待ちながら~』を例に考えてみました。

結婚してるのに

映画『散歩時間〜その日を待ちながら〜』前原滉/大友花恋

『散歩時間~その日を待ちながら~』は、2020年のコロナ禍を舞台に、年代も職業も異なるキャラクター達の日常を描いています。登場人物の1人、亮介(前原滉)は、ゆかり(大友花恋)と婚約したものの、コロナの影響で結婚式を挙げられず、友人宅でお祝いをしてもらうことに。でも、友人宅に向かおうとする2人には何だか不穏な空気が流れています。ゆかりは、亮介に対して何か不満を抱いている様子。その真相が徐々に明らかになっていきます。

端から見ると亮介はゆかりを気遣い、努力しているように見えます。でも、ゆかりは亮介のそういった態度で余計に彼の本心がわからなくなっているようです。また、ひょんなことからゆかりは自分が亮介からまだ聞かされていない事実を友人達から聞いてしまい不安に陥ります。

映画『散歩時間〜その日を待ちながら〜』前原滉/大友花恋

きっと、ゆかりからすると結婚したのになぜそんなに大事なことを私には言わないのかと思っていることでしょう。一方、亮介からすると奥さんだからこそ心配をかけたくなくて言いづらいという思いがありそうです。亮介からすると、ずっと黙っているつもりではなくタイミングを見計らっているとも考えられます。でもゆかりからすると、大事なことなのに自分よりも友人達が先に知っているということが腹立たしいと感じたのもわかります。

まだ2人が恋人同士の関係だったら、どうだったのでしょうか。もちろん、結婚しているからといっていつどうやって報告、相談するかは人それぞれでしょうし、恋人同士だから1人で何でも決めてよいということでもありません。ただ、夫婦という関係性に変わったことで、恋人同士だった時とは違う期待や不安、不満が生まれてしまう可能性はあるでしょう。

結婚していないのに

映画『夜、鳥たちが啼く』⼭⽥裕貴

『夜、鳥たちが啼く』は、半同居生活を送ることになった、彼女に去られた慎一(山田裕貴)と、夫に裏切られ離婚したシングルマザーの裕子(松本まりか)の物語です。この物語には、慎一とかつての恋人(中村ゆりか)との回想シーンが織り込まれいます。ここでは慎一と元彼女の関係にフォーカスしたいと思います。小説家としてまだ生計を立てられていない慎一は、恋人と一緒に暮らしていましたが、彼女と彼女の勤め先の店長との関係を疑い、嫉妬に狂っていきます。

嫉妬で彼女に一方的に不満をぶつける慎一と彼女のやり取りに興味深いセリフがあります。結婚を前提に一緒に暮らしているつもりの彼女は、このまま自分達が関係を続けられるのか不安だということ、自分が生計を支えているのに勝手に嫉妬されて仕事ができなくなれば生活できなくなるということを慎一に伝えます。この2人のやり取りの中で、「結婚していないのに」というキーワードが出てきます。

具体的なセリフは敢えて書かずにおきますが、「結婚していないのに」2人が生活できるように働いている彼女が、慎一に将来への不安を口にしたり、現実を突きつけるのも納得です。一方で、「結婚していないのに」先のことを今聞かれても答えようがない慎一の立場も、わがままだとは思いつつわからなくもありません。ただ、いずれにせよ結婚しているかしていないかというところでお互いに期待していいライン、期待してほしくないラインができてしまっているのでしょう。実は慎一と元彼女との関係だけでなく、後半の物語にも結婚しているかどうかが要になってくる展開があります。本作は自分の結婚観を振り返るスタンスで観ても参考になる作品です。

映画『夜、鳥たちが啼く』⼭⽥裕貴/松本まりか

当たり前のことですが、結局はお互いが結婚という枠組みをどう捉えるかが一致するかしないかの問題です。結婚していること、結婚していないことを、その時点で2人がどちらを前向きに捉えられるか、タイミングも重要なポイントです。日本でも結婚するのが当たり前という時代ではなくなってきています。だからといって単純な問題ではありませんが、“結婚”という言葉に振り回されずに、2人の関係で何を1番大事にしたいかをすりあわせるのが先決ではないでしょうか。

映画『夜、鳥たちが啼く』⼭⽥裕貴/松本まりか

『夜、鳥たちが啼く』
2022年12月9日より全国公開
R-15+
クロックワークス
公式サイト

© 2022 クロックワークス

映画『散歩時間〜その日を待ちながら〜』前原滉/大友花恋/柳ゆり菜/中島歩ほか

『散歩時間~その日を待ちながら~』
2022年12月9日より全国公開
ラビットハウス
公式サイト

©︎2022「散歩時間~その日を待ちながら~」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ 呪呪呪/死者をあやつるもの

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』『新感染半島 ファイナル・ステージ』や、Netflixオリジナルドラマ『地獄が呼んでいる』のヨン・サンホ監督が、原作、脚本を務める本作…

映画『イニシェリン島の精霊』ブレンダン・グリーソン ブレンダン・グリーソン

1955年3月29日アイルランド、ダブリン生まれ。1995年『ブレイブハート』の出演をきっかけに…

映画『コンパートメントNo.6』セイディ・ハーラ 映画に隠された恋愛哲学とヒント集71:住む世界が違う相手との恋愛

憧れの相手と相思相愛になりつつも、実際に交際してみると、相手と“住む世界”が違うと感じることだってあり得ます。今回は、そんな恋愛に心の折り合いをつけていく主人公の物語『コンパートメントNo.6』を例に考えてみました。

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ
  2. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  3. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  4. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  5. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  6. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  7. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  8. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  9. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  10. 映画『金の国 水の国』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP