NEWS

ジョナ・ヒル監督&入江悠監督がオンラインでゲスト登壇!『mid90s ミッドナインティーズ』日本最速プレミア試写会

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『mid90s ミッドナインティーズ』日本最速プレミア試写会、ジョナ・ヒル監督

2度のオスカーノミネートを果たし『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『マネーボール』『21ジャンプストリート』などの出演でも人気の俳優ジョナ・ヒルが初監督を手掛けた『mid90s ミッドナインティーズ』が、9月4日より全国公開となります。そして、このたび日本公開に先駆けて日本最速のプレミア試写会が開催されました。
プレミア試写会には、本作のジョナ・ヒル監督、さらに聞き手役として“SR サイタマノラッパー”シリーズや『AI崩壊』などを手掛けてきた入江悠監督がオンラインで登壇しました。今回はその様子を会話形式でご紹介します。

映画『mid90s ミッドナインティーズ』日本最速プレミア試写会、入江悠監督

入江悠監督:ジョナ・ヒルさんはどういったヒップホップ文化を浴びて育ってきたのでしょうか?

ジョナ・ヒル監督:僕はヒップホップ音楽のみを聞いて育ったんです。他のタイプの音楽を聞き出したのは16、17歳頃です。『mid90s ミッドナインティーズ』の主人公と同じく僕にも兄がいるのですが、彼のラップの趣味がとても良くて、小さい頃から触れることができたんです。兄のいない間に主人公が兄の部屋に入って、レコードを聴きあさるというシーンがありまして、本作は僕の自伝映画ではないのですが、僕の少年時代は、まさにこのシーンのような感じでした。つまり、僕にとって“ア・トライブ・コールド・クエスト”が“ビートルズ”なんです。そういう感覚というのを僕は映画で切り取りたかったんです。

入江悠監督:映画の中の兄のような対応を僕も弟にしていたなと思い出しました。ジョナ・ヒルさんにとって兄弟というものには何か特別な意味があったのでしょうか?

ジョナ・ヒル監督:本作を観終わった後に、弟の立場の人達から「本当にこんな感じでした!」と電話がかかってくるんです(笑)。逆に兄だった人達からは、「弟には悪いことをしていたな」と言われます(笑)。僕が劇中で見せたかったのは、“男兄弟の自然な関係性”なんです。僕自身は兄も妹もいるのですが、それぞれに関係性が違いました。男同士だと複雑な力学が働いて、兄を好きだけど、なかなか好きだって気持ちを表現しなかったり。それと同時に、兄のようになりたいという気持ちも持っていたと思うんです。きっと入江監督の弟さんもそうだったのではないでしょうか。

映画『mid90s ミッドナインティーズ』日本最速プレミア試写会、ジョナ・ヒル監督メイキング
『mid90s ミッドナインティーズ』メイキング

入江悠監督:本作では、“家族”というコミュニティと、誰でも入れる“公共の公園”というコミュニティが存在していますよね。でも、ホームレスの人が寝ていてもいいし、家出してちょっと時間を潰すということが許されるような、そんな公園が日本では減っているんです。僕が本作で特に素晴らしいと感じたのが、こういった公共の公園というコミュニティをここまで描いた映画ってこれまでなかったなというところなんです。ジョナ・ヒルさんは、この公園というコミュニティに関して、何か特別な思い入れがあったのでしょうか?

ジョナ・ヒル監督:そう言って頂けることが、僕にとって本当に大きな意味を持っています。本作を観た方々にまだあまり気づかれていないのですが、実は、それは僕がこの映画を作りたかった大きな理由の1つでもあるんです。90年代というとホームレスの方達も、僕達スケーターも社会のはみ出し者のように扱われていました。そんな状況下で、この映画の中で僕が大好きなシーンでもあるのですが、メインのキャラクター2人が公園の中でホームレスと語り合っているシーンがあります。この2人は、そのホームレスの方の話をただ静かに聞いているんです。それが僕のとても好きなシーンです。僕の少年時代にあったとても美しい思い出でもあるのですが、これまで映画では観たことがなかったシーンなので、ぜひ描きたかったんです。

入江悠監督:僕がこの映画を観て、1番感動したところは、公園でみんなが集まって、何をするわけでもないのですが、喋ったり遊んだり、スケボーをしたりしているところでした。今は難しいと思うのですが、そうやって人が集まることによって友情や文化が生まれたりというのがあると思うんですよね。この状況下で映画館も一時期自主休業を強いられましたが、ジョナ・ヒルさんからスクリーンで映画を観ることを愛しているお客さんと映画館で働くスタッフの方に何かメッセージを頂けますか?

映画『mid90s ミッド ナインティーズ』サニー・スリッチ

ジョナ・ヒル監督:こんな状況下でも映画館に足を運んでくださることに感動しています。本当にありがとうございます。映画館で映画を観るという体験は、僕の人生にとってとても重要な瞬間です。自分が「こうやって生きたいんだ」と人生の方向性を見つけさせてくれたものでもあります。映画に携わる僕らは皆1つです。それぞれやるべきことを果たさないといけないと思います。僕は映画が大好きですし、僕から生まれたこの作品がこうやって、僕が暮らす世界の反対側で観られていることが本当に嬉しいです!皆さんが来てくださることで、本当に僕のハートは嬉しさでいっぱいです。「ありがとう」と心から言いたいです。このいろいろと難しい状況下で、僕達フィルムメーカーが1番嬉しいことは、自分達の作品が皆さんに楽しい時間を提供できることです。ぜひ楽しんでください!

貴重なお話が満載でしたね!ジョナ・ヒル監督の本作への思いや、観客への感謝がすごく伝わってきました。ぜひ皆さんも劇場へ足を運び、本作をご覧ください!

映画『mid90s ミッド ナインティーズ』サニー・スリッチ

『mid90s ミッド ナインティーズ』
2020年9月4日より全国公開
PG-12
トランスフォーマー
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2018 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

映画『サンドラの小さな家』 『サンドラの小さな家』5組10名様 特別試写会ご招待

映画『サンドラの小さな家』5組10名様 特別試写会ご招待

映画『野球少女』イ・ジュヨン 野球少女

最高134キロの球を投げる高校球児が、女子という理由だけでプロ球団への道を阻まれながらも、諦めずに挑み続ける…

Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ エミリー、パリへ行く

『セックス・アンド・ザ・シティ』のダーレン・スターが、今度はパリを舞台にしたドラマをリリー・コリンズ主演で…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  2. 映画『ラーヤと龍の王国』
  3. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  4. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  5. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  6. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  7. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  8. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  9. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
  10. 映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー
PAGE TOP