取材&インタビュー

アンジェリーナ・ジョリーが本作に込めた思いとは?『マレフィセント2』来日ジャパンプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『マレフィセント2』来日ジャパンプレミア:アンジェリーナ・ジョリー、サム・ライリー、MIYAVI

映画『マレフィセント2』来日ジャパンプレミア:アンジェリーナ・ジョリー、サム・ライリー、MIYAVI

本作の公開を控え、主演アンジェリーナ・ジョリーと、今回初来日となるサム・ライリー、そしてMIYAVIが、1000人を超えるファンが詰めかけた会場に登場しました。

映画『マレフィセント2』来日ジャパンプレミア:アンジェリーナ・ジョリー、サム・ライリー、MIYAVI

自身にとってマレフィセントという存在はどんなものか聞かれたアンジェリーナは、「たぶん私達すべての中にマレフィセントというキャラクターがいるのではないかと考えています。彼女は少しワイルドで、常に自由を求めている。誰の人生の中でも傷ついてしまったり、辛いことがあったり、迷子になってしまったような気持ちになったり、何か自分は人と違うのではないかと感じてしまったことがあると思います。でも私達は戦うことを知っていて、戦う前にどんどん進んで、皆が一つになって、さらに前に進んでいくわけですよね。それこそが彼女が表現しているものだと思います」と答えました。

映画『マレフィセント2』来日ジャパンプレミア:アンジェリーナ・ジョリー

今回のテーマについては、「家族というのは決して血で繋がってなくてはいけないということではないということ。そしてダイバーシティ(多様性)があるということは強さであるということ。私達は皆が一つになれた時こそ一番強くなれるのだというメッセージがあると思います」と話しました。

映画『マレフィセント2』来日ジャパンプレミア:アンジェリーナ・ジョリー

初来日となったサム・ライリーは、「今回初めて日本に来たんですけど、残念ながらずっとホテルにいたんですね。ですが、日本の方々は温かくてとてもフレンドリーで親切ですごく感動してます」と感想を述べました。

映画『マレフィセント2』来日ジャパンプレミア:サム・ライリー

共演したアンジェリーナについて、サムは「アンジェリーナ・ジョリーという方は私が今まで会ったなかでも最もチャーミングな方の1人なんですね。才能に満ちあふれているだけでなく、とても温かくて、疲れ知らずの本当にハードワーキングな方なんです。今回一緒にまたお仕事ができて、とても光栄に思っていますし、またご一緒できたらと思っています」と称賛しました。

映画『マレフィセント2』来日ジャパンプレミア:MIYAVI

MIYAVIはアンジェリーナについて「僕は『不屈の男 アンブロークン』という映画で、ご一緒させて頂きました。(それはアンジェリーナ・ジョリーの)監督としての作品だったんですけど、彼女の作品にかける強い思いとパッションと、(今回は)”マレフィセント”への思いをそばで見ていたので、女優としての彼女の輝きに僕達が現場で魅了されて、そしてその輝きと共にこの作品を作っていって、彼女がプロデューサーとしてもこの作品にメッセージを込めたいということを僕達皆が感じながら取り組みました。種族や生活様式、価値観を超えて一つになる。認め合って、共存していくことの尊さを伝えたい、その思いを僕達も感じながら、この作品に取り組ませて頂きました。本当に彼女の思いに僕達も共鳴して、ここにいます」と熱く語りました。

映画『マレフィセント2』来日ジャパンプレミア:アンジェリーナ・ジョリー

最後にアンジェリーナは「作品をとにかく観て頂けたら嬉しいですし、皆様の期待を超えるような作品であってくれたらと思っています。そして、皆様の心に響くような作品であったとしたならば、再び”マレフィセント”の作品をお届けできるかも知れません。本当に今日はこの場にこうやっていられてワクワクしております。たくさんのマレフィセント(仮装をした人々のこと)が来てくださって、皆様へ愛をここからお届けしたいと思います。ありがとうございます」と感謝を述べました。

映画『マレフィセント2』来日ジャパンプレミア:アンジェリーナ・ジョリー
背中のタトゥーもカッコイイ!
映画『マレフィセント2』来日ジャパンプレミア:アンジェリーナ・ジョリー
至近距離にアンジーが!

最初に日本に来てすることは、キディランドを訪れることというアンジーは、今回家族も一緒に来ていました。

映画『マレフィセント2』来日ジャパンプレミア:アンジェリーナ・ジョリー、子ども達

彼女の言葉や、サム、MIYAVIの言葉から、アンジェリーナ・ジョリーという一人の女性の生き方が、この作品に詰め込まれているように感じました。そんな思いが詰まったテーマにぜひ注目して観たいですね。

映画『マレフィセント2』来日ジャパンプレミア:
2019年10月3日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『マレフィセント2』アンジェリーナ・ジョリー

『マレフィセント2』
2019年10月18日より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『関心領域』 関心領域【レビュー】

ユダヤ人虐殺を取り上げた作品はこれまでにたくさんあるなかで、本作のような角度から取り上げた作品は…

映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン 告白 コンフェッション【レビュー】

福本伸行(原作)と、かわぐちかいじ(作画)による「告白 コンフェッション」(講談社「ヤンマガKC」刊)を映画化した本作は、まず設定の巧さが…

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  2. 映画『関心領域』
  3. 映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン
  4. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  5. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP