イイ俳優セレクション

ステラン・スカルスガルド

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ステラン・スカルスガルド

1951年6月13日スウェーデン生まれ。1968年、TVシリーズの主演に抜擢され俳優デビューし、1972年ストックホルム王立劇場の一員となり、イングマール・ベルイマンなど著名監督等と仕事をする。1982年のスウェーデン映画“The Simpleminded Murderer(原題)”でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞し注目を浴び、その後ラース・フォントリアー監督作『奇跡の海』で世界中から注目を浴びる存在に。1997年にはアメリカ進出し、今ではハリウッド大作からミニシアター系作品まで幅広く活躍。さらに彼の息子、『バトルシップ』『メイジーの瞳』のアレキサンダー・スカルスガルドや、『コン・ティキ』のグスタフ・スカルスガルド、『シンプル・シモン』のビル・スカルスガルドも俳優として活躍中。

イイ男セレクション/出演作

“The Simpleminded Murderer(原題)”『奇跡の海』『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『アミスタッド』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『ドッグヴィル』『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』『天使と悪魔』『フランキー&アリス』『レイルウェイ 運命の旅路』『メランコリア』『マイティ・ソー』『ドラゴン・タトゥーの女』『アベンジャーズ』『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』『ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『われらが背きし者』『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』『異端の鳥』『DUNE/デューン 砂の惑星』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

北欧映画の日本公開もだんだんと増えてきたし、北欧出身の俳優が世界で幅広く活躍するのを目にすることも多くなりましたが、彼はその草分け的な存在ですよね。ハリウッドの超大作に出ていようと、ヨーロッパのミニシアター系作品に出ていようと、安定した名演で、彼が出ていると安心して観られます。アレキサンダーをはじめとする息子達も俳優として活躍していて、さすがこの人の血筋だな~と思います。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『DUNE/デューン 砂の惑星』
2021年10月15日より全国公開

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/レベッカ・ファーガソン/オスカー・アイザック/ジョシュ・ブローリン/ステラン・スカルスガルド/ゼンデイヤ/シャーロット・ランプリング/ジェイソン・モモア/ハビエル・バルデム

『異端の鳥』
2020年10月9日より全国公開

映画『異端の鳥』ペトル・コトラール

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『奇跡の海』

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『天使と悪魔』

『フランキー&アリス』

『レイルウェイ 運命の旅路』

『メランコリア』

『マイティ・ソー』

『ドラゴン・タトゥーの女』

『ニンフォマニアック Vol.1』

『われらが背きし者』

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』

『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』

© 2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia
©2009 F&A PRODUCTION SERVICES INC. All Rights Reserved. 
© STUDIOCANAL S.A.2015
© Universal Pictures
© AB Svensk Filmindustri 2017
© 2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mató a Don Quijote A.I.E., Tornasol SLU
COPYRIGHT @2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN ČESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKÝ
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

from 2016/10/11

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マッチング』土屋太鳳 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年2月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年2月】のアクセスランキングを発表!

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ DOGMAN ドッグマン【レビュー】

本作はリュック・ベッソンが実際の事件に着想を得て脚本、監督を担当し、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズを主演に迎えて制作した…

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マッチング』土屋太鳳
  2. 映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
  3. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  4. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  5. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP