取材&インタビュー

トム・フーパー監督が8歳の頃に一目惚れしたミュージカルを映画化『キャッツ』来日ジャパンプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)、デブラ・ヘイワード(プロデューサー)/【日本語吹き替え版】葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、大貫勇輔、大竹しのぶ、蔦谷好位置(音楽プロデューサー)

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)、デブラ・ヘイワード(プロデューサー)/【日本語吹き替え版】葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、大貫勇輔、大竹しのぶ、蔦谷好位置(音楽プロデューサー)

日本での劇場公開目前となる2020年1月22日 、本作を監督したトム・フーパー、主人公ヴィクトリア役を演じたフランチェスカ・ヘイワード、プロデューサーのデブラ・ヘイワードが来日し、日本語版吹き替えキャスト達とともにジャパンプレミアを行いました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)

トム・フーパー監督は「“キャッツ”を映画化するのは自分の夢でした。初めて出会ったのは8歳の時。本当にすぐに惚れ込んだ作品で、大きなスクリーンで観てもらいたいと思って作った作品ですので、ぜひ映画館で観て頂きたいです」と挨拶。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:葵わかな
映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、葵わかな

ヴィクトリア役の声を担当した葵わかなは、「“キャッツ”という作品はミュージカルとして日本でも根強い人気のある作品だと思います。まず自分が一番驚いたのは“キャッツ”を映画化するんだってことでした。どんな風になるのか、オーディションの話を頂いた時には本当に想像がつかなかったんですけど、ヴィクトリア役を演じることができて嬉しかったですし、本当にハイレベルのキャストさん達が集まって、ダンスをしたり歌われたりしている映画なので、声だけでも本当に参加できて嬉しかったです。日本のお客様に観て頂くとまた伝わるものがあるんじゃないかなととても楽しみにしています」とコメントしました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:山崎育三郎
映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:トム・フーパー(監督)、山崎育三郎

ミュージカル界で長らく活躍してきた山崎育三郎(本作ではマンカストラップ役)は、トム・フーパー監督に初めて会った感想を聞かれると、「トム・フーパー監督の作品が大好きで、特に『レ・ミゼラブル』は、僕もマリウスという役でずっと日本のミュージカルの舞台で立たせて頂いていて、それが映画化されたのを観た時に、こんな表現があるんだと思って感動して、何度も何度も観ました。今日監督にお会いして、直接その思いも伝えさせて頂き、写真もどさくさに紛れて撮らせて頂きまして、もう感無量です」と話しました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:デブラ・ヘイワード(プロデューサー)、ロバート秋山

ロバートの秋山(バストファージョーンズ役)も、来日した監督達に会った感想を聞かれると、「監督は身長も大きいし、僕はいろいろな監督を見てきた中で、監督は一番優しい目をしていますね。こんな優しい目をした監督はいないから、だからこんなに素敵な作品ができたんじゃないかなと思ってて、はい。あとプロデューサーさんもゴージャスだしね、イエイ、ゴージャス!ね〜ダイナマイトな感じで。(プロデューサーに向かって)秋山と申します。イエイ、レッツ・ダンス」と、直接プロデューサーに売り込みました(笑)。そして、秋山はフォトセッションでは“猫”になって撮影に挑んでました(笑)。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:高橋あず美

ジェニファー・ハドソンが演じるグリザベラ役の吹き替えを担当した高橋あず美は、アフレコを終えてみての感想を聞かれると、「私は“メモリー”という映画の中で大切になってくる曲を歌わせてもらっているんですが、ジェニファー・ハドソンさんが大好きで、彼女の“メモリー”を聞いた時に、これはどうしようってまず思いました。本当に素晴らしい歌を歌われる方で、ソウルもありパワーもあり、本当にいろんな感情にさせてくれる歌を歌われるので、その部分を失わないように日本語に乗せて歌うということにすごく苦労しながら、絶妙なバランスでソウルフルに日本語で熱いものを伝えることに特化して歌いました」と振り返りました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:大貫勇輔

大貫勇輔は、「スキンブルシャンクスは、鉄道が好きな猫で、タップを踏みながら踊るシーンやバレエっぽい動きもあって、実際僕も頭にマイクを付けて録音したんですけど、実際にオリジナルキャストの動きに合わせながら録りました。一緒に動くと息づかいも入るので、その辺は蔦谷さんと一緒に教えて頂きながら録音できて楽しかったなというのと共に、録り終わった時に寂しさもありました」と話しました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:大竹しのぶ

大竹しのぶは、「尊敬するジュディ・デンチで、この中(舞台に立っているメンバー)では長老なんですけど、ジュディ・デンチと(実年齢が)20歳くらい違うので一言ひと言の深さを出すのに苦労しました。でも、ジュディの演技を観ていて、お会いしたことはないんですけど、近づけたような気がして、大貫さんがおっしゃったように終わるのが寂しかったです」とコメントしました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:蔦谷好位置(日本語吹替え版音楽プロデューサー)

吹き替え版はドイツと日本しか許されていないという件について、日本語吹替え版音楽プロデューサーの蔦谷好位置は、「非常に光栄なことだったと同時に最初にプレッシャーがすごかったです。作品をラフな段階で観させて頂いた時に、果たしてこれは日本語で可能なんだろうかという不安もあったんですが、本当に素晴らしいボイスキャストの皆さんのおかげで、本国版と遜色のない、誇れるものができたと思っています。録音と編集をやっている間に、監督の細部に至るまでのこだわりがものすごく伝わってきて、日本語版にした時に絶対そこを損なわないようにいかに正確に監督のメッセージを伝えられるかというところを、僕等スタッフも最後まで頑張ったので、ぜひ注目して観て頂ければと思います」と日本語吹き替え版への自信を見せました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:トム・フーパー(監督)

トム・フーパー監督は今の気持ちを聞かれると「本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。日本は自分にとっての2つ目のホーム、スピリチュアルなホームだと感じている場所だからです。日本の方々ならば、その素晴らしいそれぞれの芸術性、細心の心遣いを持って、日本語のバージョンを作ってくださると確信しておりましたが、今蔦谷プロデューサーがおっしゃってくださった自分の作品についての言葉にとても感動しました。アリガトウゴザイマス。また、マリウスを7年間演じた方(山崎育三郎)と隣りに立っているわけですが、とても居心地が良いです。同じようにミュージカルに対して情熱を持っている方々の中にいられるから。“キャッツ”という作品は8歳の時に、両親に連れて行ってもらって本当に一目惚れした作品です。映画化しようと思ったのは『レ・ミゼラブル』の映画版を作り終えた頃でした。8歳の頃の自分の体験があったので、8歳の頃の自分のために一部作ったところのある作品です。ですので、5歳から85歳までファミリーで、年齢に関わらず楽しんで頂きたいと思って作りました」と熱く語りました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)

主演のフランチェスカは注目して欲しいところを聞かれると、「一見楽しいエンタテインメントのようで、たくさんの深いテーマ、メッセージが込められた素晴らしいストーリーだと思うんです。愛、許し、寛容の心、第二のチャンス、人生の再生といった非常に普遍的な誰の心にも響く共感的なテーマがたくさん詰まっている、そういった点にも注目して観て頂きたいと思います。自分自身も子どもの頃にこのミュージカルを観て、すごく刺激を受けて、すっかりヴィクトリアに惚れ込んで、この役を映画で演じるという数奇な運命もあるんですけれど、私が子どもの頃にインスピレーションを受けたのと同じように、私が演じる映画版を観て、次世代の子ども達がまたこうやって共感を覚えたり、インスピレーションを得たりして、大きな夢を見るようになってくれたら嬉しいです。そして、もちろん映画版として、全く新しい形で“キャッツ”を描き直してくれたトム・フーパー監督に本当に心からお礼を言いたいと思います」と話しました。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)、デブラ・ヘイワード(プロデューサー)/【日本語吹き替え版】葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、大貫勇輔、大竹しのぶ、蔦谷好位置(音楽プロデューサー)

皆さんのお話から、オリジナル版(字幕版)も日本語吹き替え版も力作だということがヒシヒシと伝わってきました。両方を観て、それぞれの魅力を堪能するのもアリですね。歌はもちろん、映像も美しく、ダンスにも見入ってしまうはずなので、音響の良い環境の大きなスクリーンでぜひ観てください。

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)
英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルダンサーのフランチェスカ・ヘイワード。劇中でもとても美しく目を奪われますが、生で見るとより美しさのレベルが人間を超えていました!

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:
2020年1月22日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『キャッツ』

『キャッツ』
2020年1月24日より全国公開
公式サイト  映画批評&デート向き映画判定

© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 悪魔はいつもそこに

トム・ホランド、ビル・スカルスガルド、ライリー・キーオ、ロバート・パティンソン、ミア・ワシコウスカ、ジェイソン・クラーク、セバスチャン・スタン、ハリー・メリングなど、キャストの豪華さ…

映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』ダニエル・ウェバー ダニエル・ウェバー

1988年6月28日、オーストラリア生まれ。グリーン・ポイント・クリスチャン・カレッジに入学し、技術者として働いた後…

映画『トロールズ ミュージック★パワー』 トロールズ ミュージック★パワー

とてもカラフルで可愛らしいアニメなので、子ども向けの作品に見えるのですが…

映画『クライマーズ』ウー・ジン/チャン・ツィイー クライマーズ

チョモランマの登頂をテーマにした作品は、これまでにいくつもありますが、本作では史実をベースに中国の登山隊がチョモランマに…

映画『クライマーズ』ウー・ジン ウー・ジン

1974年4月3日中国生まれ。1995年、ユエン・ウーピンに見い出され、香港映画『マスター・オブ・リアル・カンフー/大地無限2』で…

映画『食べる女』小泉今日子 映画で“食”について考えてみよう4:体内時計を意識して、より効率的に栄養摂取

今回は、日本の食生活の現状と体に良い&あまり良くない食事の摂り方について考えていきたいと思います。

映画『アダムス・ファミリー』(アニメーション版) アダムス・ファミリー

実写版の『アダムス・ファミリー』(1991)もビジュアルインパクトが強烈で、お馴染みのテーマソングも…

Netflix映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』デルロイ・リンドー ザ・ファイブ・ブラッズ

“Black Lives Matter(ブラック・ライブズ・マター)”という言葉をよく耳にするようになり、最近では…

映画『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー 『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー

『フェアウェル』で監督、脚本を務め、自身の家族に起こった出来事を綴ったルル・ワン監督にスカイプインタビューをさせて頂きました。監督のお話から、アメリカに住む移民の方々のリアルな姿が想像できました。

映画『エマ、愛の罠』マリアーナ・ディ・ジローラモ/ガエル・ガルシア・ベルナル エマ、愛の罠

ラブストーリーなのかなと思いきや、ただのラブストーリーではなく、軸はエマという女性がある問題を解決するために…

おすすめ記事

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

REVIEW

  1. Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド
  2. 映画『トロールズ ミュージック★パワー』
  3. 映画『クライマーズ』ウー・ジン/チャン・ツィイー
    クライマーズ

  4. 映画『アダムス・ファミリー』(アニメーション版)
  5. Netflix映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』デルロイ・リンドー
  6. 映画『エマ、愛の罠』マリアーナ・ディ・ジローラモ/ガエル・ガルシア・ベルナル
    エマ、愛の罠

  7. 映画『マティアス&マキシム』ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス/グザヴィエ・ドラン
  8. 映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ
  9. 映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』ダニエル・ラドクリフ/ダニエル・ウェバー
  10. 映画『Daughters』三吉彩花/阿部純子
    Daughters

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラ
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP