NEWS

ジョナ・ヒル監督&入江悠監督がオンラインでゲスト登壇!『mid90s ミッドナインティーズ』日本最速プレミア試写会

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『mid90s ミッドナインティーズ』日本最速プレミア試写会、ジョナ・ヒル監督

2度のオスカーノミネートを果たし『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『マネーボール』『21ジャンプストリート』などの出演でも人気の俳優ジョナ・ヒルが初監督を手掛けた『mid90s ミッドナインティーズ』が、9月4日より全国公開となります。そして、このたび日本公開に先駆けて日本最速のプレミア試写会が開催されました。
プレミア試写会には、本作のジョナ・ヒル監督、さらに聞き手役として“SR サイタマノラッパー”シリーズや『AI崩壊』などを手掛けてきた入江悠監督がオンラインで登壇しました。今回はその様子を会話形式でご紹介します。

映画『mid90s ミッドナインティーズ』日本最速プレミア試写会、入江悠監督

入江悠監督:ジョナ・ヒルさんはどういったヒップホップ文化を浴びて育ってきたのでしょうか?

ジョナ・ヒル監督:僕はヒップホップ音楽のみを聞いて育ったんです。他のタイプの音楽を聞き出したのは16、17歳頃です。『mid90s ミッドナインティーズ』の主人公と同じく僕にも兄がいるのですが、彼のラップの趣味がとても良くて、小さい頃から触れることができたんです。兄のいない間に主人公が兄の部屋に入って、レコードを聴きあさるというシーンがありまして、本作は僕の自伝映画ではないのですが、僕の少年時代は、まさにこのシーンのような感じでした。つまり、僕にとって“ア・トライブ・コールド・クエスト”が“ビートルズ”なんです。そういう感覚というのを僕は映画で切り取りたかったんです。

入江悠監督:映画の中の兄のような対応を僕も弟にしていたなと思い出しました。ジョナ・ヒルさんにとって兄弟というものには何か特別な意味があったのでしょうか?

ジョナ・ヒル監督:本作を観終わった後に、弟の立場の人達から「本当にこんな感じでした!」と電話がかかってくるんです(笑)。逆に兄だった人達からは、「弟には悪いことをしていたな」と言われます(笑)。僕が劇中で見せたかったのは、“男兄弟の自然な関係性”なんです。僕自身は兄も妹もいるのですが、それぞれに関係性が違いました。男同士だと複雑な力学が働いて、兄を好きだけど、なかなか好きだって気持ちを表現しなかったり。それと同時に、兄のようになりたいという気持ちも持っていたと思うんです。きっと入江監督の弟さんもそうだったのではないでしょうか。

映画『mid90s ミッドナインティーズ』日本最速プレミア試写会、ジョナ・ヒル監督メイキング
『mid90s ミッドナインティーズ』メイキング

入江悠監督:本作では、“家族”というコミュニティと、誰でも入れる“公共の公園”というコミュニティが存在していますよね。でも、ホームレスの人が寝ていてもいいし、家出してちょっと時間を潰すということが許されるような、そんな公園が日本では減っているんです。僕が本作で特に素晴らしいと感じたのが、こういった公共の公園というコミュニティをここまで描いた映画ってこれまでなかったなというところなんです。ジョナ・ヒルさんは、この公園というコミュニティに関して、何か特別な思い入れがあったのでしょうか?

ジョナ・ヒル監督:そう言って頂けることが、僕にとって本当に大きな意味を持っています。本作を観た方々にまだあまり気づかれていないのですが、実は、それは僕がこの映画を作りたかった大きな理由の1つでもあるんです。90年代というとホームレスの方達も、僕達スケーターも社会のはみ出し者のように扱われていました。そんな状況下で、この映画の中で僕が大好きなシーンでもあるのですが、メインのキャラクター2人が公園の中でホームレスと語り合っているシーンがあります。この2人は、そのホームレスの方の話をただ静かに聞いているんです。それが僕のとても好きなシーンです。僕の少年時代にあったとても美しい思い出でもあるのですが、これまで映画では観たことがなかったシーンなので、ぜひ描きたかったんです。

入江悠監督:僕がこの映画を観て、1番感動したところは、公園でみんなが集まって、何をするわけでもないのですが、喋ったり遊んだり、スケボーをしたりしているところでした。今は難しいと思うのですが、そうやって人が集まることによって友情や文化が生まれたりというのがあると思うんですよね。この状況下で映画館も一時期自主休業を強いられましたが、ジョナ・ヒルさんからスクリーンで映画を観ることを愛しているお客さんと映画館で働くスタッフの方に何かメッセージを頂けますか?

映画『mid90s ミッド ナインティーズ』サニー・スリッチ

ジョナ・ヒル監督:こんな状況下でも映画館に足を運んでくださることに感動しています。本当にありがとうございます。映画館で映画を観るという体験は、僕の人生にとってとても重要な瞬間です。自分が「こうやって生きたいんだ」と人生の方向性を見つけさせてくれたものでもあります。映画に携わる僕らは皆1つです。それぞれやるべきことを果たさないといけないと思います。僕は映画が大好きですし、僕から生まれたこの作品がこうやって、僕が暮らす世界の反対側で観られていることが本当に嬉しいです!皆さんが来てくださることで、本当に僕のハートは嬉しさでいっぱいです。「ありがとう」と心から言いたいです。このいろいろと難しい状況下で、僕達フィルムメーカーが1番嬉しいことは、自分達の作品が皆さんに楽しい時間を提供できることです。ぜひ楽しんでください!

貴重なお話が満載でしたね!ジョナ・ヒル監督の本作への思いや、観客への感謝がすごく伝わってきました。ぜひ皆さんも劇場へ足を運び、本作をご覧ください!

映画『mid90s ミッド ナインティーズ』サニー・スリッチ

『mid90s ミッド ナインティーズ』
2020年9月4日より全国公開
PG-12
トランスフォーマー
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2018 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン スーザン・サランドン【プロフィールと出演作一覧】

1946年10月9日アメリカ、ニューヨーク生まれ。1970年、『ジョー』でデビュー。以降、『ロッキ…

映画『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー 『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー

今回は映画『ハピネス』に出演している山崎まさよしさんと篠原哲雄監督にお話を伺いました。『月とキャベツ』や『影踏み』などでもお仕事をされているお二人に改めてご一緒された感想など直撃。

映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか 湖の女たち【レビュー】

物語の主な登場人物は、100歳の寝たきり老人が不可解な死を遂げたことで疑惑を向けられる人達と…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  2. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉
  3. Netflixドラマ『マスクガール』
  4. 映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか
  5. 映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP