取材&インタビュー

トム・フーパー監督が8歳の頃に一目惚れしたミュージカルを映画化『キャッツ』来日ジャパンプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)、デブラ・ヘイワード(プロデューサー)/【日本語吹き替え版】葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、大貫勇輔、大竹しのぶ、蔦谷好位置(音楽プロデューサー)

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)、デブラ・ヘイワード(プロデューサー)/【日本語吹き替え版】葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、大貫勇輔、大竹しのぶ、蔦谷好位置(音楽プロデューサー)

日本での劇場公開目前となる2020年1月22日 、本作を監督したトム・フーパー、主人公ヴィクトリア役を演じたフランチェスカ・ヘイワード、プロデューサーのデブラ・ヘイワードが来日し、日本語版吹き替えキャスト達とともにジャパンプレミアを行いました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)

トム・フーパー監督は「“キャッツ”を映画化するのは自分の夢でした。初めて出会ったのは8歳の時。本当にすぐに惚れ込んだ作品で、大きなスクリーンで観てもらいたいと思って作った作品ですので、ぜひ映画館で観て頂きたいです」と挨拶。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:葵わかな
映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、葵わかな

ヴィクトリア役の声を担当した葵わかなは、「“キャッツ”という作品はミュージカルとして日本でも根強い人気のある作品だと思います。まず自分が一番驚いたのは“キャッツ”を映画化するんだってことでした。どんな風になるのか、オーディションの話を頂いた時には本当に想像がつかなかったんですけど、ヴィクトリア役を演じることができて嬉しかったですし、本当にハイレベルのキャストさん達が集まって、ダンスをしたり歌われたりしている映画なので、声だけでも本当に参加できて嬉しかったです。日本のお客様に観て頂くとまた伝わるものがあるんじゃないかなととても楽しみにしています」とコメントしました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:山崎育三郎
映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:トム・フーパー(監督)、山崎育三郎

ミュージカル界で長らく活躍してきた山崎育三郎(本作ではマンカストラップ役)は、トム・フーパー監督に初めて会った感想を聞かれると、「トム・フーパー監督の作品が大好きで、特に『レ・ミゼラブル』は、僕もマリウスという役でずっと日本のミュージカルの舞台で立たせて頂いていて、それが映画化されたのを観た時に、こんな表現があるんだと思って感動して、何度も何度も観ました。今日監督にお会いして、直接その思いも伝えさせて頂き、写真もどさくさに紛れて撮らせて頂きまして、もう感無量です」と話しました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:デブラ・ヘイワード(プロデューサー)、ロバート秋山

ロバートの秋山(バストファージョーンズ役)も、来日した監督達に会った感想を聞かれると、「監督は身長も大きいし、僕はいろいろな監督を見てきた中で、監督は一番優しい目をしていますね。こんな優しい目をした監督はいないから、だからこんなに素敵な作品ができたんじゃないかなと思ってて、はい。あとプロデューサーさんもゴージャスだしね、イエイ、ゴージャス!ね〜ダイナマイトな感じで。(プロデューサーに向かって)秋山と申します。イエイ、レッツ・ダンス」と、直接プロデューサーに売り込みました(笑)。そして、秋山はフォトセッションでは“猫”になって撮影に挑んでました(笑)。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:高橋あず美

ジェニファー・ハドソンが演じるグリザベラ役の吹き替えを担当した高橋あず美は、アフレコを終えてみての感想を聞かれると、「私は“メモリー”という映画の中で大切になってくる曲を歌わせてもらっているんですが、ジェニファー・ハドソンさんが大好きで、彼女の“メモリー”を聞いた時に、これはどうしようってまず思いました。本当に素晴らしい歌を歌われる方で、ソウルもありパワーもあり、本当にいろんな感情にさせてくれる歌を歌われるので、その部分を失わないように日本語に乗せて歌うということにすごく苦労しながら、絶妙なバランスでソウルフルに日本語で熱いものを伝えることに特化して歌いました」と振り返りました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:大貫勇輔

大貫勇輔は、「スキンブルシャンクスは、鉄道が好きな猫で、タップを踏みながら踊るシーンやバレエっぽい動きもあって、実際僕も頭にマイクを付けて録音したんですけど、実際にオリジナルキャストの動きに合わせながら録りました。一緒に動くと息づかいも入るので、その辺は蔦谷さんと一緒に教えて頂きながら録音できて楽しかったなというのと共に、録り終わった時に寂しさもありました」と話しました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:大竹しのぶ

大竹しのぶは、「尊敬するジュディ・デンチで、この中(舞台に立っているメンバー)では長老なんですけど、ジュディ・デンチと(実年齢が)20歳くらい違うので一言ひと言の深さを出すのに苦労しました。でも、ジュディの演技を観ていて、お会いしたことはないんですけど、近づけたような気がして、大貫さんがおっしゃったように終わるのが寂しかったです」とコメントしました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:蔦谷好位置(日本語吹替え版音楽プロデューサー)

吹き替え版はドイツと日本しか許されていないという件について、日本語吹替え版音楽プロデューサーの蔦谷好位置は、「非常に光栄なことだったと同時に最初にプレッシャーがすごかったです。作品をラフな段階で観させて頂いた時に、果たしてこれは日本語で可能なんだろうかという不安もあったんですが、本当に素晴らしいボイスキャストの皆さんのおかげで、本国版と遜色のない、誇れるものができたと思っています。録音と編集をやっている間に、監督の細部に至るまでのこだわりがものすごく伝わってきて、日本語版にした時に絶対そこを損なわないようにいかに正確に監督のメッセージを伝えられるかというところを、僕等スタッフも最後まで頑張ったので、ぜひ注目して観て頂ければと思います」と日本語吹き替え版への自信を見せました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:トム・フーパー(監督)

トム・フーパー監督は今の気持ちを聞かれると「本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。日本は自分にとっての2つ目のホーム、スピリチュアルなホームだと感じている場所だからです。日本の方々ならば、その素晴らしいそれぞれの芸術性、細心の心遣いを持って、日本語のバージョンを作ってくださると確信しておりましたが、今蔦谷プロデューサーがおっしゃってくださった自分の作品についての言葉にとても感動しました。アリガトウゴザイマス。また、マリウスを7年間演じた方(山崎育三郎)と隣りに立っているわけですが、とても居心地が良いです。同じようにミュージカルに対して情熱を持っている方々の中にいられるから。“キャッツ”という作品は8歳の時に、両親に連れて行ってもらって本当に一目惚れした作品です。映画化しようと思ったのは『レ・ミゼラブル』の映画版を作り終えた頃でした。8歳の頃の自分の体験があったので、8歳の頃の自分のために一部作ったところのある作品です。ですので、5歳から85歳までファミリーで、年齢に関わらず楽しんで頂きたいと思って作りました」と熱く語りました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)

主演のフランチェスカは注目して欲しいところを聞かれると、「一見楽しいエンタテインメントのようで、たくさんの深いテーマ、メッセージが込められた素晴らしいストーリーだと思うんです。愛、許し、寛容の心、第二のチャンス、人生の再生といった非常に普遍的な誰の心にも響く共感的なテーマがたくさん詰まっている、そういった点にも注目して観て頂きたいと思います。自分自身も子どもの頃にこのミュージカルを観て、すごく刺激を受けて、すっかりヴィクトリアに惚れ込んで、この役を映画で演じるという数奇な運命もあるんですけれど、私が子どもの頃にインスピレーションを受けたのと同じように、私が演じる映画版を観て、次世代の子ども達がまたこうやって共感を覚えたり、インスピレーションを得たりして、大きな夢を見るようになってくれたら嬉しいです。そして、もちろん映画版として、全く新しい形で“キャッツ”を描き直してくれたトム・フーパー監督に本当に心からお礼を言いたいと思います」と話しました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)、デブラ・ヘイワード(プロデューサー)/【日本語吹き替え版】葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、大貫勇輔、大竹しのぶ、蔦谷好位置(音楽プロデューサー)

皆さんのお話から、オリジナル版(字幕版)も日本語吹き替え版も力作だということがヒシヒシと伝わってきました。両方を観て、それぞれの魅力を堪能するのもアリですね。歌はもちろん、映像も美しく、ダンスにも見入ってしまうはずなので、音響の良い環境の大きなスクリーンでぜひ観てください。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)
英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルダンサーのフランチェスカ・ヘイワード。劇中でもとても美しく目を奪われますが、生で見るとより美しさのレベルが人間を超えていました!

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:
2020年1月22日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『キャッツ』

『キャッツ』
2020年1月24日より全国公開
公式サイト  映画批評&デート向き映画判定

© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ヨナス・ダスラー ヨナス・ダスラー

1996年3月22日ドイツ、レムシャイト出身。英語とフランス語も話せるマルチリンガル。学校の舞台で演技に目覚め、2014年にエルンスト・ブッシュ演劇大学に進学。2015年“WE ARE FINE(英題)”で長編映画デビュー。2017年…

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー ミッドサマー

『へレディタリー/継承』のアリ・アスターが監督、脚本を務めた作品ということで、「何かあるんだろう」というのは予想していましたが…

映画『チャーリーズ・エンジェル』パトリック・スチュワート パトリック・スチュワート

1940年7月13日イギリス、ヨークシャー州生まれ。1966年に名門ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに入団。長年にわたり主演俳優を歴任し…

映画『母との約束、250通の手紙』ピエール・ニネ ピエール・ニネ

1989年3月13日フランス、パリ生まれ。11歳で初舞台を踏み、21歳でパリの国立劇団コメディ・フランセーズの史上最年少の準座員となる。2011年、初主演映画“J’aime regarder les filles(原題)”…

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』千葉雄大/白石麻衣/成田凌/井浦新 スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

シリーズ前作で事件を解決に導いた加賀谷刑事(千葉雄大)を主人公にした本作には、成田凌が演じる連続殺人鬼、浦野も登場…

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』マーティン・ローレンス マーティン・ローレンス

1965年4月16日生まれ。主な作品に“ビッグママ・ハウス”シリーズ、“バッドボーイズ”シリーズがある。

映画『前田建設ファンタジー営業部』町田啓太 町田啓太(まちだ けいた)

1990年7月4日生まれ。群馬県出身。劇団EXILEのメンバー。2010年に「第3回劇団EXILEオーディション」に合格し、同年舞台“ろくでなしBLUES”で俳優デビューを飾った。連続テレビ小説…

映画『影裏』松田龍平 松田龍平(まつだ りゅうへい)

1983年5月9日、東京都生まれ。松田優作と松田美由紀の長男で、弟は俳優の松田翔太。1999年に大島渚監督の『御法度』で俳優デビュー。同作で日本アカデミー賞…

映画『前田建設ファンタジー営業部』上地雄輔 上地雄輔(かみじ ゆうすけ)

1979年4月18日生まれ。神奈川県横須賀市出身。1999年に俳優デビュー。2008年、音楽ユニット“羞恥心”のメンバーとして活動後、2009年3月に“遊助”としてソロデビュー。主なドラマ出演作に…

おすすめ記事

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー 女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1 映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1:映画を観る前、どこまで情報を入れる?

以前とある映画監督にインタビューした際、「(本当は映画を観る前に情報を入れずに)何も知らないで観て欲しい」とおっしゃっていました。トーキョー女子映画部スタッフも観る前に情報を極力入れないで観たい派なのですが、そういえば皆さんどうなんだろうと気になりました。今回のアンケートでは、映画ファンの方のスタンスはどういったタイプがあるのか調査!さらに、「何も知らずに観たら数倍楽しめる!アッと驚く編集部オススメ作品」も紹介。

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル あの人は敵?味方?転職した凄腕ジェシカの処世術がスゴい『SUITS:ジェシカ・ピアソン』部活リポート

本作は、人気海外ドラマ『SUITS/スーツ』のメインキャラクターの1人、ジェシカ・ピアソンを主人公にしたスピンオフです。今回の部活では、本家『SUITS/スーツ』を観たことがある方、ない方の両方に…

映画『ジャスティス・リーグ』来日ジャパンプレミア、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 総合ランキング>

今回はついに海外20代俳優の総合ランキングを発表!各部門ランキングと比べ、どのように変化したのかも注目です!!

映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン ドラマを観ずに、劇場版『ダウントン・アビー』を観てみた結果を発表!

世界的に社会現象を巻き起こした人気ドラマ『ダウントン・アビー』が映画化され、2020年1月10日より劇場公開されます。本作の部活では…

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス トーキョー女子映画部が選ぶ 2019年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ2019年 ベスト5を発表します!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

REVIEW

  1. 映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー
    ミッドサマー

  2. 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』千葉雄大/白石麻衣/成田凌/井浦新
  3. 映画『チャーリーズ・エンジェル』クリステン・スチュワート/ナオミ・スコット/エラ・バリンスカ
  4. 映画『影裏』綾野剛/松田龍平
    影裏

  5. 映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』大泉洋/小池栄子
  6. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ヨナス・ダスラー
  7. 映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ
  8. 映画『Red』夏帆/妻夫木聡
    Red

  9. 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』クリステン・スチュワート
  10. 映画『37セカンズ』佳山明
    37セカンズ

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP