REVIEW

ミッドウェイ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミッドウェイ』ウディ・ハレルソン/豊川悦司

本作は1941年12月7日(日本時間12月8日)に行われた日本軍による真珠湾への奇襲攻撃から、太平洋戦争の形成が逆転したきっかけとなったとされるミッドウェイ海戦までを主に描いています。日米共にあらゆる立場の複数のキャラクターが登場する中で、重点的に描かれているのは、アメリカによる日本の情報傍受が戦争の勝敗を握っていたという点。暗号を解読しつつ、それがガセネタではないか確証を得るために、「そうやって確かめてたんだ!」というような細かなやり取りに驚かされたり、一か八かの選択の大きさに、改めて情報の重要さを実感させられます。私は日本史、世界史に苦手意識があるので、恥ずかしながら戦争映画をたくさん観るわりには全体像を網羅できていませんが、それでも「この出来事があれに繋がって…」と興味が喚起され、背景をもっと知りたくなる内容になっています。なので歴史に詳しい人ならもっと前のめりで観るであろう内容と言えます。
そして、『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』など超大作を多く手掛けてきたローランド・エメリッヒ監督が手掛けた戦争映画ということで、これは大画面で観なければもったいない!2時間18分という長さですが、群像劇という構成、情報戦を扱っている点で、良い意味で注意力が必要な内容であり、エド・スクラインが演じるディック・ベストが見事な空中戦を見せるシーンがアクセントとなっていてメリハリがあり、上映時間はあっという間です。空中戦のシーンはとても臨場感があり、自分が操縦席に乗っているかのようで、首に力が入ります。新型コロナウィルス感染症の問題で映画館に行きづらい状況ではありますが、ぜひ大きなスクリーンで観て頂きたい作品です。

デート向き映画判定
映画『ミッドウェイ』ウディ・ハレルソン

洋画ですが、日本とアメリカの大戦を描いていて、山本五十六を豊川悦司、南雲忠一を國村隼、山口多聞を浅野忠信が演じているので、違和感なく、日本史を外から眺める感覚でも観られます。第二次世界大戦について前後のことや他の国々との関係など背景を知っているほど理解しやすいのは当然ですが、小学校で教わる程度の基本的な情報だけでも、内容にはついていけます。蘊蓄を語られるのが苦手な人は別として、歴史に詳しい相手と観に行くと、解説してもらえるのは嬉しいですよね。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ミッドウェイ』豊川悦司

戦争映画はどちらの視点で描かれるかで印象が大きく変わります。でも、それぞれの立場から観ることで学ぶことがたくさんあります。さらに戦争映画は一人ひとりの人間にフォーカスしていることが多く、敵か味方かは関係なく、皆に大事な家族がいること、人と人となら通じ合えるのに、国と国という立場になると戦わされることなど、視点を変えて眺めることで、いかに戦争が愚かなことかにも気付かされるはずです。戦争映画は難しそうなイメージがあるかも知れませんが、これだけ多くの戦争映画が作られることには意味があると思います。ぜひキッズやティーンの皆さんにも本作を含め、いろいろな戦争映画を観て、戦争をせずに平和に暮らせる方法を考えて欲しいと思います。

映画『ミッドウェイ』ウディ・ハレルソン/豊川悦司/エド・スクライン/パトリック・ウィルソン/ルーク・エヴァンス/浅野忠信/國村隼

『ミッドウェイ』
2020年9月11日より全国公開
キノフィルムズ、木下グループ
公式サイト

Midway © 2019 Midway Island Productions,LLC All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP